『キャリー』(2013) - Carrie –

entry-image_344
デ・パルマ監督作のリメイクというより3度目の映画化ということらしい。だから1976年の作品と比べるというのは無粋というもの。・・けれどもねー、1作目がいろんな意味で衝撃的だっただけに、本作が強烈映像の羅列となってしまったことが非情に残念。登場人物の個性は際だったけど、ちょっと弄りすぎだよね..(注:原作は読んでませーん)
 

Carrie(2013)_02
■キャリー – Carrie -■
2013年/アメリカ/100分
監督:キンバリー・ピアース
脚本:ロバート・アギーレ=サカサ 他
原作:スティーヴン・キング
製作:ケヴィン・ミッシャー
製作総指揮:J・マイルズ・デイル
撮影:スティーヴ・イェドリン
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演:
クロエ・グレース・モレッツ(キャリー)
ジュリアン・ムーア(マーガレット)
ジュディ・グリア(デジャルダン先生)
ガブリエラ・ワイルド(スー)
アンセル・エルゴート(トミー)
ポーシャ・ダブルデイ(クリス)
アレックス・ラッセル(ビリー)

解説:
スティーヴン・キングの同名小説を基に、一人の少女が引き起こす惨劇を描いたブライアン・デ・パルマ監督による76年の傑作学園ホラーを、「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ主演で完全リメイク。共演は「キッズ・オールライト」のジュリアン・ムーア。監督は「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース。極端に信心深い母親のいびつな愛ゆえに学園で孤立を深めていくヒロインが、凄惨なイジメの末に辿る戦慄の顛末を、女性監督ならではの繊細な感情描写と迫力のバイオレンス演出で描き出す。
(allcinema)

あらすじ:
狂信的な母親に偏った育てられ方をされ、内気で陰気な高校生となったキャリー。ある日、学校でのキャリーに対するイジメが度を超して、関わった学生が処罰を受けたことから逆恨みされる事態に ―


Carrie(2013)_12初っ端から異常なショッキング映像が叫び声とともにやって来る。
今までジュリアン・ムーアはちょっと苦手だったけど、この映画の彼女は鬼気迫るものがあって非情に怖い・・・
痩せた顔、虚ろでありながら一点を見つめる鋭く冷たい目。自傷を繰り返すのは他人から自分を守るためなのか。
自分の無知と過ちを具現化した娘の存在を、愛しながらも否定する狂信者。しかし娘は自分自身を罰するために必要な存在となっている。

Carrie(2013)_18そんな母親に育てられた娘キャリー。
幼い時は、そんな母親の全てを信じていただろうが、学校に通って知識を得、社会に触れる機会が増えれば、何が真実で、何が正しいのかを考える力も付いてくる。
それでもキャリーは母親とはまともに話せても、他人との接し方が分からず下手な少女。とは言え、先生とのやり取りを見る限りは他人をシャットアウトしているわけでは無いのだ。普通になりたいと切望している。それを邪魔しているのは虐める級友だけでは無く、母親だとも知っている。

Carrie(2013)_26そんな心の奥底に貯まった自分でも気が付かない不満や鬱屈した思い。
プロムの誘いを受けた時、自分のためのドレスを縫っている時、初めてお洒落をして「綺麗だよ」と言われながら豪華な車に乗った時。鬱屈した思いは少しずつ溶け出した。舞台に上がり、皆の拍手を受けていた時に、それは全て流れ出そうとしていた。だが豚の血を全身に浴びることによって、流れ出そうとしていたものは彼女にぴったりと堅く張り付き、代わりに中から噴出したのは人を攻撃する怒りの“力”だった。

・・・なんですよ。あの“力”はここで初めて出てこなくちゃいけなかった。
この映画の一番残念な所は、キャリーに超能力を練習させた事だ。途中で母親に使いすぎた事。これでは怒りが爆発したというより、復讐を練習していたように見えかねない。虐められ復讐した、ただの超能力少女物語に。これはキャリーが可愛すぎるとか、健康的すぎるとかの問題以前。
それに加えてその他の登場人物達がそれぞれ個性があるのはいいけれど、強すぎてキャリーがそれらに埋没、ただの構成員の一人に過ぎなくなってしまっている感じが。

Carrie(2013)_movieそんな中、母親マーガレットの異常性はよく描かれていて際立っていた。それゆえ、キャリーとの関係性がイマイチ伝わってこず、キャリーが単なるわがままな娘に見えてしまった点もあったり。大虐殺の後に母親の元に帰るところも唐突だったし、母親を殺してしまった後の心情の揺れも分かりにくい。そこにスーの再登場は必要だったのだろうか。

ということで、『キャリー』については、やっぱりデ・パルマ作の方に1票。
この監督の『ボーイズ・ドント・クライ』は好きなんだけど

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (10件)

  • キャリー(2013年)

    キャリー 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)(2014/03/12)クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア 他商品詳細を見る
    【CARRIE】
    制作国:アメリカ  制作年:2013年
     
    狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では
    周囲から疎外されている女子高生キャリー(クロエ・グレース
    ・モレッツ)。彼女は、激しい興奮状態に陥るとある能力を使う
    こと…

