アイアムアヒーロー (2016) - I Am a Hero

ここまで本気なゾンビ・ホラー映画だったとは知らなかったでござる。ぃゃ、普通によく出来ていて登場するゾンビも、逃げ惑う人々も、戦う一団も(それなりに)見応えあり。色々なゾンビ作品にリスペクトされていて、そういった意味でも楽しめるけっこうグロい和製ホラー。

i-am-a-hero_01-2c
■ アイアムアヒーロー - I Am a Hero – ■
2016年/日本/127分
監督:佐藤信介
脚本:野木亜紀子
原作:花沢健吾
製作:市川南
撮影:河津太郎
音楽:ニマ・ファクララ
 
出演:
大泉洋(鈴木英雄)
有村架純(早狩比呂美)
吉沢悠(伊浦)
岡田義徳(サンゴ)
片瀬那奈(てっこ)
片桐仁(中田コロリ)
マキタスポーツ(松尾)
塚地武雅(三谷)
徳井優(アベサン)
村松利史(タクシー運転手)
長澤まさみ(藪)
風間トオル(千倉)
カズレーザー(ZQN)
安藤なつ(ZQN)

解説:
花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー。冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々に襲われ、逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美と、元看護師の藪とともに不器用に戦いながらも、必死でサバイバルしていく姿を描く。主人公・英雄を演じる大泉と、歯のない赤ん坊ZQNにかまれ、人間に危害を加えない半ZQN状態になるヒロイン・比呂美役の有村架純、大胆な行動力でZQNに立ち向かう藪役の長澤まさみが共演。「GANTZ」「図書館戦争」シリーズを手がける佐藤信介監督がメガホンをとった。
(映画.com)


思った以上にグロいです。
大泉洋氏と長澤まさみさんの「真田丸」コンビじゃなーーい!なんて気軽な気持ちで観始めると、ゾンビとグロに慣れていない人はとんでもない目に遭わされます(-ω-)

主人公は冴えない漫画家アシスタントの中年男、英雄(ひでお)。
若い頃は新人賞に名を連ねたものの、その後一切パッとしないまま現在に至り、貧乏暇なしの生活に彼女にも愛想を尽かされ家庭内別居どころか、ボロボロのアパートからとうとう蹴り出されてしまった可哀想な英雄さん・・・
だが彼はまだ気が付いていない。
この時、街ではトンデモナイ事が既に始まっていたのだ ―

i-am-a-hero_12-2c
ワールド・ウォーZ』ばりに混乱した街中。
あちこちで煙が上がり、必死の形相で逃げ惑っている人々。だがすぐには何が起きているのか把握できない。だがよくよく見ると、人が人を襲っているではないか・・!
襲う側はもう人とは呼べない何かに変異しているのか、目の色がおかしく焦点が合っていない。身体はヒドイ怪我をしているにも関わらず平気に動き、それどころかすごい勢いでダッシュ、逃げ惑う人々にかぶりついている。噛まれるとこのモンスターになってしまうらしい。だが、モンスター化するまでの時間は各個人によって違うようだ・・・

あ、これはゾンビですね・・・?それも全力疾走型の・・
ところがこの作品では、あえてコレを「ZQN(ゾキュン)」と呼称します。

英雄(えいゆう)と書いて“ひでお”と読む漫画家アシスタントの英雄さん。
驚く暇も嘆く暇も無いまま、愛する彼女のてっこの所に戻ってみたものの、てっこは哀れZQNとなり果てていた…。
泣きながらもう一度アパートを飛び出し、ZQNウィルスが効かないかもしれないと噂の富士山を目指した英雄。彼の肩には唯一の財産である散弾銃が、隣には一緒に逃げることになった可愛らしい女子高生ヒロミちゃんがいた ―


i-am-a-hero_11c

冴えない貧乏漫画家と女子高生の物語、、みたいな落としどころではないこの作品。ZQNの造形にはかなり気合いが入っており、ZQN化した時の目の玉のあらぬ動きがとても印象的(・∀・)
それに最初にも書いたように色々なゾンビ映画へのオマージュが随所に。
いくつか挙げてみると
  icon-angle-right 死霊のはらわた
  バタリアン
   ワールド・ウォーZ
  ウォーキング・デッド
  アイ・アム・レジェンド

街中の混乱やZQNたちの団体行動は『ワールド・ウォーZ』、街から市街地に抜ける高速道路の風景、英雄の立ち姿は「ウォーキング・デッド」、何よりZQNのグロさ、雰囲気が大好きな『死霊のはらわた』なのだ!
そして一番の強者、ボスZQNの体操選手のような強さと敏捷さは『アイ・アム・レジェンド』、『バタリアン』を彷彿とさせる。

こんな楽しいゾンビ映画をごちゃ混ぜにして、その上、日本語で楽しめるという本作。今まで全く知らなかったのですが、コミックが原作なんですね。
アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)

終盤近く大勢のZQNが次々現れる決戦会場では、英雄さんの隠れていたヒーロー性が爆発するんですが、ちょっと都合良く話が進み、ぃや、それではもう既にZQNたちに取り囲まれているだろうよ、、、みたいになるものの、全体的には最後まで一気に観ることが出来て、頭がスッキリする(私だけかもしれません)

※上記の「もう既にZQNたちに取り囲まれているだろうよ」に関する考察は、以前視聴したディスカバリーチャンネルの「怪しい伝説:ゾンビスペシャル」によるものです。ゾンビと対決するには斧と銃ではどちらが有効か?などを大勢のゾンビ役とヒーローを用意して本気で検証している、とても真面目なディスカバ的ゾンビ・ドキュメンタリー。機会があればぜひ(・∀・)

 
【Amazon.co.jp限定】アイアムアヒーロー 通常版(メーカー特典:劇場公開版B2ポスター)(2Lブロマイド) [Blu-ray]