『ダニエル』 (2019) - Daniel Isn’t Real

不幸な境遇の青年がトラウマをこじらせ苦悩する系のお話かと思いきや(また…)、2/3を過ぎた頃から怒涛の展開に(眠くなってきたからちょうどいい (‘Д’)コラッ)。「ダニエル」とはヘブライ語で「神は私の裁判官である」という意味がある。

Danie_Isnt_Real

■ ダニエル - Daniel Isn’t Real – ■
2019年/アメリカ/99分
監督:アダム・エジプト・モーティマー
脚本:アダム・エジプト・モーティマー 他
原作:ブライアン・デリュー
 「In This Way I Was Saved」
製作:イライジャ・ウッド他
製作総指揮:ティムール・ベクボスノフ他
撮影:ライル・ヴィンセント
音楽:クリス・クラーク

出演:
マイルズ・ロビンス(ルーク)
パトリック・シュワルツェネッガー(ダニエル)
メアリー・スチュアート・マスターソン(母クレア)
サッシャ・レイン(キャシー)
ハンナ・マークス(ソフィ)
チュク・イウジ(ブラウン医師)

■解説:
ティム・ロビンスとスーザン・サランドンの息子マイルズ・ロビンスと、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガーというハリウッドの2世俳優が共演し、内気な青年が、圧倒的カリスマ性を持つ“空想上の親友”に翻弄される姿を描いたスリラー。

■あらすじ:
内気で繊細な少年ルークには、自分にしか見えない空想上の親友ダニエルがいた。しかしある事件をきっかけに、ダニエルの存在を封印することに。時が経ち、成長したルークは孤独と不安に苛まれ、再びダニエルを呼び覚ます ─

映画.com


耳元で囁くもう一人の”黒い私”。
いつもいつも我慢しなくていいんだよ。ほら、今なら誰も見てないよ。ほら、あんな奴、とことん痛めつけてやれ。
「ドラえもん」のような子ども向けのアニメから、「デビルマン」、『エンゼル・ハート』などなど、そそのかされ、悪の世界に引きずり込まれ、未来永劫、僕としてこき使われてしまう、弱い人間。

心とは環境を反映するもの
この「弱い人間」というのは、精神的に自立していないダメな人というばかりではなく、一人では抱えきれないほどの”恐怖と孤独”に突き落とされた時、そうとは理解できない幼子であったとしても、少しの隙間を縫うようにして目の前に現れる黒い何か。「助けてあげるよ、楽しく遊ぼう」と甘言ですり寄る何か。
幼いルークには、それがダニエルだった。

不仲な両親の喧嘩の絶えない家の中。それが嫌で一人で街を歩いているときに、たまたま見かけてしまった銃撃事件の血だらけの被害者。就学前のルークにはそれは強烈に頭に残り、両親の喧嘩する声と相まって彼を精神的に痛めつける。が、この時、同時に隣に現れたダニエルは一緒に遊ぶことで彼の心を癒した。母の知らない間に ─。

Danie_ Isnt_Real

空想の友達がいることは知っていた母。この頃には夫は家を出ていたが、息子を見守っていた。だが、その空想の友達ダニエルの影響が悪く出てきたと知り、空想の友達を封印することに。具体的には、ドールハウスに閉じ込め鍵を閉める、という一連の行動をルークに命じ、これは功を奏し、その日からダニエルの存在は無くなった。

ルークは大学生になり家を出ていたが、母の精神的不安定さがひどくなったことを知り家に戻ってみた。家の中は思っていた以上の有り様で、一度見聞きしても忘れるからと家中に貼られたメモ用紙、倒されたままのソファなど荒れ放題。その中にろくに食事もとらない寝巻のままの母がいた。だが、ルーク自身も目指している写真家の夢や父と同じ弁護士などあるものの、大学生活に馴染めず孤独な毎日を送っていたのだ。

