『ロスト・ボディ』(2012) - El Cuerpo –

entry-image_314
またですよー。死体が生き返るというゾンビ系オカルトホラーだと思っていたら、『ロスト・ボディ』はとても質の良いサスペンス・スリラーだった 資産家で年上の妻、若い愛人のいる夫、消えた死体、捜査する警察。妻は死んでいたのか、仮死状態だったのか、それとも・・?面白いですよー 
 

El cuerpo_00
■ロスト・ボディ – El Cuerpo -■
2012年/スペイン/111分
監督:オリオル・パウロ
脚本:オリオル・パウロ
撮影:オスカル・ファウラ

出演:
ホセ・コロナド
ウーゴ・シルバ
ベレン・ルエダ
アウラ・ガリード

解説:
消えた死体にまつわる人々をめぐる謎を描くスペイン発ホラー映画。監督・脚本は「ロスト・アイズ」の脚本家オリオル・パウロ。出演は「永遠のこどもたち」のベレン・ルエダ、「悪人に平穏なし」のホセ・コロナド。2013年10月~11月開催の特集上映〈“シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクション〉にて本邦初上映。(allcinema)

あらすじ:
ある夜、死体安置所の夜警がトラックに轢かれるという事故が発生する。監視カメラの映像から、夜警の男性は何かに驚きパニックになっていたことが分かる。と同時に安置所からマイカ・ビジャベルデという資産家女性の死体が消えたことが判明し、警察は捜査を開始。マイカの夫であるアレックスを調べると、彼には愛人がいることが分かり ―

英題:The Body


El cuerpo_25懐中電灯を持って森を走る一人の男。何かから逃げるように何度も後ろを振り返る。森を抜け道に出た途端、走ってきたトラックに撥ねられ、意識不明の重体に。いったい彼は、何から逃げようとしていたのか。

死体安置所で勤務中の夜警が交通事故に遭ったということで、警察が捜査を始める。安置所のある建物の監視カメラは1つを残し全て切られており、ますます犯罪性が臭う中、安置されていた死体一つが消えていたことが発覚。たちまち事件となった。

El cuerpo_13消えていたのは会社経営もする資産家マイカ・ビジャベルデ。心臓発作で死亡とのことだったが、検死はまだの状態。実は生きていたのか?それとも盗まれたのか?誰かに恨まれていたのか?と考え始めた警察は夫アレックスに連絡する。警察にやって来た彼は、妻が今日、死んだばかりだというのにやけに冷静。妻のことを過去形で話す夫に不信感を抱いたハイメ警部。彼は数年前に交通事故で妻を亡くしており、愛する妻を亡くしたばかりの夫の心情をよく分かっていたのだ。

El cuerpo_16夫を調べていくうち、若い愛人がいることが発覚し、妻を心臓発作に見せかけて殺したのではないかと夫を追い詰める警察。どうあっても否定する夫アレックス。

実際には妻を毒殺した彼は、警察とのやり取りの中で、また警察署の中で起きる不可解な事などから妻を殺し損ねたことを確信。執念深く計算高い妻は愛人に復讐するかもしれないと考えたアレックスは、警察の尋問の間に愛人に逃げるように連絡を取る。

そこに森で死体が一つ見つかったという一報が―  

  

El cuerpo_26愛人と一緒になりたい夫が資産家の妻を殺したことは、予告編でも分かっていることなんですよね。予告編では運び込まれた妻の死体が“息を吹き返し”て“消えた”ことがクローズアップされているものだから、「実は妻は死んでいなかった」ことで妻の復讐物語なのかと思わせたり、ホラー好きな自分が予想したように「幽霊として蘇った」妻の復讐物語なのかと、ミスリード。
復讐されるのは「夫」で間違いないんだけど、そこに至るまでのよく練られた復讐シナリオがすばらしい。復讐者はさんざん夫を恐怖の演出でいたぶった上に、、、あ、、ここからは書かないでおこ。

とにかく夫と同じく観ているこちら側も騙されること間違いない。夫は基本的にワルいヤツでは無いんだろうけど、強引な妻に勝てなかったことが全ての原因。一番可哀想だったのは、愛人かな。
ラストは『ソウ』の有名な台詞“ゲームオーバー”続いてガシャーン(扉が閉る音)が聞こえてくるようだった。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (12件)

  • スペインの作品を最近観る機会が増えたんですけど、面白いものが多いですね。ホラーでスペイン産ならとりあえず観てみようとなってます。
     
    今まで意識していなかったのですが、劇場未公開作って多いんですね。というより、作られた映画全体からすると、ほとんどそうですね^^;
    それでもDVD化されて、すぐにレンタルに回りますから、簡単に観ることが出来て便利な時代です。どんな内容なのか、面白いのかもすぐに検索できますし。

