『凶悪』(2013/映画)

entry-image_357
サイコものは結構好きで、邦画なら『冷たい熱帯魚』『悪の教典』も観たことがあるけれど、これほど酷くて二度と観たくないと思わせる映画はない。もちろん実在する人物の“凶悪”さに辟易したからだ。どうして邦画が苦手なのか最近忘れてた。あまりにリアルで、ホラーな娯楽映画として捉えるのが厳しいからだった・・・ 今回の感想文はきっと短い
 

凶悪_00
■ 凶悪 ■ 2013年/日本/128分
監督:白石和彌
脚本:高橋泉、白石和彌
原作:新潮45編集部編「凶悪 -ある死刑囚の告発-」
製作:鳥羽乾二郎 他
製作総指揮:由里敬三 他
撮影:今井孝博
音楽:安川午朗

出演:
山田孝之(藤井修一)

ピエール瀧(須藤純次)
リリー・フランキー(木村孝雄)
池脇千鶴(藤井洋子)
小林且弥(五十嵐邦之)
斉藤 悠(日野佳政)
米村亮太朗(佐々木賢一)
松岡依都美(遠野静江)

解説:
死刑囚の告発をもとに、警察さえ把握していない殺人事件を掘り起こし、司直の手を逃れていた首謀者を追い詰めていった新潮45編集部の取材記録を綴ったベストセラー・ノンフィクション『凶悪 ある死刑囚の告発』を基に、事件を追う一人の雑誌記者の執念と驚愕の真相を描くクライム・サスペンス。主演は「鴨川ホルモー」の山田孝之。共演にピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴。監督は「ロストパラダイス・イン・トーキョー」の白石和彌。(allcinema)
 
あらすじ:
スクープ雑誌「明潮24」に届けられた死刑囚、須藤純次から手紙。そこには彼がまだ明かしていない3つの殺人事件とそれら全てに関わる男“先生”の存在について、したためられていた。まだ娑婆にいて何食わぬ顔で生きているこの男を記事にして追い詰めて欲しいと願う死刑囚に興味を持ち、記者の藤井は取材を始めるが ―


この事件の俗称は「茨城上申書殺人事件」っていうんですね。おそらく(まだ面白かった頃の)「奇跡体験!アンビリバボー」か何かで見た記憶があって、同じく実際の事件を扱った『冷たい熱帯魚』でもちらりと書いていた。
『冷たい熱帯魚』の「埼玉愛犬家連続殺人事件」も大概ヒドい事件だけれど、映画そのものはグロで赤い世界に塗り込めたダークファンタジーみたいに表現されていたから、確かにウヘェ~なシーンは多かったにも関わらず、自分のレビューを読み返してみると割と楽しそう
 
凶悪_13でもね、この『凶悪』という映画は、、グロ描写がほとんど無いのにも関わらず、人の持つ心のえげつないグロさが容赦なく観る者を襲ってくる。どこまで実際の事件に忠実に表現されているのかは知らないけれど、誰にでもある“悪”の部分。人によってほとんど見えなかったり、少し見えたり、思いっきり披露したりと色々だろうけど、この事件の犯人は仲間内では隠そうともしない。反対にそれをおおっぴらにすることで快感さえ感じてしまう、一言で言うなら社会不適合者=サイコな人物。
こんな人物が普通に社会に溶け込んで生きていると思うとゾッとするが、この映画の怖いところはそこでは無い。
 
誰にでもある“悪”の部分。それを究極な形で見せつけられるために、自己嫌悪的な感情を呼び覚まされることが怖いのだ。自分の中にある、どんな形でどのくらいの大きさになっているか分からない“悪”の部分を。だって誰にでもあるでしょ?ちょっとした嘘をついてしまったり、隠し事をしてしまったり、意地悪なことを言ってしまったり、とかって。
 
凶悪_12罪を犯した時に人として大事な事は、きっと罪悪感を持つとか後悔するとか、相手に対する謝罪の念なんだろうと思うけど、ホントにそうなんだろうか。ただのそんな“気持ち”で殺してしまった人が生き返るのか?壊してしまった相手の心が元に戻るのか?
この作品内でも死刑囚の須藤が記者の藤井に全てをぶちまけると同時にキリスト教に入信。牧師様に「祈れば、罪は許される」とか、なんとか。この場面になる頃には、首謀者“先生”の元で、いとも簡単に毎日のルーチンワークのように須藤が人の命を奪っていることを知っているから、「さっさと死刑になってしまえ!お前に救いなんかは必要ないわ!!」と藤井と一緒に叫んでしまう。
 
凶悪_16ラスト近く「私を死刑で殺したいと、この世で一番思っているのはお前だろ?」と“先生”は藤井に、もとい観ているこちら側全員に指を指す。藤井はハッとなって考え込んでいたようだけど、私は違った。そんな事は、“心の悪”とか、藤井の母親の話とか、ヤクザとか何とかは一切関係無く、「その通りです」と。
これこそが、白石監督の張った罠なんでしょうかね。
 
それでもいいや。
「人を呪わば穴二つ」
これは人を呪わずにいられないほど、ヒドいことをされた場合の話だけれど、この作品のサイコ達は金のためになんの関係も無い人を次々殺した。その結果は潔く受け止めて欲しい。