『ポンペイ』(2014) - Pompeii –

entry-image_472
思っていたとおりに話は進み、思っていたとおりに終わっていった・・・。ヴェスヴィオ火山噴火は史実なので仕方が無いとはしても、枝葉の物語はもう少し考えてもよかったのでは。とは言え、火山噴火の様子は目を見張るものがあり、迫力満点。見どころはそこだけ、かな。もう、ジョン・スノウ、、、

Pompeii_00
■ ポンペイ - Pompeii – ■
2014年/アメリカ・カナダ・ドイツ/105分
監督:ポール・W・S・アンダーソン
脚本:ジェネット・スコット・バチェラー 他
製作:ポール・W・S・アンダーソン 他
製作総指揮:マーティン・モスコウィック 他
撮影:グレン・マクファーソン
音楽:クリントン・ショーター
 
出演:
キット・ハリントン(マイロ)
エミリー・ブラウニング(カッシア)
キーファー・サザーランド(コルヴス)
アドウェール・アキノエ=アグバエ(アティカス)
キャリー=アン・モス(アウレリア)
ジャレッド・ハリス(セヴェルス)
ジェシカ・ルーカス(アリアドネ)

解説:
「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が、ヴェスヴィオ火山の大噴火によって一瞬にして火砕流に呑み込まれた古代都市ポンペイを舞台に、一人の男の愛と勇気の物語を描く歴史スペクタクル大作。主演はTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントン、共演にエミリー・ブラウニング、キーファー・サザーランド。
(allcinema)
 
あらすじ:
西暦79年。ローマ帝国のリゾート地ポンペイに連れてこられた剣闘士マイロは、道中、有力者の娘カッシアと出会いお互い惹かれあう。そんなある日、カッシアに無理矢理結婚を迫る元老院議員コルヴスがポンペイを訪れ、マイロを目の敵に。やがて迎えた8月24日。ヴェスヴィオ火山が火を噴き、街に強大な火山岩が降り注ぐ中、カッシアを助けに麓にある屋敷に急ぐマイロの姿があった ―


グラディエーター』『300』『タイタニック』 ―
これらが好きで合わせて20回は観ている、加えてドラマ「スパルタカス」も楽しんだ私めを舐めちゃいけません。何しろ、本作『ポンペイ』は噴火シーンを除くと、これらの映画で出来ているんだもん・・
 
Pompeii_20ローマ軍によって征服されたブリタニア(イギリスまたはグレートブリテン島の古称)のケルト人騎馬民族。その現場に居合わせ、民族最後の生き残りである幼かったマイロは奴隷として、また剣闘士として成長する。後に、最強の剣闘士“ケルト”として名を馳せた彼は他の剣闘士たちと一緒にイタリア、ポンペイに連れてこられる。
この道中、出会ったのがポンペイの街の有力者の娘カッシア。彼と彼女は一瞬にして惹かれ合うが、その場は別々に。マイロはポンペイの剣闘士として、カッシアは嫌いな相手コルヴスに結婚を迫られる金持ちの娘に。
 
はい、ここで既に『グラディエーター』『タイタニック』のベースが出来上がり。この後はお決まりの2人の恋路を邪魔する悪役とその手下、という展開に。
 

“マイロ”ことジャックと“カッシア”ことローズ

Pompeii_31
Pompeii_30

信頼のおける仲間がいるのもお約束
Pompeii_13 Pompeii_18
 

“キャル”ことコルヴスと“ラブジョイ”こと手下

Pompeii_11
Pompeii_12

 
この間、闘技場ではマイロを亡き者にしようとコルヴスがいろいろ画策するも失敗し、反対にますます恋する2人の絆は強まっていく。
 
闘技場での剣闘士の戦いの流れは、もうほとんど『グラディエーター』をなぞったもので、プラス『300』まで
Pompeii_19 Pompeii_15
槍を投げられれば盾で頭上を覆い、大勢の敵が攻めてくれば「プーッシュ!」と押し戻す( 300)。その後、馬に乗り有利に戦うマイロ(一応、騎馬民族出身だが、当時はまだ子供であった・・・)。
 
ま、そんなこんなしているうちに地震が起き始める。危険を察知した奴隷商人が密かに逃げ出すものの、すぐにヴェスヴィオ火山の噴火が始まる。その時、マイロは闘技場に、カッシアは意地悪なコルヴスに屋敷に閉じ込められていた( 逆タイタニック)。それを知ったマイロはカッシアを助けるためにヴェスヴィオの麓にある屋敷を目指すが、往生際の悪いコルヴスに邪魔をされ ―
 
Pompeii_26
とてもリアルだった噴火シーン。火の付いた火山岩がどんどん飛んできて建物や人々を襲う。火山灰で息も出来ないところに新たに襲うのは海からの津波。そして最後の仕上げは街を襲う火砕流。船で逃げた一部の人のみが助かった言われているのも頷ける状態だった。
人事じゃないですね。
 

キット・ハリントン
Kit_Haringtonイギリスの俳優。『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウ役で知られる。
母は劇作家であり、父方の家系において、曽祖父は第12代ハリントン準男爵、サー・リチャード・ハリントンで、数々の政治家を輩出している由緒正しい準男爵の家系である。w:Worcester Sixth Form Collegeに進学し、そこで2003年から2005年までの間に戯曲、演劇学を学んだ。 2008年に、ロンドン大学のカレッジであるセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマを卒業している。
■主な出演作
ゲーム・オブ・スローンズ(TV/2011~)
サイレントヒル: リベレーション3D(2012)
・ポンペイ(2014)
・How to Train Your Dragon 2(2014)
・Seventh Son(2015)

(Wiki:キット・ハリントン)