『ザ・レイド GOKUDO』(2013) - The Raid 2: Berandal –

さて、全編の8割が壮絶アクションだった前作。続編である今作では多種多様なアクションシーンに加えストーリー性も付け加えられた。が、そうくどくは無いのでご安心を。また前作で大人気のマッドドッグおじさんは違う役どころで今回も登場。この彼の物語も語られる。

the-raid-2-berandal_movie2013_03
■ ザ・レイド GOKUDO - The Raid 2: Berandal – ■
2013年/インドネシア/146分
監督・脚本:ギャレス・エヴァンス
製作:アリオ・サガントロ 他
製作総指揮:ランガ・マヤ・バラク=エヴァンス
撮影:マット・フラネリー
音楽:ジョセフ・トラパニーズ
 
出演:
イコ・ウワイス(ラマ)
アリフィン・プトラ(ウチョ)
ティオ・パクソデウー(バングン)
オカ・アンタラ(エカ)
ヤヤン・ルヒアン(プラコソ)
遠藤憲一(ゴトウ)
松田龍平(ケンイチ)
北村一輝(リュウイチ)
アレックス・アッバド(ブジョ)
ジュリー・エステル(ハンマー・ガール)


解説:
世界中にセンセーションを巻き起こしたインドネシア発のノンストップ・バトル・アクションの続編。前作でマフィアとの死闘を生き延びた新人警官ラマが、今度はインドネシアマフィアや新興ギャング、日本ヤクザを巻き込む壮絶な抗争の渦に呑み込まれていく。主演は引き続きイコ・ウワイス。また日本からも松田龍平、遠藤憲一、北村一輝が参戦。監督は前作のヒットで一躍世界的に注目の存在となった英国の新鋭ギャレス・エヴァンス。
(allcinema)
 
あらすじ:
汚職警部補を引っ捕らえ、命からがらアパートを脱出したラマ。彼はその技量を認められ、続いて地元マフィアへの潜入捜査を命じられる。刑務所に入ることでマフィアのボス、バングンの息子ウチョと親しくなってうまく潜入したラマ。だがマフィアと新興ギャングとのいざこざが他の組織をも巻き込んだ戦争へと発展し、またしてもラマの命をかけた戦いが始まるのだった ―


 さーて、今回は2時間を超える超大作です!
なので前回に比べてアクション以外の物語性が追加されているが、なんだか面倒くさい?とまでは思わない。とにかくいくつもの組織、多数の構成員が出てきては絡み合うからどうしても時間が長くなる。なので前回のようなラマを中心とした怒濤の連続戦闘シーンだけ!とはいかない。舞台も刑務所、建物の中、外、車と色々だし流れが多少悪くなるのも致し方ない。代わりにラマとマッドドッグおじさん(本作役名はプラコソ)の格闘以外の演技を観ることが出来る。
・・え?そんなの必要ない?であれば2回目は格闘シーンだけをスキップして観よう(それでも大丈夫)。
the-raid-2-berandal_movie2013_13-2
お話は完全な前回ラストの続きから。
ご丁寧にラマと唯一助かった同僚、引っ捕らえた警部補まで出てくる念の入れようだ。ラマは警察の腐敗を徹底的に潰したいと願う汚職摘発チームにそのクリーンさを気に入られ、潜入捜査を命じられる。それも今日、今すぐ!の勢いで。潜入先は例の高層アパートを牛耳っていたリヤディのボス、バングンのマフィア組織。繋がっている汚職警官を調査することが任務となる。
バングンの一人息子ウチョが刑務所に収監されているということから、ラマも人を殴って逮捕されうまくウチョに信頼されるように持っていく。

この冒頭からラマが組織に潜入するまで、ただボヤッと話が進んでいくわけではないっ。時間軸に沿って進まない流れ、カメラがよく揺れること、シーンのつなぎ目が上手いこと、そして何より戦闘シーンがもう既に大きく2つある。
特に2つ目は俯瞰シーンまで使ったかなり大がかりな多人数の格闘で、名付けて「刑務所/ドロ中庭の戦い」。
the-raid-2-berandal_movie2013_20-2
前作でもそうだったが、レイドシリーズではこれらの派手なアクションシーンに入る間際、少し前の“間合い”みたいなのがとてもいい 見つかるか、見つからないか?や、今から始まる戦闘への緊張感。額に汗がたらりと一筋流れつつも、手は次に来る戦闘開始に向けて自然と準備している、時が止まったような緊張の間合い。それはジェットコースターがカタン、カタン・・と落ちるために上に上がっていくあの独特の緊張感に似ていて、こちらもドキドキしてしまう。
けれども身体も気合いも充分に準備できたラマは次の瞬間飛び出していく!
・・・最高ですナ(-。-)y-゜゜゜

the-raid-2-berandal_movie2013_30-2今回の戦闘場所は多岐に渡っており、狭い監獄のトイレ、 icon-arrow-up 上のドロ中庭、ギャングの事務所、狭い車中、レストラン等々。ほとんどが一対多でラマ、もしくはマッドドッグが主人公。そう、戦ってなんぼのマッドおじさんも見せ場あり。その上、今回は“哀愁”までも纏っているヨ!

敵方は新興ギャング、麻薬ギャング、汚職警官隊、日本ヤクザ、そしてマフィアと悪い組織が一杯。特徴のあるファイターも数名いて、今回はハンマー・ガールなる女性ファイターも参戦。この女性ファイターのコンビはまるで「妄想代理人」みたいなパーカーのバッド持ち。この2人のシーンは残念な事にアクションに演出さが出ていて作り物っぽかった。
だが、後は相変わらず背骨折ったんぢゃ?って心配したくなるほどの出来映えだ。特にマッドおじさんの相手は大変だったはず・・・
the-raid-2-berandal_movie2013_45-2

アジア作品だからなのか、日本人俳優さん3人はとっても画面に馴染んでいて全く違和感が無かった。少しずつタイプの違うお三方はそれぞれ個性がよく出ていたし、特に松田龍平氏の独特のシラケ感はこの作品に他と違う空気を流していて、ラストはお得な役回りだったと思う。
the-raid-2-berandal_movie2013_38-2
前作よりかなり洗練された(悪く言えば普通っぽくなった)レイド2作目。
思わず3作目に期待してしまう。今回、厳密には日本ヤクザとは戦っていないしね。次、行こうかねー。
あ、そういうとこれまた同じ東南アジアが舞台だからなのか、全体的に『オンリー・ゴッド』を思い出させる感じだったな。急に歌が入るところとか…

 1作目感想、武術シラットについてもこちら  ザ・レイド