『キョンシー/殭屍』(2013) - Rigor Mortis –

entry-image_501
キョンシーが苦手で後回しにしていたんだけど、これは・・・面白い!中国の妖怪臭さは上手い具合にぼかされて話の運びはテンポよし。中国臭はぼかされていながらも漂う異国情緒。次々出てくる異形の者の造形に目を見張るし、その登場の仕方も楽しい。ラスト?中身が面白くてそんなの気にならなかった

■ キョンシー/殭屍 - Rigor Mortis – ■

Rigor_Mortis-movie2013_02

2013年/香港/101分
監督:ジュノ・マック
脚本:ジュノ・マック 他
製作:清水 崇
撮影:ン・カイミン

出演:
チン・シュウホウ
クララ・ワイ
パウ・ヘイチン
アンソニー・チャン
ロー・ホイパン
リチャード・ン
チョン・ファ

解説:
「呪怨」の清水崇プロデュースの下、香港の歌手で俳優のジュノ・マックが初メガホンを取り、1980年代に一世を風靡したキョンシー映画を現代によみがえらせたサスペンスホラー。チン・シウホウら「霊幻道士」シリーズのオリジナルキャストも集結。2013年・第26回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で上映(映画祭上映時タイトル「リゴル・モルティス 死後硬直」)。〈シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2014〉で劇場公開。

あらすじ:
かつて人気俳優として活躍していたが、現在は落ちぶれて家族からも見放された男が、化けものが出ると噂される集合住宅で自殺を図ろうとする。そんな男の前に、異形のものたちが次々と姿を現わす ―

(映画.com)


Rigor_Mortis-movie2013_21幽霊が出ることで有名な高層団地に入居した男。だが彼は仕事である俳優業からも家族からも見捨てられて人生に絶望。自殺するためにここを選んだのだった。

この男とはチン・シュウホウ。
キョンシーといえばこれ『霊幻道士』で霊幻道士役として有名になった彼(実話)。自虐ネタなのかどうなのか本人役(?)でチン・シュウホウが登場。団地の部屋2442号室に入った途端に、自殺を開始、首をつる…。
が、あわや死亡という丁度その時、突如魔法使いのように現れた男に助けられ、自殺は失敗。その男はこの団地に住む道士だった。チンは何とか生きていくことに。

Rigor_Mortis-movie2013_14ということで、道士役をやっていた男が本物の道士に助けられて始まるお話。
死ぬために入居した場所だから気になってはいなかったのだろうが、実際、生活を始めるにあたってよくよく考えてみると気持ちの悪いこの団地。上から下まで鬱々とした空気が淀み、住んでいる住人たちもどこかオカシイ。チンの入った2442号室では以前にも自殺や殺人事件が起きたとか。
そして始まるのです。物の怪たちの大運動会が ―

Rigor_Mortis-movie2013_12-2
Rigor_Mortis-movie2013_11-2
Rigor_Mortis-movie2013_26-2

この際、誰が生きていて誰が死んでいるのかは、ほとんど関係無い。色々と物の怪が出てくる中で、最後のラスボスの大事な役目を果たすのが、タイトルにもなっている“キョンシー”だ!
Rigor_Mortis-movie2013_27-2

Rigor_Mortis-movie2013_22-2
Rigor_Mortis-movie2013_09-2

実はこの団地には霊幻道士が2人住んでいた。1人はチンを助けた男で日頃はだらだら過ごしている親父だ。もう1人はいかにもな道士で、常日頃からその力を人のために使ったり、自分のために使ったり・・・。で、こちらの道士が夫を亡くし嘆き悲しんでいる団地の婦人のために夫を生き返らせようとするが、途中で失敗して魂の無いキョンシーに。
キョンシーは魂の無い入れ物、団地を徘徊する気持ち悪い双子は入れ物の無い魂というわけで、2つは合体しようとする。
で、それらと戦うことになったのが、自殺志願者だったチンと彼を助けた方の親父道士、というストーリー。で、ラストのラストがあるという運びに。
Rigor_Mortis-movie2013_33-2

と、書けば察しのいい人はオチが分かっちゃうだろうね.. それでも独り言のようにネタバレみたいなものを呟いておくと、、
・チンは霊幻道士役で有名だった。
・キョンシーと道士については詳しい。
・妻子をとても愛していた。
・彼らを守るのは自分の役目だ。そのために命を落としても本望だ。
・もし自分に何かあった場合、妻子は自分を愛するあまり生き返らせようとするのではないか?それほど自分を愛していると思いたい(だが実際は見捨てられた)。
・もしかしたら妻子はチンをおいて心中してしまった?
こんなところでしょうか。  

監督ジュノ・マックは香港ホラー『ドリーム・ホーム』でこてんぱんにやられる警官役の人ですた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (6件)

  • お久しぶりですー
     
    『キョンシー』がどうして苦手なのかも忘れたぐらい前に観たままなんですが、お子様時代だった事から単純に怖かったのかもしれません^^; 今回の『キョンシー』も結構、きました。。あの動きがゾッとして怖かったです。
     
    ルールや使われた道具なんかも基本に則っているんですね。一応『霊幻道士』初期3作を録画してあるんです…

  • こんにちは。momoさんお久しぶりです。
    「キョンシー」ご覧になったのですね!
    昔のキョンシー映画が苦手とお聞きしましたが、
    私の小学生の頃はそれはそれはブームで。
    段々と悪ふざけが過ぎるシリーズになってしまって悲しかったのですが、
    今回真面目路線で、しかも懐かしい霊具やらルールやらが出て来て、
    昔のファンには凄くうれしかったのです。
    本作から「霊幻道士」ファンが増えてくれたらなーと思っております。

  • キョンシー

    【概略】
    俳優として落ちぶれ、家族からも見放された男が、化けものが出ると噂される集合住宅に入居。噂どおり様々な異形の者たちが現れ、パニック状態となるが…。
    ホラー
     
     
     
    キョンシーが清水崇制作でダーク・ホラー(シリアス)として復活。
     
    まさか知らない人はいないとは思うけれども一応解説:キョンシーとは?
     
    中国の死体妖怪の一種。硬直した死体であるのに、長い年月を経ても腐乱す…

  • コメント有り難うございます<(_ _)>
     
    私もこの映画はとても好みでした。
    あの口周りに付けているコインの束(ローマ時代なんかでは目に置くアレですかね?)とか、水中で浮遊するように動くキョンシーとか、赤い神経みたいなのを出しながら動く双子とか、廊下を移動する大きな死霊みたいなのとか、ゾクゾクしましたね!
    確かにこの作品では両足跳びとか力強い動きのキョンシーはあまり合わないかも、です。

  • キョンシーと聞けばコミカルな内容を思い浮かべてしまいますが、この作品はそういうのを排したダークホラーでした。
    雰囲気、映像・演出はとても好みです。
    両足跳びのキョンシーも再現されてましたが、ほとんどがモンスター的だったのは、これじゃない感がしちゃいました。
    双子幽霊と合体したのでああいう形になったのは理解できますが・・・。

  • キョンシー

    屍/RIGOR MORTIS
    2013年
    香港
    101分
    ホラー/ファンタジー
    R15+
    劇場公開(2014/10/25)
     
     
     
    監督:
    ジュノ・マック
    製作:
    清水崇
    脚本:
    ジュノ・マック
    出演:
    チン・シュウホウ
    クララ・ウェイ
    パウ・ヘイチン
    アンソニー・チェン
     
     
     
    <ストーリー>
    死に場所…

Contents
閉じる