『クソすばらしいこの世界』(2013) - It’s A Beautiful Day –

entry-image_278
女性監督によるアメリカが舞台の和製スラッシャーホラー。スラッシャー描写はかなりキテイルが、登場人物達の魅力の無さが残念なところ。舞台がアメリカで、よくあるホラーのお馬鹿な若者が日本人で、韓国の女の子まで出てくるから、理解しにくかったのかも。その上、アレだから。
 
クソすばらしいこの世界_00
■クソすばらしいこの世界 - It’s A Beautiful Day -■

2013年/日本/78分
監督:朝倉 加葉子
脚本:朝倉 加葉子
製作:山口 幸彦 他
撮影:木津 俊彦
音楽:森野 宣彦
出演:
キム・コッビ
大畠 奈菜子
北村 昭博
しじみ
甘木 ちか
阿部 友保

解説:
BS-TBSで放送されたホラードラマ「怪談新耳袋 百物語」の朝倉加葉子が監督を務め、主演に「息もできない」のキム・コッビを迎えて制作した、本格スラッシャー・ホラー作品。ロサンゼルスを舞台に、鮮血の大惨事が繰り広げられる。

あらすじ:
韓国人留学生のアジュンは、日本人留学生グループに誘われ、アメリカの田舎町を訪れる。だがそこには冷酷な殺人と強盗を繰り返すホワイトトラッシュの兄弟がいて、アジュンたちはそんな彼らに狙われることに-
 (allcinema)


自分の理解力が足りないのか、設定がなかなか飲み込めなかった..
クソすばらしいこの世界_11アメリカはロサンゼルスにある学校に留学している日本人の男女5人と韓国の女の子アジュン。いい就職先のために一生懸命勉強しているアジュンとは対照的な遊ぶためにアメリカに来た日本人学生..。そんな彼らが田舎町の一軒家にバカンス(ようするに騒ぎに)に出かけるのだが、皆が仲がいいのかといえば全く違っていて、日本人5人のうち4人は英語を全く話せず、アジュンと会話が出来ないうえ、理解し合おうともせず。アジュンはガソリン代他、経費の割り勘費用が少しでも安くなるよう呼ばれたという可哀想な立場。ビールを飲んで浮かれ回る日本人達に付いていけず浮きまくり。
 
被害者側の設定はこんな感じ。
クソすばらしいこの世界_17では加害者はどうかというと、田舎町に住むホワイトトラッシュ(低所得者の白人)。兄弟と叔父が一緒に暮らしているが、兄弟は人の金を盗むためには殺すことも厭わず。というよりも残虐な殺しが好きなサイコキラー。上位に立つ兄に弟は手も足も出ないが、じゃあこの大人しげな弟は殺しを好きではないのかといえばそうではない。兄に殴られた腹いせに叔父を何度も足蹴にする非道ぶり。
ある日、通りすがりの旅行者を残忍に殺した後、死体の始末をしていたところを、たまたま通りがかった日本人の女の子に目撃されたと思い込んだ弟。兄弟は口を封じるために、日本人グループらが滞在している一軒家を捜しだし、そして、惨劇が幕を開ける―
 
 
クソすばらしいこの世界_15こんな感じでよくあるホラーのように始まるが、有無を言わさず、ざくざく殺していくだけではなく、結構ねちねちといたぶったあげく、腕や足を1本ずつ斧で切り落とし殺すという残虐さに目を背ける。が、当の兄弟にあまり怖さを感じない。若いからなのか、すごく軽い。被害者達もアジュンの他はただの馬鹿者だし、普通のホラーなのかそうじゃないのか、ちょっと判断に困るなーと思っていた矢先、驚くべき、漫画チックなコメディチックな出来事が起きる。
ここからは一言で言うならば、「メイド・オブ・サイコキラー」なお話になる(メイドはメイド喫茶のメイド)。なんのこっちゃ分からないでしょうが、とにかくそうなる。観ていた自分も分かりにくかったが、そうなる。
このサイコなメイドさんは割と良かった。が、サイコ兄弟の存在はもうほとんど意味が無くなり、またまた変わっていく設定に置いてけぼり感が少々。そして「サイコは続くよ、どこまでも」というラストへ。
 
面白かったか?と言えばまあまあ面白かったんだけど、なんか分かりにくい。どの登場人物にも突き抜け感がなくて入り込みにくい。ただアジュンだけはきちんと描写されていたとは思うが。
タイトルはサイコ兄が自分のテーマソングとしている「It’s A Beautiful Day」から取られているが、これも歌うたびに怖さを醸し出すわけでもなく、取って付けた感が漂っていた。だって「すばらしい世界」はどこにも描かれていなかったから。