『死霊のはらわた』(2013) - Evil Dead –

entry-image_259
薬物治療のために訪れた山奥の小屋で“彼”が蘇る―。あの、有名な有名な80年代のカルトホラー作品をリメイク。待ってましたー、長いこと サム・ライミとブルース・キャンベルが製作に関わってのこのリメイクを。さぁ、出来はどうかな?どうかな?クンダ~、アストラダ~、モントセ~、カンダ~
 
Evil Dead(2013)_01
■死霊のはらわた - Evil Dead -■
 2013年/アメリカ/91分
監督:フェデ・アルバレス
脚本:サム・ライミ 他
製作:サム・ライミ、ブルース・キャンベル 他
製作総指揮:ジョセフ・ドレイク 他
撮影:アーロン・モートン
音楽:ロケ・バニョス
出演:
ジェーン・レヴィ(ミア)
シャイロー・フェルナンデス(デビッド)
ジェシカ・ルーカス(オリビア)
ルー・テイラー・プッチ(エリック)
エリザベス・ブラックモア(ナタリー)
フェニックス・コノリー(少女)

解説:
80年代スプラッター・ホラーの金字塔「死霊のはらわた」を、サム・ライミ&ブルース・キャンベルのコンビが自ら製作を務めてリメイクした衝撃のホラー・サスペンス。人里離れた山小屋を訪れた5人の男女が、死霊の封印を解いてしまったことから戦慄の恐怖に見舞われるさまを過激なスプラッター描写満載に描く。主演はジェーン・レヴィ、共演にシャイロー・フェルナンデス、ルー・テイラー・プッチ。監督はこれが長編初監督にしてハリウッド・デビューとなるウルグアイの新星、フェデ・アルバレス。
 (allcinema)
 
あらすじ:
妹ミアの薬物依存を治療するため友人3人と山奥の小屋を訪れたデビッド。禁断症状に苦しむミアが暴れ、妄想を口にする中、友人の1人が地下室で見つけた奇妙な本に書かれている呪文を唱え、悪霊を蘇らせてしまう-


The Evil Dead_00邦題同じですよね。これ珍しい。原題も「The」が無いだけ。
この「死霊のはらわた」は1981年作品のリメイクということで宣伝しているけれど、全く新しい作品なんだ!タイトルはもちろん「死霊のはらわた」しかあり得ないんだ!
という、製作サイドの自信の表れでしょうか。
 
さて、内容は
初っぱなから飛ばしますよー。旧作では日記の中でしか出てこなかった、以前この小屋に住んでいた考古学だかの学者と家族の話をきっちり映像化。なかなか引き込まれるオープニングです。
その後、ミア、デビッド兄弟と友人3人の合計5人がこの小屋にやって来る。旧作ではバカンスに借りた小屋だったけど、今作ではミア、デビッド家の持ち物という小屋。
思うんですけど、旧作の小屋と今作の小屋は同じですね。同じ小屋という設定。見た目が似ているだけでなく、ミア登場時に腰掛けていたクリーム色に見えるぼろぼろの大型車。今では全く見かけない非エコな大型車が、旧作アッシュ達が乗ってきたものにそっくりだ!
↓これ
The Evil Dead_03ということは、アッシュはラストでやっぱり悪霊にやられてしまい、家に帰ることが出来なかったという事だったんでしょうか!?(2・3作目は無視しています) オー、アッシュ・・・
学者が旧作のか、また新たな人なのかはわかりませんが、とりあえず悪霊封印に成功。そこにやって来たのが今回の5人です。

 
Evil Dead_2013_19アッシュの時代から30年近く経ち、今回の5人の目的はパーティーじゃなくてミアの“クスリ抜き”(最近観た映画と同じだ『キャビン・イン・ザ・ウッズ』)。
しばらく地元を離れていた兄デビッドと友人3人が、なんとかミアを薬物依存から救おうとするが、当のミアにあまりやる気がない。そんな中、あまりに臭いので開けた地下室への“例の”ドア。中は何かの儀式を執り行ったかのような不気味な惨状になっていたが、その中に見つけたのが“例の”本「死者の書」。そうとは知らずに友人エリックが読み上げてしまう例の呪文。
クンダ~、アストラダ~、モントセ~、カンダ~
かくして森を這うように悪霊は小屋に突撃する―
 
Evil Dead_2013_12最初の犠牲者はミア。
クスリの禁断症状に見舞われていた時だったので分かりにくいが、確かに取り憑かれた。しかし周りの皆はおかしな事を言うのは禁断症状のせいだと見たために、瞬く間に悪霊が次々と取り憑いていく。
またこの取り憑き方がグロい、グロい。赤い血反吐をどぉーーーっとかけられ、感染していく。もうここで血だらけ真っ赤っか。ナイフでアレは切るわ、アレは切り落とすわ、で元祖スプラッターをきっちり踏襲した場面がこれでもかと続く..。

 
そして『死霊のはらわた』と言えばこのシーン。ちょっと旧作と比べてみようかな。
Evil Dead_2013_11 The Evil Dead_05
どうです?どちらがお好みですか?
もう絶対右のお姉ちゃんの方が怖いですよね 左のミアは目にコンタクト、ぷっくりで可愛い系にさえ見える..。
 
旧作とほぼ同じストーリー展開。でもこのリメイク版ではアッシュの役が女性になっていると聞いていたのに、女性は全員悪霊化。残る男性2人が悪霊相手に奮闘する。しかし最後にひねりがあって、どのように収束するのかは観てのお楽しみ。途中で「とっとと燃やして終わらせろ!」と叫び出しそうになるのは、こらえてくださいね。そうなったら話が変わっちゃいますから。
 
それにしても旧作『死霊のはらわた』がスプラッターの金字塔と言われているだけはありますよ。あの破壊力は並大抵のものではなかった..。それでも今作も負けてない。現代風にはなっているけれど、つまらないホラーが大量にある中、なかなか楽しめた作品でした。さすがだ!
続編も作られているようだし、楽しみ、楽しみ。
 
The Evil Dead_01 
旧作のレビューはこちら
 icon-arrow-right 死霊のはらわた (1981)
  死霊のはらわたII (1987)
  死霊のはらわたIII / キャプテン・スーパーマーケット (1993)