『パシフィック・リム』(2013) - Pacific Rim –

Pacific Rim_000s
IMAX 3Dで観てきましたよ。『トランスフォーマー』と違って、無駄なドラマ部分はあまり無く、とにかくKAIJUとのバトル!バトル!バトル!! こんな巨大なエイリアンとロボットは初めて見たよー。最初は「巨大なもの恐怖症」の自分は観続けることが出来るかちょっと心配になったけど、大丈夫だった(ヨカッタ)。ストーリーは簡単で難しい部分は無いから、大人でも子供でも楽しめる。もうちょっとでパイロットと一緒に腕を振り回すところだった(アブナー
 
Pacific_Rim_2013

■パシフィック・リム – Pacific Rim -■
2013年/アメリカ/132分
監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラヴィス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ
原案:トラヴィス・ビーチャム
製作:ジョン・ジャッシニ 他
制作総指揮:カラム・グリーン
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
音楽:ラミン・ジャヴァディ
出演:
チャーリー・ハナム(ローリー・ベケット)
菊地 凛子(森 マコ)
イドリス・エルバ(スタッカー・ペントコスト)
チャーリー・デイ(ニュートン・ガイズラー)
バーン・ゴーマン(ハーマン・ゴットリーブ)
クリフトン・コリンズ・Jr(テンドー・チョイ)
マックス・マルティーニ(ハーク・ハンセン)
ロバート・カジンスキー(チャック・ハンセン)
チャールズ・ルー、ランス・ルー、マーク・ルー(タン3兄弟)
ロバート・マイエ(アレクシス・カイダノフスキー)
ヘザー・ドークセン(サーシャ・カイダノフスキー)
ロン・パールマン(ハンニバル・チャウ)
ディエゴ・クラテンホフ(ヤンシー・ベケット)
芦田 愛菜(森マコ幼少期)
 
解説:
日本のマンガやアニメ、特撮作品への造詣も深い「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、巨大怪獣と人型巨大ロボットとの戦いを圧倒的スケールで描き出したSFアクション・エンタテインメント超大作。出演はチャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン。また人気子役の芦田愛菜が菊地凛子の少女時代を演じてハリウッド・デビューを飾ったことも話題に。
 (allcinema)
 
あらすじ:
深海から突如現れた巨大エイリアン“KAIJU”。この凶悪なKAIJUは大都市を次々に襲撃、容赦なく破壊していく。そこで人類はこのKAIJUと戦うために世界中が力を合わせ、“イェーガー(ドイツ語で狩人)”という巨大ロボットを開発。2人のパイロットが操縦しKAIJUに向かっていく。がしかし、次々に現れるKAIJUは、その度にパワーアップ。次第にイェーガーでは太刀打ちできなくなっていく-

 


ギレルモ・デル・トロ監督が、日本アニメの大ファンでロボット映画を作ったと知って、実はとても意外だった。だってメッセージ性のあるダークファンタジー監督の印象が強い。

Guillermo del Toro■主な作品
 ・ミミック(1997)
 ・デビルズ・バックボーン(2001)
 ・ブレイド2(2002)
 ・ヘルボーイ(2004)
 ・パンズ・ラビリンス(2006)
 ・永遠のこどもたち(2007/製作総指揮)
 ・ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー(2008)
 ・スプライス(2009/製作総指揮)
 ・ロスト・アイズ(2010/製作総指揮)
 ・カンフー・パンダ2(2011/製作総指揮)
 ・ダーク・フェアリー(2011/脚本・製作総指揮)
 ・長ぐつをはいたネコ(2011/製作総指揮)
 ・不思議の国のガーディアン(2012/脚本)
 ・パシフィック・リム(2013)