  • これですねー。 >超能力もの青春ホラー
    こうしてみれば、なかなか面白かったです。お母さんも不気味だし、イジメ女子も堂が入ってました。
    シシー・スペイセクは衝撃的でしたから、勝てるわけないですね。あの衝撃度に勝るとも劣らないのは『エミリー・ローズ』だけでしょう、知っている限り。
     
    クロエさんは映画で見るたび、大きくなっていきますね(当たり前か^^;
    3年後、5年後はどんな感じになるのかなー

  • えー私めもシシー・スペイセク版に一票ですかね
    「キャリー」はシシーのあのガラスのように脆い雰囲気すべてがよかったんです
     
    クロエちゃんも頑張ってましたが、別物とみたほうが良さそうです
    超能力もの青春ホラーとしてはこちらも良く出来てたとは思います
     
    ジュリアン・ムーアさんは良かったですね

  • キャリー

    ホラーと言う意味では、やっぱりオリジナルの「キャリー」のほうがあってるかな。クロエちゃんだと可愛すぎなところがあって、その点シシー・スペイセクさんの色素の薄いキャリーは脆さを感じさせてくれて、病的な脆さをもつキャリーがプロムの惨劇を引き起こした時の狂気がクロエちゃんだと少々弱く強引に感じられてしまうのですよね。
     
    リメイクとしてみないほうが、成功するでしょう。
    その家庭環境と内気ゆえ(…

  • キャリー(2013)

    CARRIE
    2013年
    アメリカ
    100分
    ホラー/学園
    PG12
    劇場公開(2013/11/08)
     
     
     
    監督:
    キンバリー・ピアース
    原作:
    スティーヴン・キング『キャリー』
    出演:
    クロエ・グレース・モレッツ:キャリー・ホワイト
    ジュリアン・ムーア:マーガレット・ホワイト
    ジュデ…

  • ジュリアン・ムーア怖かったですねー。
    化粧気の無い虚ろな顔や皺だらけの手とか、いつの時代の服?とか、全てに驚くほどマッチしていました。意外でした。オリジナルのパイパー・ローリーも良かったですけど、しろくろさんが記事で書いておられた通り負けていませんでした。確かに今後、ホラー出演がますます増えるかもしれませんね(それも怖い方の役で)。
     
    クロエ・モレッツは基本、丸顔だから幸せ顔なんですよね。その上、可愛いし..。不幸な娘には向いていない気がするんです(だから『モールス』よりもオリジナルが好きなんです)。
    これまた、しろくろさんが記事で書いておられた3人の女優さんなら、、と私も考えたんですが、それよりも全くの新人さんの方が良かったかも!とも思いました。
     
    ※地震があったんですね!スミマセン、知りませんでした。
    震度4は、さぞ怖かったことでしょう.. 阪神淡路の時はこの辺も震度5以上ありましたので想像できます、その揺れが(-_-;) どちらにせよ被害が無くて良かったです。でも、なんか、、イヤな感じですね

  • いっそ邦題を「キャリー(句読点はハートマークで)マイ・ラブ」にせんかね

    平日有休取った日に「キャリー」を見てきた。夕方16時からの上映だったせいか入場客は片手で数えられたですよ(__;)
     
    名作ホラー映画のリメイクということで旧作を見ている(ましてやそれを好きだった)者からすれば比較してしまうのは仕方のないところもあるのだが、主演のキャリー役/クロエ・グレース・モレッツが最初に登場するファーストカットを見た瞬間「あ、もうこれは全然別モンだ(ーー;)」と一瞬…

  • こんにちは、夕べの地震で寝不足気味のしろくろです。そちらは大丈夫でしたでしょうか??
    ウチはけっこう揺れたんですが(震度4だったかな?)安眠を妨げられた以外は被害ゼロでした。
    今死ぬほど眠いです・・・(-_-)zzz
     
    えー、それで「キャリー」ですけどジュリアン・ムーアがめっちゃ怖かったですね。
    もうこの映画の良かった部分の殆どを占めていたような気もしているくらいですが(^_^;)
    ここだけはオリジナルに負けてないと思いました。
     
    彼女これからホラー系の仕事が増えるんじゃないかとそんなことも考えてしまったですね。
     
    ※のちほどTB打たせていただきに再登場いたします。

  • そうなんですよ。
    意識が飛んでいる状態ではあるんですけど、制御しきれないとは思えなかった。どちらかと言えば“楽しそう”(ちょっと言い過ぎ)な感じでした。
    とは言え、リメイクではなくて、この監督の新たな作品ですから、色々な受け止め方と表現方法があるのだろうとは思います。どちらが好きか、っていうことでしょうかねー。
     
    >スペイセク
    ええ。初めてこの映画で見た時は、もうどうしたらいいのか、こちらが悩みましたけど、彼女がその後、年を重ねてどんどん可愛い感じになっていった事にもまた驚きでした。

  • そうですかあ、超能力トレーニングなんてあったんですか。
    とすると、自分でも制御し切れない感じとかはなかったん
    ですかね…。
    スペイセクなんていう、どんぴしゃキャストなのもあって、
    デパルマ版は超えるにはちっとハードル高すぎでしょうか。
    クロエ嬢ではあまりにもキレイ過ぎるというと、元祖さんに
    失礼か…

Contents
閉じる