『オンリー・ゴッド』(2013) - Only God Forgives –

entry-image_390
前に観た『ブロンソン』『ドライヴ』なんかは暴力に彩られた、ちょっと風変わりなバイオレンス映画だったからコレもそうかなーと思っていたが、、、。出たよ、出ました!とうとうその正体を現した その正体とは・・・

■オンリー・ゴッド - Only God Forgives -■

Only God Forgives

2013年/デンマーク・フランス/90分
監督・脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン
製作:ニコラス・ウィンディング・レフン 他
撮影:ラリー・スミス
音楽:クリフ・マルティネス

出演:
ライアン・ゴズリング(ジュリアン)
クリスティン・スコット・トーマス(クリスタル)
ヴィタヤ・パンスリンガム(チャン)
ラータ・ポーガム(マイ)
ゴードン・ブラウン(ゴードン)
トム・バーク(ビリー)

解説:
「ドライヴ」でセンセーションを巻き起こしたニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアンの・ゴズリングが再びタッグを組み、過激かつスタイリッシュな暴力描写で紡ぐ壮絶な復讐譚。
(allcinema)

Contents

あらすじ:

タイ、バンコク。ボクシングクラブ経営の裏で麻薬ビジネスに手を染めているビリーとジュリアン兄弟。ある日、兄ビリーが惨殺されたとの報が入り、ビジネスのボスである母親クリスタルがアメリカからタイを訪れ、ジュリアンに復讐を命じる。だがビリーの死に警官が関わっていたことが分かり、事態はこじれていくことに ―


見どころと感想

Only God Forgives

オープニング。読めない文字がずらずら出てくるものだから、借りるの間違えちゃったかと
キックボクシングの試合が始まってタイが舞台だと分かり、すぐにライアン・ゴズリングが出てきてホッとしたのもつかの間、彼をずっと追っていても、あまりストーリーが分かってこない。だって、ほとんど喋らない。

目配せしたり、ゆっくり移動し娼婦を呼んだり(と言っても娼婦との関わりも変わってる)、ボクシングクラブの裏で自分の腕をじっと見つめたり。この自分の腕、というか拳を見つめるシーンは何度か出てきて、何らかの意味があることが分かるものの、それが何かは分からない。

Only God Forgives

どの場所もエキゾチックさ溢れる部屋や廊下で、赤や青の原色が多用される。そんな場所で拳を見つめていた彼、ジュリアンの空想の世界も織り交ぜられ始めて、ここまで?となっていた頭が???となり、そして赤いベルベットのカーテンが出てきた時には、これか・・と。

コレとはアレです、不思議の世界リンチ・ワールド
まさかのデヴィッド・リンチ監督の世界が広がりつつあったのである…。

Only God Forgives

そんな中、ジュリアンの兄ビリーが殺される。ビジネスのもつれで殺されたのではない。若い娼婦を買った後、嬲り殺しにしたために、娼婦の父親に復讐されたのだった。
ビリーの死を聞いて、駆け付けた組織の女ボス、クリスタル。ビリーとジュリアンの母親である彼女は冷血なク○女である。誰よりも愛し、可愛がっていたビリーが殺された事に逆上し、ジュリアンは復讐を命じられる。

ここから、この映画の説明をはクリスタルが担う。だってジュリアンの半分は空想で出来ているからね

Only God Forgives

とは言え、仕事は出来るジュリアン(ビリーは変態の役立たずにしか見えなかった)。
なのにどうして彼は空想の世界に生きているのか?自分の拳を見つめながら?娼婦と時を過ごす時にさえ、腕を椅子に括り付け、一体何をしたいのか?