 
・・こうしてみると、ホラーからダークファンタジー、アメコミ系に続いてアニメ作品も。とは言え欧米を舞台にした作品であったところに、時機が熟したのか、ようやくどこから見ても日本アニメに敬愛の念を表したと思われる本作を製作。自ら監督を!
しかし実際観るまでは、今まで監督された作品が歴史的メッセージ色が強い、精神的にクルものが多かったので、今回の作品も「エヴァンゲリオン」的な何か小難しい、主役の独り言が多いようなものを想像していた。それが、こんなに分かりやすい、子供も大人も楽しめる実写・CG版ロボットアニメ的作品だったとは
 
さて、監督が関わったこれまでの作品にも現実には存在しない生物が出てくる。

Mimic The Devils Backbone Blade II Hellboy Pans Labyrinth The Orphanage Splice Dont Be Afraid of the Dark
これらのほとんどがとても凶暴で人間にとっては脅威そのものの存在であるが、それは関係するごく狭い範囲の事でしかなかった。大きさもほぼ人間大だったし..
しかし、今回の敵は
Pacific Rim_35 ドドーン!
 
Pacific Rim_43 ガオーッ!
 
Pacific Rim_004s Pacific Rim_007s
ギャーッ! なのである。
 
もう全身に醜悪さと凶暴さ、人類の敵の皮を被り、その性格は猪突猛進型。自分たち仲間以外は全て敵。破壊、破壊、破壊して暴れ回る。身体の中に流れる血液は映画『エイリアン』のあやつらと同じく強酸性かつ猛毒な物質。それに加えて巨大さも半端ではない!小さなもので体長57m(名称オニババ)、大きなものは181m(スラターン)、重さは2000tを優に超え、181mのスラターン(カテゴリー5)では6750tというから、全く想像できない。歩く世界遺産・富士山ぐらいの勢いなのだっemoji(それは大げさ)
  icon-arrow-right 詳細はここWiki:パシフィック・リム「怪獣」
 
2013年8月に最初の1匹“アックスヘッド”がグアム沖深海から突如現れサンフランシスコを襲った時は軍が総攻撃したものの歯が立たず、6日かかってようやく核兵器で仕留めた。この時、3つの都市を破壊されている。
もう昆虫学者や人間とバンパイアの混血児、悪魔の赤ん坊では太刀打ちできない!
一旦は安心した人類だったが、すぐに次々と現れるようになったKAIJUに太平洋沿岸諸国は環太平洋防衛軍 (PPDC) を設立し、怪獣迎撃用の巨人兵器イェーガーを建造。人類はイェーガーによってKAIJUを撃破していく。
人間同士の小競り合いなどやっている暇は無くなったのだっ!
 
 
Pacific Rim_41第1世代のイェーガーが建造、初出動したのは2015年。アメリカ、日本、ロシア、中国、ペルーの各国によりまずは5体が造られた。どのイェーガーも全長80m前後、主な体重量は約2000t。重いものは8000t近くある。スピードを誇るもの、近接戦闘型タイプなどそれぞれに特徴がある。
彼らは1匹、また1匹と出現するKAIJUを打ちのめしたが、彼らにも被害が出た上、KAIJUのレベルもアップしていく。最初のアックスヘッドがカテゴリー1とすれば、2016年に東京を襲撃した3匹目オニババはカテゴリー2、2020年アラスカに現れたナイフヘッドはカテゴリー3。イェーガー側も第3世代、第4世代とレベルをアップしていかざるを得なかった。激闘に次ぐ激闘が続けられた結果、2020年の段階で最終残ったイェーガーはたったの4体となる。
※ちなみにオプティマス・プライムは全長8.5m、重量4.3t。バンブルビーは4.9m、1.6t。だって車だもんね
 