Danie_ Isnt_Real

若い頃から統合失調症を患っていた母は、何度目かの入院になった。この頃から母のみならず、ルークも奇妙な幻影を見るようになり、自分も母のようになるのではと精神的に追い詰められる彼。そして、とうとういてもたってもおられなくなり、あのドールハウスにかけられていたカバーを外し、ドアの鍵を開け封印をといてしまう。
ダニエルの ─

自信たっぷりで自由奔放なダニエル。”ダニエル”は、こうでありたいもう一人の自分だ。それと分かり解放したルークはダニエルの言いなりになり、彼の思うように流されるだけ。今さら、それはやり過ぎだ、と叫んだところでもう遅い。ルークと同じく大人になったダニエルには怖いものは無い。

Danie_ Isnt_Real

ここまできて、そろそろ「で、オチは?」と考え始めた私。彼女のキャシーの力を借りて立ち直る、とか普通過ぎて今さらわざわざ映画にしないよな~。じゃあ、二重人格オチ?ルークは取り込まれてダニエルが成り済ます?・・・違う、、

えっ?まさかの、そっち系!?

ここからネタバレ入りまーす

忍耐ドラマ系作品だとばかり思ってたから、ビックリした(-.-)。
ルークは幼い頃に見た銃撃事件の犯人ジョンの自宅を探し出し、ジョンも自分と同じ目に見えない想像の友達がいたこと。その名が”ダニエル”ということ。そしてジョンの残したダニエルの絵が、自分の知っているダニエルそのものだと知り、ルークは改めて驚き、事の真相を知る。

Danie_ Isnt_Real

ダニエルは想像の友達なんかでは無かった。ダニエルは実在する。だが、その正体は人にとり付きこの世に不幸をもたらす、いわゆる”悪魔”なのだ。ブラウン医師の「チベットの歌う器」を使った妙な儀式めいたものにより、より力を得たダニエル。家を探し続け、ようやく「家」を見つけた彼はルークの身体に入り込み、ルーク自身をドールハウスという名の牢獄に閉じ込める。それらをまじかで見て、事の真相に気づいたキャシーはなんとかルークを助け出そうとするが、ダニエルは一枚上手だ。それもそのはず、悪魔だから…。

実在する「チベットの歌う器」(案外安い)

ここにきて、がぜん、やる気の出たルーク。次々と人を操っては混乱を巻き起こすダニエルに対しての怒りなのか、自分の身体を返して欲しいからなのか、キャシーを守りたい一心(これは違うかも)だったのか、とにかく最後は『エクソシスト手法に打って出る。
だが、やはりダニエルは一枚上手。「お前には、そんな力は無い」と言い捨てる。

エクソシスト手法とは:
どうあっても退治できない悪魔、悪霊を自身の身体に乗り移らせて大階段を落ちていく、命をかけた悪魔退治の方法。うまくいくとは限らないと言われている。
(momorex談)

詳しくは

そしてラストを迎えるが、ルークの身を挺した行動も、やはりダニエルの言う通り効果なく、上から冷たい目で見降ろす悪魔ダニエル。続く最後の大ジャンプは、決して飛び降り自殺を図ったのでも、浮遊して移動を開始したのでもない。
真っ直ぐにキャシーの身体を目指したのだ。哀れ、キャシー…

Danie_ Isnt_Real
Danie_ Isnt_Real

決して幸福とは言えなかったルークの生い立ち。そこに付け込まれ不幸な最期を迎えたルーク。ここまで観て思い出したのはやはり上記『エクソシスト』と、もう一つ大好きな作品『エンゼル・ハート』。エンゼル・ハートで悪魔の執着心をよく理解していたからこそ、ルークの可哀そうな最期は予想できた。

が、悪魔はやはりエンゼル・ハートのロバート・デ・ニーロが一番だ。キュッと結ばれた黒髪、手に持つ杖。蛇のような瞳が映るよりも先に、もう長い爪と弄ぶかのように持っているゆで卵だけで背筋が冷たくなってくる。主人公ジョニー(ハリー)は、そのまま蛇ににらまれたカエル状態。
どうあっても助かる術はないのだ ─

Angel_Heart
 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる