『ABC・オブ・デス』(2012) - The ABC’s of Death –

entry-image_292
一編5分の超ショートストーリーが26作品。「死」にまつわる内容のホラー映画短編集だが、それぞれの内容は結構難しく理解の範疇を超えるものも ・・ぅんーーとっ、、と考えている間に次々と作品が変わり進んでいくから、あっという間に観終わるが、、これでいいのか・・
 
The ABCs of Death_06
■ABC・オブ・デス - The ABC’s of Death -■

 2012年/アメリカ/129分
 製作:アント・ティンプソン、ティム・リーグ
 
解説:
世界中から集められた新進気鋭の映像作家26組が、アルファベット全26文字を頭文字とするそれぞれのキーワードを元に、様々な死を巡る短編作品を競作する話題のホラー・アンソロジー・プロジェクトの記念すべき第1弾作品。死にまつわる26編のエピソードが、多彩な切り口と手法で、エログロ残酷描写満載に描かれていく。
監督には「フロンティア」のザヴィエ・ジャン、「TIME CRIMES タイム・クライムス」のナチョ・ビガロンド、「キャビン・フィーバー2」のタイ・ウェスト、「ホーボー・ウィズ・ショットガン」のジェイソン・アイズナー、「キル・リスト」のベン・ウィートリーらに加え、日本からも「片腕マシンガール」の井口昇、「地獄甲子園」の山口雄大、「東京残酷警察」の西村喜廣の3人が参加。
(allcinema)


The ABCs of Death_12「新耳袋」みたいな物を想像していたんだけど、比較しちゃいけないほどエロあり、グロあり、??あり、下品あり、超下品ありで、観終わった後、“今のはいったい、何だったのだ・・”と呆然となった。
一編5分といえども侮ってはいけない。下品、中でも超下品な作品は、頭が??と混乱し、一体これのどこが「死」で「ホラー」なのだーーーっと叫び出したくなるほど(その状態をホラーとしたのか..)。それがまた日本人監督作だったために、よけいに破壊力が大きく、こんなの作れるんだー..と変に感心してしまった。が、これらの超下品な作品に関しては二度と見たくないという感想。
 
そんなこんなで、一気観すると大混乱になる本作だが、中にいくつか印象に残った作品もあった。そんな物を紹介しながら、一応、全作品の一覧を下記に。一文あらすじとコメント付けてます。
そうそう、情報によると次回作が決まっており、園子温監督も参加するらしいですよ。
第2弾の感想はこちら icon-arrow-right ABC・オブ・デス2
 
 
Apocalypse/アポカリプス(黙示)ナチョ・ビガロンド監督『タイム・クライムス』
 ベッドにいる夫がいきなり妻に襲われる ←グロ系
Bigfoot/ビッグフット アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ監督『36 PASOS』
 眠れない少女の悪夢 まぁまぁ
Cycle/サイクル ルネスト・ディアス・エスピノーザ監督『ミラージュ』
 日常の恐怖 (←あまり記憶に無い・・・)

Dogfight/ドッグファイト マルセル・サーミエント監督『デッドガール』
The ABCs of Death_15  賭け闘技場で戦う人と闘犬
 非合法で行われている賭けファイト。ファイターのトレーナー、犬をけしかける大男、金を賭けてやんや言っている男達。全てスローで撮られており、登場人物の醜さが画面に満ちあふれている。そこで一番冷静で目的を達成するのは誰か。犬なんですよねー。

Exterminate/駆除 アンジェラ・ベティス監督『May』『ザ・ウーマン』※女優
 壁を這う蜘蛛をようやく潰したが― ありがちではあるが、分かりやすかった。蜘蛛は殺しちゃ駄目
Fart/おなら 井口 昇監督『片腕マシンガール』
 おならに纏わる女子高生と女教師の愛 ←下品、臭い
Gravity/重力 アンドリュー・トラウキ監督『ブラック・ウォーター』
 サーファーと大波 ←途中まではよかったが、最後?

