『るろうに剣心 京都大火編』(2014)

entry-image_415
1作目を映画館で観ずに非常に後悔する事になった管理人momorex。行ってきました。前作よりアクションは多く、京都での大好きなシーン“屋根瓦走り”もあった。だが、だが、、、話が詰め込まれ、大事なシーンが削り取られ、原作読んでなきゃ分かりにくいのでは?なおかつ完全に「・・続く・・」状態で終わるし、3作目は更なる詰め込みになるのでは・・・
 

るろうに剣心京都大火編_00
■ るろうに剣心 京都大火編 ■ 2014年/日本/139分
監督:大友啓史
脚本:藤井清美、大友啓史
原作:和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」
製作:上木則安 他
制作総指揮:ウィリアム・アイアトン
撮影:石坂拓郎
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK「Mighty Long Fall」

出演:
佐藤 健(緋村剣心)
武井 咲(神谷 薫)
青木崇高(相楽左之助)
蒼井 優(高荷 恵)
大八木凱斗(明神弥彦)
藤原竜也(志々雄真実)
神木隆之介(瀬田宗次郎)
三浦涼介(沢下条張)
高橋メアリージュン(駒形由美)
江口洋介(斎藤 一)
伊勢谷友介(四乃森蒼紫)
田中 泯(翁)
土屋太鳳(巻町 操)
福山雅治(謎の男)
 

解説:
和月伸宏の人気コミックスを佐藤健主演で実写映画化し大ヒットした「るろうに剣心」の続編にして完結編を、前後編2部作で描く時代劇アクション大作の前編。“不殺の誓い”を立て神谷薫らとともに平穏に暮らしていた緋村剣心が、やがて日本の命運を懸けた過酷な戦いに身を投じるさまを、前作を上回る迫力のアクションとスケールで描き出す。共演は武井咲、藤原竜也、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、江口洋介ほか。監督は前作に引き続き「ハゲタカ」「プラチナデータ」の大友啓史。
 
あらすじ:
幕末に“人斬り抜刀斎”として恐れられた伝説の男、緋村剣心。新時代を迎えた今は、女師範の神谷薫ら大切な仲間たちとともに穏やかな日々を送っていた。そんなある日、新政府の大久保利通に呼び出され、剣心の後釜として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実の暗殺を依頼される。維新後、口封じのために新政府によって焼き殺されたはずの志々雄。しかし奇跡的に甦り、京都で恐るべき戦闘集団を作り上げると、日本転覆を目論み暗躍を始めていた。送り込まれた政府の討伐隊はあえなく返り討ちに遭い、もはや剣心しかその使命を託せる者はいなかった。やがて、大切な人を守るために自らの運命に立ち向かいことを決意した剣心は、薫の必死の制止を振り切り、ついに京都へと旅立つのだったが ―

(allcinema)


るろうに剣心京都大火編_23さて、
薫殿の道場で平穏な生活を送り始めた剣心が、人斬りだった時のツケを払わなくちゃいけなくなった今回のお話は『京都編』。敵の大将は包帯の男こと志々雄真実(ししお まこと)。元は剣心と同じ人斬りで剣心の後輩に当たる。けれども維新が成功した時にとった行動が二人の運命を真っ逆さまに。まぁ、志々雄は同情する点もあるんだけど、結局アレですよ。『ロード・オブ・ザ・リング』で言うところの“サルマン”みたいになっちゃって、明治政府転覆を目指して徒党を組み、政府はおろか民の命を脅かす存在に。
 
るろうに剣心京都大火編_16剣心と志々雄の剣の腕は互角。ということで時の政権トップ大久保利通に志々雄討伐を頼まれる剣心(ちょっと言うと大久保利通のキャスティングには不満)。そして又、斎藤一と一緒に志々雄の本陣である京都へ向かうわけですね。きちんと言えば、志々雄を「殺す」ことになるからと、殺さずを誓った剣心は京都行きを葛藤したり、薫殿に止められたり、と簡単な決断では無かったのであります。
 
「拙者はるろうに、また流れるでござるよ」
 
平和な毎日に別れを告げて、薫殿を抱きしめ旅立つ剣心。
この後、恵さんにそそのかされて京都へと剣心を追う薫殿。「いっつも、いつも剣心(男)の邪魔ばかりして」とは、一緒に観に行った青年Aの台詞だけど、剣心もずるいよねー。抱きしめちゃイカンわ。
 
るろうに剣心京都大火編_19・・てな感じで御庭番衆なんかと絡みながら話が進む。その剣心の動きを全て把握している志々雄。ここからは瀬田宗次郎が剣心の周りに見え隠れし、アクションシーンも本格的に。
動きが速い、相変わらず。目がついていかなかった。
今回は小さな村を襲った志々雄一派の男達、沢下条張、瀬田宗次郎との戦いが大きな見どころ。合わせて剣心の持つ逆刃刀の由来なんかも出てくるけれど、志々雄との最終決戦は次回作に繰り越し。あの壮絶な三つ巴、四つ巴の戦いはどう映像化されているのかなー
おまけ:左之助が「二重の極み」を会得したシーンはばっさりカット。青年A怒り心頭。〉
 
 

■キャストについて

(周囲の限定した狭い世界で)皆が心配した藤原竜也氏の“志々雄真実”は良かったですよ。もうちょっとカリッと細めで、尚且つ二頭筋は発達していて、もっと傲慢で偉そうさが出ていれば完璧だったけど。瀬田宗次郎はバッチリ。にっこり笑顔も声も想像通りだった。
十人刀で唯一たっぷり登場した沢下条張は見た目は違えど、大阪弁の不遜な感じが面白かった。これまた(狭い世界で)非難囂々だった駒形由美。こちらは反対の意味で気にならなかった。というのも台詞はほとんど無くて完全な添え物状態。この人の活躍は次の『伝説の最期編』に期待。
るろうに剣心京都大火編_14
 
添え物と言えば、がっかりだったのが四乃森蒼紫。アレじゃ、ただの頭おかしなストーカーじゃないか。登場させる必要あったのかなー、翁とのやり取りがあるとは言え。
るろうに剣心京都大火編_18 るろうに剣心京都大火編_11 るろうに剣心京都大火編_29
 
 
さて次の『伝説の最期編』は9月13日公開だー。
ホントにここに志々雄激闘と巴さん絡みが入っているのか?3作目は志々雄だけにして、巴さんと縁編は4作目でいいのでは・・・
 
  1作目レビュー『るろうに剣心