『スナッチ』(2000) - Snatch - その1

entry-image_9さて
DVDを持っているのに出たからといってBlue-rayで買い直す。
ディスク持ってるのにテレビでやってたらつい見入ってしまう。ついでに録画も。
あなたにもそんなお気に入りの映画がありませんか?

今日は自分のこんなお気に入り作品の中から前回の記事で紹介した『ヘル・レイザー』つながりで2000年のイギリス映画『スナッチ』をご紹介。どうやって繋がっているのかは前回の記事を参照あれ。

snatch_00

■スナッチ■ 2000年/イギリス/102分
監督:ガイ・リッチー
脚本:ガイ・リッチー
出演:
ジェイソン・ステイサム(ターキッシュ)
スティーヴン・グレアム(トミー)
ベニチオ・デル・トロ(フランキー・“フォー・フィンガー”)
デニス・ファリーナ(アヴィー)
マイク・リード(ダグ・“ザ・ヘッド”)
ヴィニー・ジョーンズ(“ブレット・トゥース”・トニー)
アラン・フォード(ブリックトップ)
ブラッド・ピット(ミッキー)
レイド・セルベッジア(ボリス・“ザ・ブレイド”)
ロビー・ギー(ヴィニー)
レニー・ジェームズ(ソル)
エイド(タイロン)
ユエン・ブレムナー(ムレット)
ジェイソン・フレミング(ダレン)
アダム・フォガティ(ゴージャス・ジョージ)


こうやって見ると紹介しなくちゃいけない出演者の数がすごいですね。
どの出演者についてもドラマあり起承転結ありで、こういうのを群像劇っていうんですね。
まさしくこの映画は「群像劇」に分けられます。
簡単なあらすじは-

ことの始まりはベルギーで盗まれた86カラットのダイヤ。強盗団の中心はフランキー・“フォー・フィンガー”、黒幕はNYのボス、アヴィー。ダイヤの到着を待ちわびるボスだったがギャンブル狂のフランキーは途中で寄ったロンドンでトラブルに。

一方、ロンドンの下町イースト・エンドでケチな非合法ボクシングのプロモーターをしている極貧ターキッシュと弟分トミーはノミ屋経営で大儲けしている悪党ブリック・トップに接近し、お金のために八百長試合を仕込むことになる。が、こちらもつまらないことからトラブルに見舞われる。



そしてこれまたロンドンの下町でケチなこそ泥をやっているソル、ヴィニー、タイロンの3人組。狙った先がブリック・トップのノミ屋だったために、恐怖の幕開け我が道を行くパイキー(流浪の民)の一人ミッキーもターキッシュに関わったばっかりに、ブリック・トップに恐ろしい目にあわされる。
これら4つのトラブルにアヴィーのやとった殺し屋トニー、ロンドンに住む変なロシア人ボリス、そして1匹の犬が絡み合って事態は誰も予測できない方向に進んでいくのであった-。

という文章ではとうてい表すことが出来ないほどの完璧な群像劇です。
「スナッチ/snatch」は「急に強引にひったくる、ひっつかむ、かっぱらう、強奪する」という意味だそうで。
誰が誰の何をひったくるのか?誰が勝ち組で誰が負けるのか?


監督ガイ・リッチーはマドンナの元夫としても有名だけど、CMやミュージックビデオの監督を手がけ、初めての長編映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)がヒット。この『スナッチ』に続いて

  • スウェプト・アウェイ (2002)
  • リボルバー(2005)
  • ロックンローラ(2008)
  • シャーロック・ホームズ(2009)
  • シャーロック・ホームズ シャドウゲーム(2011)

などの作品が。

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』にはジェイソン・ステイサムやヴィニー・ジョーンズも出演。この頃無名だった二人を『スナッチ』で有名にしたことになるのかな。

自分もこの二人を初めて見たのは『スナッチ』で、その独特な雰囲気にファンになったのでした。

ジェイソン・ステイサムは今や『トランスポーター』シリーズなんかでアクション俳優みたいになっちゃったけど、自分が一番いいと思うのはやっぱり「ターキッシュ」。
いつも弟分と同じような服を着た間抜けダンディな感じがたまりません。

あ、でも実際お間抜けなのは弟分トミーです。
↓泣いてます。よく見てね。
snatch_5

そしてこのトミー役スティーヴン・グレアム。彼も『スナッチ』で知られるようになりました。
有名な出演作に
・ギャング・オブ・ニューヨーク(2002)
・Re:プレイ(2003)
・パブリック・エネミーズ(2009)
・ボードウォーク・エンパイア 欲望の街(2010)テレビ作品
・パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(2011)
などがありますよ。
ところでドニー・ウォルバーグ↓とちょっと似てませんか?(2枚目はスティーヴン・グレアム)
Donnie Wahlberg

Stephen Graham

実はもう一人そっくりさん。
Doug Hutchison 『グリーン・マイル』のダグ・ハッチソン

出演者2人しか紹介してないのに一杯になっちゃいました。
続きは「スナッチその2」でいきたいと思います。
見てくださっている人がもしいたら、少しお待ちください。
もうちょっとサクサクいくように努力します。

今日はこのへんで
ではまた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる