『13日の金曜日 PART2』(1981) - Friday the 13th Part 2 –

entry-image_412
1980年第1作の正統なる続編。ではあるが、少年の頃死んだとされるジェイソンが、実は“生きていた”として登場。自分の母親を殺した前作アリスへの復讐を皮切りに、若者グループを血祭りにあげていく事で、亡き母親が為そうとした事を継承する道を歩み始める。基本的ホラーシーン全部入りってな感じで大いに楽しめましたワ。
 
■13日の金曜日 PART2 - Friday the 13th Part 2 -■

Friday_the_13th_Part2_05
1981年/アメリカ/86分
監督:スティーヴ・マイナー
脚本:ロン・カーズ
製作:スティーヴ・マイナー 他
撮影:ピーター・スタイン
音楽:ハリー・マンフレディーニ

出演:
エイミー・スティール(ジニー)
ジョン・ヒューリー(ポール)
エイドリアン・キング(アリス)
ステュー・チャーノ(テッド)
ビル・ランドルフ(ジェフ)
マーター・コーバー(サンドラ)
ラッセル・トッド(スコット)
ウォーリントン・ジレット(ジェイソン素顔)
スティーヴ・ダッシュ(ジェイソン演)
ベッツィ・パーマー(ボリーズ夫人)


解説:
殺人鬼・ジェイソンが大暴れするスプラッターホラーシリーズ第2弾。
(キネマ旬報社)
 
あらすじ:
1980年のクリスタルレイクの悲劇から5年。指導員教習のために再び、若者がクリスタルレイクに集まった。過去の惨劇は都市伝説だと面白がって話していた彼らだったが、その夜から一人、また一人と姿を消し始める ―


自分の息子が湖で溺れ死んだのは、きちんと面倒を見ていなかった若者指導員だとして、関係無い若者グループを惨殺していたボリーズ夫人。結局、最後の生き残りアリスに返り討ちに遭い死亡した。が、“実は生きていた”息子ジェイソン。母親死亡の2ヶ月後にアリスの自宅に現れて、きちんと落とし前をつけた彼。
 
ここでまず、クリスタル・レイクキャンプ場の状況を把握しておこう。

Friday_the_13th_12 Friday_the_13th_25
・1957年 ある月の13日の金曜日ジェイソン少年溺れて行方不明
・数年の間、奇怪な事件が続発し、若者2人の殺人事件も発生。キャンプ場閉鎖
・1980年 キャンプ場再開決定。準備のため若者グループ集合。
 この若者らが次々と殺されていく事案が発生。最後の生き残りアリスが犯人ママを殺害
・その2ヶ月後 アリスが何者かに殺され行方不明に

 
そう。少年ジェイソンは行方不明だったのだ。
ジェイソン・ママは哀しみのあまりキャンプ場に火事を起こしたり、毒を流したり、挙げ句の果てに若いカップルを殺害。若者や子供達で賑わうキャンプ場を閉鎖に追いやる。だが20年以上が経ち、再開決定を知ったママは復讐を囁く息子に取り憑かれたような形で再び若者らを惨殺。だが、最後に返り討ちに遭い頭部を切り落とされ死んでしまう。
 
Friday_the_13th_Part2_11それを知ったジェイソン。
ママの落ちた首を大事に祭り、まずアリスを惨殺。次に、またまたクリスタル・レイクに集まってきた若者を血祭りに。
殺されたママの遺志を継ぎ、今度はママの復讐を始める。
次々と殺されていく新・若者グループ。
殺害シーンは結構丁寧に描かれている。『サイコ』風に追い詰められるお姉さん、いきなり斧で顔を割られるお兄さん、(1作目と思い込んでいた)カップル串刺し、ついでに1作目にも登場した危険を伝え歩く自転車のお爺さんまで被害者に…。
 
Friday_the_13th_Part2_20ジェイソンらしき殺人犯は身体の一部しか画面に映らない。
車のエンジンがかからない、いきなり農作業用ビッグ三つ叉で襲われる、森を逃げ、小屋のベッドの下に隠れたはいいがネズミが登場する、ほっとしたのも束の間、後ろの窓からバリンという大音響と共に襲われる、、などなど基本ホラーシーンはてんこ盛り(これらの元祖作品はなんなんだろう?)。
前作同様、管楽器の音楽と“ッ、ッ、ッ、ッ、ッ、、、”のハミング(チョットチガウ)が緊迫感を煽る。(※1作目は“キル、キル、キル、、ママ、ママ、ママ、、”だったらしいが、今回は何でしょう
ほんわかした状況でようやく終わりだと思わせて、ドンっと返すラストも1作目を踏襲している。
 
Friday_the_13th_Part2_13ところでジェイソンですが、結果的に殺人に成功しているモノの、結構ドンクサイんですよ。
森の中では滑って転ぶし、女子を上から刺そうと乗っていた椅子が壊れてもんどり打って大コケするし、、。それに何よりまだホッケーマスクを被っておらず、目の部分に穴を一つ開けた白い布袋を被っているだけ。服装は農作業用みたいだけど、足下はピカッと光る革靴なのが何げにアンバランス。
 
森の奥深くの掘っ立て小屋で暮らしている体格のいいジェイソンは今までどうやって生きていたのか?息子が死んだと思い込んでママが復讐していた頃、彼はどこにいたのか?どうやってママの死を知り、首を手に入れたのか?どうやってアリスの自宅を知り、あの出で立ち(布袋)で町へ出て行ったのか?
・・・などなど、疑問は残る。これが「13金」だと言われれば、その通りなのだが。
 
最後にコレだけはどうなの?という点が一つ。
この映画はCS「ザ・シネマ」で鑑賞したのだが、1作目を観たときにも楽しみにしていて、2作目のシーンだと分かった例の「カップル串刺し」殺害シーン。
・・・・・映ってないじゃないですか ジェイソンが槍を振りかぶった後に続くは、血に染まった槍先が床に着地するシーン。これじゃ何が起きたか(分かるけど)分かりにくいし、こんなに楽しみにしていたはずが無い。編集されたバージョンだったのか、、とてもショックでしたデス。
コレネ↓
Friday_the_13th_Part2_26
 
 icon-arrow-right このブログの13金レビュー一覧