Pacific Rim_005s Pacific Rim_006s Pacific Rim_009s Pacific Rim_010s
 
 
ところで、
Pacific Rim_56イェーガーの頭部はコックピットになっており、操縦はパイロットの神経とマシンを接続する「ドリフト」という方法を取る(エヴァンゲリオンタイプでしょうか)。精神的なものと運動能力がそのままイェーガーに反映され戦闘を行う。初期のイェーガーは1名のパイロットにより操縦されていたが、KAIJUのレベルが上がるにつれ1人の人間では対処に限界が来た。
そこでパイロットは2名となり、それぞれ右脳と左脳を司り一体となってイェーガーとドリフトする。パイロット達はお互いの意識を共有し、2人が1人となるほど一体となる必要があり、結果1対1でイェーガーと同期すると同じことになる。パイロットペアの選定は非常に重要であり、高度な運動能力、戦闘能力に加えて親密度、適合率が大切になるため、ペアには親子、兄弟、夫婦と行った組み合わせが多い。
   詳細はここWiki:パシフィック・リム「イェーガー」
 
こうして7年近くも人類とKAIJUは戦ってきたが、レベルアップする敵とイェーガーの損傷、パイロットの死亡、パイロットペア育成の困難さから、環太平洋防衛軍はイェーガーによる防衛に消極的になっていく―
 
Pacific Rim_22 Pacific Rim_27 Pacific Rim_19 Pacific Rim_24 Pacific Rim_61 Pacific Rim_33 Pacific Rim_16 Pacific Rim_48
 
登場人物のキャラもたち、ここからがいよいよ本番。
環太平洋防衛軍本部がどう考えても、それは無理やろ・・・(だって、他の映画でゾンビにも突破されていましたよ)という防衛策を遂行する中、イェーガーと地球防衛に自身の全てをかけてきた男達と女の最終決戦が始まる。
そして、しばらく出現しなかったKAIJUだったが、ブレードヘッドが2024年シドニーに来襲。
・・・行けっ!ジャイアントロボっ!!
 


トランスフォーマーと違ってイェーガーは人間が造ったものだから、KAIJUに殴られ噛み付かれるたびに飛び散る部品がとても不安感をあおる。例え人間の精神力も戦闘能力も残っていたとしても大丈夫なのか?と。それにあんなに高いところからジャンプして中の人間は大丈夫なのか?とも。
でもねー、カッコいいんですよねー。重い巨体で疾走するストライカーや、剣を使うジプシーが。思わずパイロットと一緒に腕を振り回したくなりますよ(映画館じゃなければ)
それと地味なシーンではあるけども、ヘリがイェーガーを吊り下げて移動するシーン。トランスフォーマーでも終盤にメガトロンが吊り下げられているけれど、何故かこのシーンに興奮する!巨体を吊り下げて運ぶことにリアルさを感じるのか、昔見たアニメかなんかに反応しているのか分からないが、人間と一体となって敵に対峙している感じがカッコいいと思っちゃうのかな。
他にはSFや怪獣もの、アニメ好きな人ならあっ?んんっ?となる場面や音や名前があったりして、そういったことでも楽しめるよ。
 
あー面白かったなー。まさに娯楽大作といった感じ。この感動はトランスフォーマー以来かも。
最後に画像を1枚置いて、終わりにしよう。
 
あ、そうだ。前までは3Dでなくてもいいのかなーっと思ったこともありましたが、今回すごく3Dを楽しめました。なんといっても前席の人の頭がそのまままるごとぴょこんと出ていても字幕が近くに寄ってきてくれるので読めますもんね。ホントに3Dじゃなかったら真ん中部分が見えないところだった。アブナー
ではまた
Pacific Rim_008s
 
 
 

 
 
実はですね、このレビューをほとんど書き上げていた段階で何を思ったかブラウザを閉じてしまい、後半部分が消えるというハプニングが・・!2時間がだいなしになりやけくそになったりもしましたが、イェーガーのパイロットになったつもりで気を取り直し書き上げました。まー、命も地球の未来もかかってないんですけどね..。皆様もお気をつけを。
地球の未来と言えば9月公開のマット・デイモン主演『エリジウム』も面白そうだったですよ。