それとも「何」をしたくないのか。

ところで、本作にはこのヘンタイ犯罪者一家に対抗して、警官一派(こちらもヘンタイ)が出てくる。
犯罪者を見つけるという警察の仕事をしているものの、その後の司法に基づいた裁判などは無視。警官隊のボスであるチャンの考え一つで裁きが下される。

Only God Forgives

何事も“手”を使う人間。犯罪者の悪事もこの手が起こしたとばかりに、背中から抜いた剣でスパーンッと一刀両断。悪い子の腕にお仕置きするのだ。そして一仕事のその後は、何故かカラオケで疲れた汗を流すことがお決まり。


そう。決まっているのだ。

【さて、ここからはペラペラとネタバレ】

Only God Forgives

ビリーを殺した男にきちんとどめをささなかったジュリアンに「死ね!」とまで吐き捨てるボスである母親クリスタル。その口は、ビリーは目に入れても痛くないけど、あんたは産まなきゃよかったとまで言う。そんな事まで言われても表情一つ変えないジュリアン。そんな彼がただ一度、大声を出して感情を露わにしたのは母親の悪口(ただし事実)を口走った娼婦マイに対して。

「ドレスはいらない」とマイに拒絶され、母親の仕打ち=拒絶と重なったのか。それほどまでにジュリアンは母親を愛していた。マザコンとも言える。だからと言って母親=ボスの命令を全てそのまま受け入れるわけじゃない。人道に基づき判断する心はあったのだ。

だが、彼は拳を見つめる。その拳がかつてやった事を。
何をやったのかは、母親がチャンにジュリアンを極悪非道なヤツだと思わせるため説明していた。素手で実の父親を殺した、と。

Only God Forgives

母親の命令であったにせよ、父親を殺してしまったジュリアンはずっと贖罪を求めていた。だから、それからはボスの命令であっても本当に必要なのかを自分で考える。
そんな中、悪人を自らの剣で裁くチャンの存在を知った。だから暗がりからそっと現れるチャンの姿を、夢を見るように待っているのか。ボクシングジムに置いてある覇者らしい像の顔はチャンそっくりだ。

チャンとの戦いの後、2人はもう一度森で会う。そしてジュリアンは両腕をチャンに差し出すのだ。その後、カラオケでとても美しい歌を歌うチャンの姿から、ジュリアンの腕が落とされたことが分かる。ジュリアンはようやく罪を購うことが出来た。

 

― というお話ですね。
ある意味、全てに耳を閉ざして静かな自分だけの世界に住むジュリアンと神の如く鉄槌を下すチャン。
でもチャンは神じゃない。それでも彼のお陰で“罪を購えた”とし、救われたジュリアンにとってチャンは神だったのだろう。
Only God Forgives 「神のみが赦し給う」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • オンリー・ゴッド

    【概略】
    兄・ビリーを殺され報復を考えたジュリアンだったが、兄の犯した事件の一部始終を聞き思い留まる。しかし激昂した母・クリスタルは彼に復讐を命じ…。
    アクション

  • この映画の「神」はキリスト教では無いでしょうから、日本のようにたくさんの神々がタイにいるとすれば、このチャンのような一刀両断の神もいるのかも、、と思えてきました。ジュリアンはそれにすがったのかな?
    何にせよ人間の「思い込み」をテーマにしているようでもあり、他人にはなかなか理解できない世界でもありますね^^;
     
    でもヒロ之さんと同じく、この監督の映像センスは好きです^^
    『ドライヴ』では良い人オーラのゴズリングがいきなり暴力的になって「ぅへっ?」となったんですが、さすが2作目。こちらの準備も出来ていて、そういった意味では安心して見ることができました。

  • 奇抜な発想で構成された作品でしたね。
    話そのものは復讐をテーマにした単純なものですが、そこに宗教的な要素を入れた事で少し難しく思える内容になっていました。
    それでも自分的に引き込まれたのは映像にしろ、演出にしろ全てに監督の美的センスを感じたからだろうと思います。
    特に不安を抱かせる音楽がとても好みでした。
    かなりの賛否両論があるようですが、私はこれ好きです。

  • オンリー・ゴッド

    ONLY GOD FORGIVES
    2013年
    デンマーク/フランス
    90分
    ドラマ/犯罪/格闘技
    R15+
    劇場公開(2014/01/25)
     
     
     
    監督:
    ニコラス・ウィンディング・レフン
    『ドライヴ』
    製作:
    ニコラス・ウィンディング・レフン
    脚本:
    ニコラス・ウィンディング・レフン
    出演:
    ラ…

Contents
閉じる