謎は解けるか?『イレイザーヘッド』(1977) - Eraserhead –

この映画はずいぶん前に一度観て、もう観ることはないだろう、、と思っていた作品だ。一度で充分と思った理由はもちろん、あまりの意味不明さ加減、難解さに根を上げたからだが..。しかし昨日(1/7)から始まったWOWOWのリンチ特集で初っぱなに放送され、もう一度チャレンジすることに。さて-

Eraserhead_1977
■イレイザーヘッド - Eraserhead -■1977年/アメリカ/89分
監督:デヴィッド・リンチ
脚本:デヴィッド・リンチ
製作:デヴィッド・リンチ
撮影:フレデリック・エルムス、ハーバート・カードウェル
音楽:ピーター・アイヴス
出演:
ジャック・ナンス(ヘンリー・スペンサー)
シャーロット・スチュアート(メアリー・エックス)
アレン・ジョゼフ(ミスター・エックス)
ジーン・ベイツ(ミセス・エックス)
ジュディス・アンナ・ロバーツ(27号室の女)
ローレル・ニア(ラジエーターの中の少女)
 
解説:
「エレファント・マン」の大ヒットによって、ようやく日本でも劇場公開されたリンチの長編デビュー作。全編、悪夢にも似た奇妙なイメージで埋め尽くされ、白黒というよりは銀黒で作られた映像は人工的な寒々とした印象を与えている。まさに“奇形の美しさ”とでも呼ぶべき、大いなる実験作。悪夢に論理が無いように、意味を求めることの無意味さを説くイメージ・シーンの積み重ねは、初公開時よりも、同様の手段をあろうことかTVで行った「ツイン・ピークス」を観た後の方が納得しやすい。その意味でも’93年にリンチ自らサウンドトラックを再編集したドルビーステレオの「完全版」の公開こそ、本作の真の評価を問える時機であったと言えるだろう。
 (allcinema)
 
あらすじ:
フィラデルフィアの工業地帯に住む印刷工ヘンリー。付き合っていたガールフレンドのメアリーに「妊娠、出産したので結婚して欲しい」と言われ承諾する。しかしその赤ん坊は奇妙な顔つきで小さく、とても普通とは思えない生き物だった。それでも家族としての生活を楽しんでいたヘンリーだったが、絶えずピーピーと泣く赤ん坊に我慢ならなくなったメアリーは、赤ん坊をヘンリーに押しつけ実家に帰ってしまう-


 
Eraserhead_08太陽の光とはおよそ縁のないような、工場の町に住むヘンリー。工場街の一角に建つアパートが自宅だが、一角に建つアパートというよりは、町は工場に覆い尽くされ、至る所に配管がのたうち蒸気が上がり、その中の隙間に人間の住む場所があるといった趣だ。
ヘンリーは青年の設定のようだが年齢不詳、着古した(おそらく1着しかない)スーツを着てとぼとぼ歩く。ぼさぼさの髪の毛が上に逆立ち、イレイザーヘッド(消しゴム付鉛筆)のように見える、そんな男。

Eraserhead_111部屋しかないヘンリーのアパートは、常に地鳴りのような音が響き渡り、隣のビルの壁が間近に迫るため、たった一つの窓さえ意味がなく、照明を点けなければ真っ暗。
照明を点けて明るくしたところで照らし出されるのは、古い箪笥やベッド、ベッド脇には盛り上げた土に直にさされた枯れ枝のような木。箪笥の上やラジエーターの前には太い配線のような髪の毛のようなものがとぐろを巻いている(何だ、これはいったい..)
 
本作の舞台は、このヘンリーの部屋が大半を占める。
ここに赤ん坊を連れたメアリーが同居し、その後メアリーが出て行き、ヘンリーと赤ん坊の二人暮らしになる。ストーリーは基本それだけ。そのストーリーとも言えない物語に、意味があるのか無いのかよく分からない登場人物が次々と出てくる。
 ・かさぶたの男(割れた窓のそばに座っている)
 ・メアリーの家族(妙な料理を作る両親と座ったままの祖母)
 ・27号室の女(黒髪の美女がヘンリーを誘惑する。なぜ?)
 ・ラジエーターに宿る少女(頬に大きなできもの?天国の歌を歌う)
 ・イレイザーヘッド工場の男達(ヘンリーの脳みそで消しゴムを作る)
Eraserhead_04 Eraserhead_13 Eraserhead_10 Eraserhead_23 Eraserhead_30
 
そして本作のもう一人の主人公ともいえる赤ん坊枯れ枝、グロテスクな人工鶏料理
Eraserhead_16 Eraserhead_21 Eraserhead_15
 
それと、あともう一つ。度々出てくるコレ↓。
Eraserhead_05
今回のレビューではコレをキーにしてちょっとだけ謎を解いてみようと思う。

ちょっとだけ『イレイザーヘッド』の謎を解く!
 
↑は冒頭、ヘンリーの口から出てきたところ。この後、仕事から自宅に戻りメアリーの家に行って出産を告げられる。結婚し同居してからポストに届いたコレを小さくしたミミズのようなものが届く。そしてその後、メアリーと一緒に寝ているベッドに突如現れる複数のコレ
次に登場するのがラジエーターの少女に降ってくる、またしても複数のコレ。少女はコレを踏みつぶす。
次なる登場は、ヘンリーの頭がもげて代わりに生えてくるコレ
そして最後はハサミで殺された赤ん坊が変身した大きくなったコレ
 
さぁ、どうです?
コレは何に例えるのが手っ取り早いか?もうおわかりですね。
ズバリ、男性の精子です。(←乙女ですので)
=ヘンリーの性欲とも言えるでしょう。
解説してみましょう(ウエカラ
 
Eraserhead_251.冒頭、口から出て向かった先はメアリー。そして妊娠、出産
2.生まれた赤子はそっくりそのまま
3.生活に疲れたヘンリーの元に届けられるコレの元
4.メアリーと寝ているベッドにのたうつ複数のコレ
5.ラジエーター少女はコレを踏みつぶすがゆえ、少女である
6.とうとう正体を現したヘンリーの頭
7.殺された赤ん坊は元のコレに
※27号室の女との情事で出てこなかったのは、所詮ヘンリーには手の届かない女だったから
 
メアリーの実家で出された鶏料理から液体が出てくるシーンは、もはや出産シーンにしか見えず、部屋の枯れ枝はヘンリーの疲れた様子を表しているかのよう。
 
どうだっ

 
ということで、作品の一部の謎を解いてみましたが、いかがでしたでしょうか。
ようするに男性も女性も衝動的な行動には気をつけましょう、というリンチ風道徳映画ということになりましょう。
その他の妙な登場人物達は、これがデヴィッド・リンチということで説明がつくかと思われます。彼らはその後のリンチ作品にも多数散見され、「あまり意味はない場合もある」と監督自ら説明されています。
 
それでは、この後もWOWOWのリンチ特集は続きますので、今回はこのへんで
ではまた
 
  icon-arrow-right このブログのリンチ作品レビュー