Hydro-Electric Diffusion/水電拡散 トーマス・マリング監督『ニンジャ・インポッシブル』
The ABCs of Death_17  連合軍パイロットが溺れたナチス・ストリッパー
 被り物の奇妙な世界が広がる。その面白さは、あまり分からなかった・・・
 

Ingrown/内攻 ホルヘ・ミッチェル・グラウ監督『We are what we are』
 ある殺人― ←殺人の一コマを切り取った緊張感溢れる作品。

Jidai-geki/時代劇 山口雄大監督『地獄甲子園』
The ABCs of Death_28  切腹する侍と介錯人の攻防
 切腹する侍の苦痛と介錯人の反応が大げさすぎて面白すぎる。あの表情は“死にたくない”という侍の本心なのかなー。あの顔で介錯人を威嚇してるみたいな

Klutz/不器用 アンダース・モーガンタラー監督
 排泄物と格闘するアニメ美女 まぁまぁ
Libido/性欲 ティモ・ティヤハヤント監督『マカブル/永遠の血族』
 拘束状態で先に射精した者が生き残る死のゲーム ←下品、気持ち悪い

Miscarriage/流産 タイ・ウェスト監督『インキーパーズ』
The ABCs of Death_29  どうしても流してしまいたいトイレに詰まった物とは―
 必死に詰まった物を流そうとする女性。ラストにソレが映るんだけど、グログロしいくらいしか分からなかった。が、、、その後に出るタイトルを見てお茶をこぼしそうになった。衝撃的 一番怖い。  

Nuptials/結婚 バンジョン・ピサヤタナクーン監督『心霊写真』
 オウムを使ったプロポーズの顛末 ←笑える。うまく進めて最後にグロのコメディホラー
Orgazm/オーガズム(絶頂) ブルーノ・フォルザーニ&エレーヌ・カテト監督『Amer』
 女性のオーガズムを映像化 ←知らないけど、うまく表現しているんじゃないかとも、違うとも

Pressure/重圧 サイモン・ライリー監督『Red White & Blue』
The ABCs of Death_30  ある娼婦が娘のプレゼントのために受けた仕事とは― 
 最悪の夫と貧困。それでも娘の喜ぶ顔を見たいがために受けた非情な仕事。これは社会派作品。ちょっとキツい
 
 

Quack/アヒル アダム・ウィンガード監督『V/H/S
 アイデアに煮詰まった監督と脚本家の顛末
 『ABC・オブ・デス』に出す作品のアイデアに煮詰まったという点は面白かった。
Removed/切除 スルジャン・スパソイェヴィッチ監督『セルビアン・フィルム』
 定期的に皮膚を剥がれる患者とは―
 何かよく分からないけど面白かった。皮膚の中にフィルムのようなものがあるんだけど、あれは何だろう。スパイなのかなー。ラストは結構、もの悲しい。

Speed/スピード ジェイク・ウェスト監督『ゾンビハーレム』
The ABCs of Death_31  砂漠で車を走らせ逃げる美女
 冒頭はスパイアクションのように始まり、ラストは・・。これは中毒患者の話ですねー。全てその時の妄想だったと。なかなか上手く出来ている。それに2人の女性が美女過ぎる。
Toilet/トイレ リー・ハードキャッスル監督※クレイアニメーター
The ABCs of Death_19  トイレを怖がる子供と応援する両親
 これは面白い!話もいいが、粘土でここまでグロを表現出来るとは!
 
 

Unearthed/発掘 ベン・ウィートリー監督『キル・リスト』
 逃げ回る凶暴なモンスターの正体とは― ←POV。モンスターの正体は最後に分かる。
Vagitus/産声 カーレ・アンドリュース監督『パニック・スカイ』
 近未来、出産制限法を破った夫婦を追い詰めた女性エージェントは― 
 5分にまとめられた緊迫のSFサスペンス・アクション。面白かった。
WTF/カオス ジョン・シュネップ監督「Metalocalypse」TV
 アニメーターに降り注いだ凄惨な現実 (←あれ、、記憶が・・・)

XXL/ダブルエックスエル ザヴィエ・ジャン監督『フロンティア』
The ABCs of Death_32  太った女性が取った行動とは―
 太っていることをバカにされ、絶望した女性が決断したある行動。あ~身につまされるー グロ。
 
 

Youngbuck/ティーンエイジャー ジェイソン・アイズナー監督『ホーボー・ウィズ・ショットガン』
 変態用務員が報いを受ける ←気持ち悪さと爽快さ
Zetsumetsu/絶滅 西村喜廣監督『東京残酷警察』
 放射能汚染で身体が変態した日本で― ←超下品


 
こうして書くと結構、覚えているものだ。
最後の破壊力がすざまじかったから、全ての印象が悪くなりそうになったけど、良作もたくさんあった事に気が付いた。なんでもきちんと復習することが大事である。