コミック再考2012 ~GW明け。さらに現実逃避してみる

4月の終わりに届いた「スカパー!Days5月号」(スカパー無料番組案内誌)。
何か拾いものはないかとパラパラめくっていると、ありました。

高橋留美子劇場 人魚の森 
キッズステーション 5月7日 深夜0:30~(毎週月曜日他)

このタイトルを見た途端、さぁーーーっと頭の中が10年以上も前に引き戻された。
少女が、まだ少女で少女だった頃から、読んだおとぎ話の影響か、脊髄反射するいくつかの名詞がある。
その中の一つが「人魚」。
それは今も変わらない。大人になって読む本、観る映画を決める時にも必ず目がとまる。
で今、机にのっているTSUTAYA Discasの袋の中にもこんなものが入っている。

既に2回は観ている。どうしてかは分からない。脊髄反射のなせる技なので。
レビューはこちら『人喰い人魚伝説

今思えば、楳図かずお氏の

こんなのの影響で、今でも「うろこ」が異常に怖い。魚をさばいて鱗を取り除く作業などは、ほとんど自虐行為だ。
がしかし、「人魚」に魅せられ、そのしっぽ部分の造形に心を引かれるのはなんなんだろう。
※今現在、一番気に入っているしっぽはダリル・ハンナの『スプラッシュ(1984)』。

最近、「ヴァンパイア」はよく目にするが、「人魚」は久しぶりだった。
そして『人魚の森』は『人魚の傷』と一緒にコミックを持っていて大好きだった。
で、今日は朝から、大人が一人で録画予約したアニメを観てしまった。
アニメはやっぱりちょっと違うな。本の方がいいな。どこいったかなぁ。などと思いながら。
ちなみに録画は毎週予約になっている-。


自分は凝り性なので、今までどっぷりとハマったものがいくつか(も)ある。
そんな中で青春(必ずしも10代とは限らない)前後にハマった事の中にいくつかのコミックがある。(マンガとも言う。) 今回はそんなものを紹介していきたい。
興味のある方はどうぞ↓下へお進み下さい。

■ゴルゴ13 さいとう・たかを (連載1968.11~)

ある日の会社帰り。電車で読むため売店で買った「ビッグコミック」。
そこで始めて『ゴルゴ13』に出会う。
「ゴルゴダの丘でイエス・キリストに荊の冠をかぶせて殺した13番目の男」という不吉な名前を持った孤高のスナイパー。愛用する銃は強化を施した「M16」。大人向けの劇画作品である。
1968年(昭和43年)11月(1969年1月号)から小学館『ビッグコミック』誌で連載が開始され、2012年5月現在も連載中。単行本は2012年4月に164巻が出ている。

内容は

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は、脚本家が多数に及ぶこともあって、非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、戦争・紛争、ゲリラ活動、テロリズム、麻薬組織など犯罪組織、企業活動、芸術・スポーツなど文化活動、歴史問題・地理問題、最新テクノロジー、ミステリー、自然災害なども題材となっている。
作品には、現実に起きた事件に交えて実在の国名・組織・企業・団体そして個人の名前がしばしば登場する。作中のリード文に『A国のBという組織の存在により、C国との関係が芳しくない』といった主旨の内容が書かれる影響もあると推察されるが、この作品で世界情勢を覚えることができるという話もあったり、この作品をモチーフに世界情勢を語る書籍も発行されたりしているが、物語自体はあくまでフィクションである。
  Wiki:ゴルゴ13

そしてmomorexこと管理人は最初から読みたくなり、月曜の会社帰りに単行本1冊、火曜の帰りに3冊、金曜以降は10冊ずつ買って帰り、毎夜読みふけることになる。社会人であればこその振る舞いだ。
以後、管理人はCIAFBI国家の陰謀などに傾倒し、映画を観る際などにもそれらが大きく影響するようになる。
が、幾度とあった引越しによりゴルゴ13の入った段ボールは闇に消え、行方が分からない。
管理人は今この記事を書きながら、また1巻から集めてやろうか!などとうそぶいている。

ちなみに当ブログでは、時々ゴルゴが出没する 背後には気をつけてもらいたい。

■コブラ 寺沢武一 (連載1978~1984)

何をきっかけに読み始めたのかは覚えていない。
しかし、かつて日本に(おそらく)無かったアメコミ仕様の登場人物と彩色に心を奪われ、宇宙海賊の冒険にはまっていった。これもアニメは受け付けられず原作本のみが好きだ。ファンの方には申し訳ないが、アニメになると人物、特に女性の妖しさが無くなって安っぽくなってしまう。
なんですか、映画『ハイテンション(2006)』のアレクサンドル・アジャ監督の実写映画化実現に向けて話が進んでいて、2013年公開予定だとか。この監督は「コブラ」が大好きらしい。公開されれば一応、観に行くかな。


イメージコンセプトポスター

タランティーノ監督『キル・ビル(2003)』アイパッチのヒットマン/エル・ドライバー(ダリル・ハンナ)を見ると、いつもこの『コブラ』に出てくる敵方の女(名前失念)を思い出す。
持っていたのは少年ジャンプに掲載された(1978~1984年)ものの単行本かな。家族である青年Aの本棚に今もあるはず。今度取り返してこよう。

■AKIRA 大友克洋 (連載1982~1990)

自宅の本棚に、赤や黄色や紫のこの派手な本が並んでいる人も多いのではないか?
「健康優良不良少年」金田と鉄雄。彼らを取り巻くあらゆる登場人物が全て濃いキャラクターで、一度読んだら忘れられない。劇場用アニメもヒット。だが、やはり自分は原作派。
この作品も『マッドマックス(1979)』同様、コアなファンが多い。
ファンは日本国内にとどまらず、海外にも多数おり、映画『マトリックス(1999)』にも影響を与えている。
この『AKIRA』もハリウッドで実写映画化の話が随分前から出ているが難航していて一進一退の状態。

■るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 和月伸宏 (連載1994~1999)

このコミックを通じて、明治時代に思いをはせたあの頃-。
最終巻まで読んだ後、剣客に興味を持ち時代をさかのぼって、池波正太郎著「剣客商売」を読破したのもこの頃。
なんだろう。他のものにハマっていた時よりも、平和で静かな時間が流れていたように思う。
気のせいかな。

実写化レビュー『るろうに剣心


好きな漫画は?と聞かれたら間違いなく上の4つから答えるだろう。
そんな事に時間を使えていた頃。うらやましい・・・。
これらと前後してハマった海外ドラマ「Xファイル」や「ツインピークス」。
今度は「海外ドラマ再考」なんかを書こうかな。

ブログを始めて3ヶ月。
こうやって管理人の道は続いていく-。

ではまた