『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014) - Transformers: Age of Extinction –

entry-image_425
『トランスフォーマー』4作目、新たなシリーズの1作目になるのかな。安定のベイ監督節(妙なコント要素)が前3作と同じように盛り込まれつつ繰り広げられるオートボット達と敵との戦いの迫力はさすが。マーク・ウォールバーグの参加もとてもうまくいっている。でもね彼の役名が「イェーガー」なんですよ、「イェーガー
 
■トランスフォーマー/ロストエイジ - Transformers: Age of Extinction -■

Transformers4_07
2014年/アメリカ/165分
監督:マイケル・ベイ
脚本:アーレン・クルーガー
製作:ドン・マーフィ 他
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 他
撮影:アミール・モクリ
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

出演:
マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー)
ニコラ・ペルツ(テッサ・イェーガー)
スタンリー・トゥッチ(ジョシュア・ジョイス)
ジャック・レイナー(シェーン・ダイソン)
T・J・ミラー(ルーカス)
ケルシー・グラマー(ハロルド)
ソフィア・マイルズ(ダーシー)
リー・ビンビン(スー)
 

解説:
人気アクション・フィギュアを基にしたマイケル・ベイ監督による大ヒットSFアクション超大作の第4弾。主演のマーク・ウォールバーグはじめ主要登場人物に新キャストを迎え、ディセプティコンを辛くも撃退したオプティマス率いるオートボット勢と人類を待ち受ける新たな戦いのはじまりを壮大なスケールで描き出す。共演はニコラ・ペルツ、ジャック・レイナー、スタンリー・トゥッチ。また、侍がモチーフの二刀流トランスフォーマー“ドリフト”の声を日本の渡辺謙が担当。
(allcinema)

あらすじ:
シカゴの戦いから5年。CIA特殊チームによるディセプティコン残党狩りが進められる中、人類のために戦ったオートボット達は巻き込まれないように身を隠す日々が続いていた。今やどのロボット生命体も人類の敵と位置づけられていたのだ。そんな中、テキサスで修理解体を営む発明家ケイド・イェーガーは、ボロボロの古いトラックを出先で見つけ手に入れる ―


Transformers1_01トランスフォーマー』1作目から7年も経っていたとは・・!
原作もアニメも見たことがないながら、前3作品は全て映画館にヤッホ~っと通っていた管理人momorex。初めてオートボット達がトランスフォームする様を見た時の感動(あの、あまり場所を取らずにぐるぐるっと変形するところ)。
3作を通して好きなシーンはやはり1作目で、ハイウェイを疾走し始めるディセプティコン(鳥肌もの)、それを追うオプティマス。大口開けてこの2体を見上げる車の少年と母親。市街戦の大口女性のシーンも大好きだったなー。Xboxの音もお気に入り。
 
Transformers1_02ヒロインは断じてミカエラ(ミーガン・フォックス)派。
ボンネットやバイクまたがりのセクシーショットもあるけれど、このご自慢のロングヘアーを適当に束ねて、傷付いたビーに「Shot!Shot!!」と叫ぶシーンが何故か好き。
反対に、下ネタ系のコント部分はあまり好きじゃ無い。シモンズの下着姿はまだいいとして、サムの大学入学前後、母親のアレはいるか?その他、コント要員の台詞もちょっとくどいんだよなー。
 
 
Transformers4_00で、このマイケル・ベイ監督『トランスフォーマー』の独特の世界は、4作目『トランスフォーマー/ロストエイジ』にもきちんと引き継がれていて、あー、久し振りだなー、と思わず呟ける。
サムの位置づけには一人娘を大事にする貧乏な発明家ケイド。ヒロインには娘のテッサ。おまけ君としてテッサの恋人シェーン。ケイドは機械に強く、シェーンはレーサー、テッサはいい娘、とうまい具合に役割が。
その他にもケイドの親友ルーカスがコント部門としていたんだけどもね…
 
3作目のシカゴの戦いから5年。ディセプティコンのほとんどをぶちのめし左うちわのオートボットかと思いきや、、オートボットに助けてもらった恩を忘れた人類、というか人類の偉い人達はエイリアン同士の争いに地球が巻き込まれることを否として、ディセプティコン残党どころかオートボットの生き残りさえ狩りだして息の根を止めることを始めていた。
かくして、あの気高いオプティマスさえも5年前の大怪我が原因で未だ復活ならず。ラチェット死亡。当時のオートボットで無事なのはバンブルビーと新たな仲間達3体(ハウンド、クロスヘアーズ、ドリフト)だけに。
 
Transformers4_23けれども、このオートボット、ディセプティコン狩りには裏があって、それを解明、潰していくというのが今回のストーリー。ロボット生命体もどきを人間の手で「つくる」という壮大な計画に加えて、6000万年前に恐竜が絶滅した原因は実は、、、という事が発見される(初っ端に)。
ここですけどねー。コレね、結局ロボット生命体自体も地球生まれ、祖先は人類と同じ、ひいてはエイリアンも人類も皆一つというようなオチなのかなー、と思ったり。
 
今回の見どころはなんと言っても恐竜タイプのダイナボット達。
けれども映画本編だけではオートボット達との関係が分かりにくくて、パンフで調べてみたらば基本は数あるロボット生命体の一つの種族なんですね。オートボット、ディセプティコンのどちらにも属さず、それぞれきちんと名前もあってティラノサウルスタイプは「グリムロック」でダイナボットのリーダー。この種族は叡智と強大な力を持つ伝説の存在で、恐竜の他にもロボットモードの姿も併せ持っている。
こちらも同じくどこにも属さないバウンティ・ハンター「ロックダウン」に捕らえられていたところをオプティマスによって自由の身に。
 
Transformers4_20 Transformers4_25
他の見どころの一つとして驚いたのが香港の街並み。それも下町(と言っても高層ビル群のすぐ隣)にある高層アパート。もうなんか何かのSFアニメみたいにどんどん、どんどん付け足して増築して生き物のようになった建物。そこを舞台にしたアクションはボーンばりにカッコよく撮られている。
(マーク・ウォールバーグ演じるケイドは普通の市民だけど、何故銃の扱いが板に付いているのか?というような細かいことは突っ込まないでおこう。)
 
もう人間のことなぞ知ったこっちゃないわ!と怒るオプティマスに、自分たちを信じてくれ!とケイドが説得したおかげで無事に続編も作られそうなラストだったが、一つ。
オプティマスはいつ単体で飛ぶことが出来るようになったっけ
 
Transformers4_12
なんか「カーズ」みたいね。オプティマスのデザインは以前の方が良かったなー