『セイント・モード/狂信』(2019)

またもやA24配給作品。ある事故がきっかけでカトリックの狂信的な信者となった娘の事の顛末を描く。タイトルの『Saint Maud』のMaud(Matildaの愛称)には語源として「覆うこと、隠すこと、守ること」がある。…これは事実から目を背けるってことで合ってるかしら?(‘Д’)

Saint-Maud

■ セイント・モード/狂信  Saint Maud – ■
2019年/イギリス/84分
監督:ローズ・グラス
脚本:ローズ・グラス
製作:アンドレア・コーンウェル他
製作総指揮:メアリー・バーク他
撮影:ベン・フォーデスマン
音楽:アダム・ジャノタ・ブゾフスキ

出演:
モーフィッド・クラーク(モード)
ジェニファー・イーリー(アマンダ)
リリー・ナイト(ジョイ)
リリー・フレイザー(キャロル)
ターロック・コンヴェリー(クリスチャン)
ロージー・サンソム(エスター)
マーカス・ハットン(リチャード)
カール・プレコップ(パット)
ノア・ボドナー(ヒラリー)

■解説:
2019年に公開されたイギリスのホラー映画。監督はローズ・グラス、主演はモーフィッド・クラークとジェニファー・イーリーが務めた。なお、本作はグラスの長編映画監督デビュー作でもある。本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2021年10月6日にデジタル配信が始
まった

Wikipedia


Contents

あらすじ

日本のワンルームよりまだ狭い小さなアパートの一室で、敬虔なクリスチャンであるモードは神に祈る。

 ─ 私の使命を早くお知らせください。

元は病院に勤める看護師であったが、救命措置をとっている最中の事故で患者を死なせてしまったモードは、それ以来、熱心なクリスチャンとなり、職場もホスピスに変わった。ホスピスとは終末期患者の看護や精神的な支えとなる医療の一種で、それこそが自分に与えられた天命だと考えた彼女。今日から泊まり込みで勤める先は、元有名なダンサーで振付師だったアマンダの屋敷であった。

Saint-Maud

酒や煙草、パーティが忘れられない49歳のアマンダは末期がんで余命いくばくもない。過去の華やかさを取り戻したいと思う反面、自分の現実を受け止めようとしているアマンダにモードは寄り添い、神に祈り、神のお力で変わることが出来ることをアマンダに語りかけていく。神など信じていなかったアマンダもモードの真摯さに心を開き、「私の救い主さん」と呼ぶまでの仲に。

だが、まだ命に執着するアマンダは、自分の生きている証として肉欲に溺れる時間を必要としているが、モードにはそれは理解できない。それどころかホスピスの邪魔になるとばかりに、アマンダのプライバシーにも口を挟むようになり、アマンダの屋敷を解雇されてしまう。モードにとって自分の天命を成就する仕事となっていたアマンダとの関係。それが突如消え去り、神への信念すら揺らぎだした彼女は自暴自棄となり、酒と男を求めて街をさまよう。そしてその結果、ますます狂信的な行動に身を置くことに ─


モードの信じるもの

Saint-Maud

清潔ではあるものの、狭く監獄のようなアパートの一室で神に祈るモード。「早く私に使命をお知らせください」と祈る言葉には、今の自分に対する神の仕打ちがとても理解できない、不満でいっぱいな様子が見て取れる。自分はこんなもんじゃないと叫び、もっと“自分が自分自身に誇れるような、自信を取り戻せるような何か”を願うモード。彼女には敬虔なクリスチャンというよりも傲慢な我儘娘というイメージが。

病院に勤めていた時の事故は、患者にとって不運な事故であったが、モードにとってはどうだったのか。第一、彼女の名前はモードではない、ケイティだ。どうして名前を偽っているのか?それも語源が“隠す、守る”というようなモードに。
事故が起きた時、あまりの出来事に放心状態で見上げた天井に這っていた一匹の昆虫。ケイティにはそれが「スカラベ」のような聖なるものに見えたのだろうか?その時に彼女が感じたものは、

今回起きたこのことは神の意志によるものであり、自分はそれを手助けしたに過ぎない。私は神に選ばれた。これからも神の意志が私を動かす ─

それからもこのスカラベは彼女の前に現れるようになる。

アマンダの屋敷で、初めてアマンダと心が通ったと感じた時に、明滅する廊下の照明や身を覆う暖かな空気に神の存在を確信したモード。だがそれは単に屋敷の電気系統が古く、感情が高ぶったために体温が上がったに過ぎない。だがモードは神とも通じ合え、そこに存在を感じ、恍惚となる。それは、神を感じることで得られる絶頂感なのだ。敬虔なクリスチャンというよりも、中毒患者だ。

Saint-Maud

中毒患者に必要なものは、その対象となるもののみ。モードの場合は神との対話であり、接触だ。それはほとんど恋愛感情そのもので、独りよがりの一方的な愛情表現の後、返ってくるものが無ければ感じ始める疑心暗鬼、孤独感。アマンダを通して、関係がうまくいっている時に感じた恍惚感はすぐに色あせ、解雇によって茫然自失となる。

その時にとったパブを回って酒を飲み、男をひっかけるモードの行動から見えるものは、彼女が本当に欲しかったもの「恋人」「人との触れ合い」といった若い娘ならごく普通に欲しいと思うものだ。アマンダに「これほど孤独な娘を見たことがない」と言われたモードはプライドが高く、確かに人付き合いが不得手なのだろう。そして、祈ることでいつも答えてくれるだろう神にその代わりを求めた。
─ だが、彼女はいきすぎた

神の声さえ聞こえるようになったモードは、存在しないものが見え、無いモノが聞こえる精神状態に。こうなっては医者の助けが無ければひどくなっていくばかりだ。クリスチャンである自分という固定概念を信じ、本や映画で見たような自らの肉体を痛めつけるキリスト教の苦行によって神に近づこうとするモード。
だが、彼女にひたひたと近づいてきたのは、どう見ても神とは真逆な存在のモノにしか見えない。「神の僕であり、神の天命を司る自分の邪魔をするものは全て排除する。」この考え方こそが神とは真逆なのだ。
─ モードは、悪魔の手に落ちた

モードの最期

ラストでモードに起きたこと、または起こしたこと。最後近くまで幻の中にいた彼女だったが、本当の最期、彼女は叫んでいた。叫んでいたのはケイティだ。ケイティは病院で 起きたことに対処できず、孤独の穴に落ちた。どこまでも落ちていく自分を助けるために見つけたもう一つの大きな穴。それは天国に続くものだったのか、または正反対だったのか。
今ならば分かるだろう。少し遅かったが…

このブログのA24

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

Contents
閉じる