  • コメントありがとうございます。
    面白かったですね。
    私も最初は妻の復讐なのかな、実は生きてるのかなとおもいながら観てました。
    そうしたら…まさかのラストですっかり騙されました。
    劇場未公開なのがもったいないです。

  • ロスト・ボディ

    【EL CUERPO/THE BODY】 2012年劇場未公開 スペイン 111分監督:オリオル・パウロ出演:ホセ・コロナド、ウーゴ・シルバ、ベレン・ルエダ、アウラ・ガリード、クリスティーナ・プラサス、モンセ・クアリャル、ナウシカ・ボニン
    [Story]ある晩、死体安置所の警備員がトラ…

  • てっきり「ホラー」と思って観ていたから、すっかり騙されました。
    幽霊復讐ものが良質なサスペンス復讐劇に。予告編の作りも上手いと思います。2013年のシッチェス映画祭として日本で公開された中では一番の優秀作ではないでしょうか。
    (とは言え、私が一番好きなのは『バーバリアン』なんですけど^^)
     
    >ルミ子と賢也
    上手いこと言うなぁ。尊敬しちゃいます。

  • ロスト・ボディ

    JUGEMテーマ:サスペンス映画全般「ロスト・ボディ」原題:EL CUERPO/THE BODY監督:オリオル・パウロ2012年 スペイン映画 111分キャスト:ベレン・ルエダ     ウーゴ・シルバ     ホセ・コロナドある晩、遺体安置所の警備員が何かから逃げようとしたあげく車にはねられ意識不明の重体となる。捜査を担当するペニャ警部は、その安置所からマイカという女性の遺体が消えていること…

  • よく考えるとヒントはいっぱいあったんですよね。
    警部の執拗な尋問の意味もわかるし。
    マイカに支配されて嫌気がさすアレックスの気持ちもよくわかりました。
    誰かが書いていましたが、ルミ子と賢也だって…。ちょっと古いか。
    本当にだまされましたねえ。

  • 誰が死体袋に?
    このシーンは観ている者が全て身体を乗り出していたことでしょう。
    そして続く壮大なオチ。
    「なんだってー!」『マジか!』「・・・ポカーン」等々、あちこちから溜息が聞こえるようです。
     
    『ロストアイズ』観ましたよ!面白かったです。
    主演の女優さん、大人の雰囲気でいいですねー。『永遠のこどもたち』でも同じような役でしたが、夫や子供に対する深い愛情が行動の源になっているんですね。だから終わり方が美しいというか。
    これは『ロスト・ボディ』にも通ずるものがあるように思います。

  • コメント&TB有り難うございました。
    面白かったですよね~!
    あれだけ伏線が張り巡らしてあったのに見ている間はそんなに頭に入れてなかったので、死体消失がまさかラストではそっちの話になるとは思わなくて『マジか!』と驚いてしましたよ。
    どんでん返しの上手さが光る作品でした。
    ロストアイズもかなり面白かったですので、楽しんでくださいね♪

  • ロスト・ボディ

    EL CUERPO/THE BODY
    2012年
    スペイン
    111分
    サスペンス
    劇場未公開
     
     
     
    監督:
    オリオル・パウロ
    脚本:
    オリオル・パウロ
     
     
     
    出演:
    ホセ・コロナド
    ウーゴ・シルバ
    ベレン・ルエダ
    アウラ・ガリード
     
    <ストーリー>
    恐怖でパニックに陥り、トラックに轢かれた男…

  • え?え?いったい何の話?(゜o゜;; ってなりました。
    だって、聞いてなかったですものねー。
    そしてラストの彼の表情が、また良かった。ほとんどポカーン状態でした。
     
    『ソウ1』のラストも好きなんですよね。
    「なんだってー!」という衝撃の後に続く全てを断ち切るようなドアの音と、悲痛な叫び声が..
    可哀想に、、アダム・・・

  • 私もキレイに騙されましたー
    てっきり、ねえ…
    やっぱり主観が【夫】だということが、ミスリードさせられる原因なのかもしれないですね
    単に脚本が巧いのかもですが
     
    また、真相がわかっての ソウのガシャーンは巧い言い回しだと思います
    あんな感じの「なんだってー!」という衝撃が余韻を残しますよね

  • ロスト・ボディ

    死体失踪スリラー。すっかり騙されてとても面白かった!
    序盤の推理どおり、浮気した夫に毒殺された妻が、実は死んでなくてコッソリ死んだ振りして復讐してるのだーなんて思ってたから、徐々にミステリー要素が強くなっていくのとかで何気にストーリーに引き込まれました。
    死体安置室から消えたマイカという女性。そしてその夫のアレックス。アレックスの愛人のカルラ。事件を追うのはハイメ警部。
     
    死体失踪事…

Contents