『MAMA』(2013) - Mama –

entry-image_395
ギレルモ・デル・トロ監督が気に入って製作したというだけあって、レトロでクラシックなホラーの中に家族の絆を描いて涙を誘う・・・。基本的にはあんまり怖くない。幽霊MAMAも最初から出ずっぱりだしね。『デビルズ・バックボーン』×「赤い蝋燭と人魚」みたいな雰囲気。あ、「ゲーム・オブ・スローンズ」のジェイミー・ラニスターが出てたよー(←あんまり関係無い)
 

MAMA_03
■MAMA - Mama -■
2013年/カナダ・スペイン/100分
監督:アンディ・ムスキエティ
脚本:アンディ・ムスキエティ 他
製作:バルバラ・ムスキエティ 他
製作総指揮:ギレルモ・デル・トロ
撮影:アントニオ・リエストラ
音楽:フェルナンド・ベラスケス

出演:
ジェシカ・チャステイン(アナベル)
ニコライ・コスター=ワルドー(ルーカス/ジェフリー)
メーガン・シャルパンティエ(ヴィクトリア)
イザベル・ネリッセ(リリー)
ダニエル・カッシュ(ドレイファス博士)
ハビエル・ボテット
ジェーン・モファット
デヴィッド・フォックス


解説:
アルゼンチン出身の新人アンディ・ムスキエティ監督が2008年に発表した短編がギレルモ・デル・トロの目に止まり、これを気に入ったデル・トロが自ら製作総指揮を務めてハリウッドで長編化したゴースト・ホラー。無名監督の長編デビュー作にもかかわらず、全米で初登場1位に輝く大ヒットを記録して大きな話題となった。出演は「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステインとTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のニコライ・コスター=ワルドー。
(allcinema)
 
あらすじ:
経済市場が悪くなる中、精神を病んで殺人を犯してしまった父親によって、冬の山小屋に置き去りにされた幼い姉妹。5年後、決して諦めずに探し続けていた父親の弟ルーカスによって2人は発見される。過酷な状況で生き延びた姉妹は医師の管理の下、ルーカスと恋人アナベルに引き取られることになったが ―


MAMA_43仕事のストレスからなのか、妻との関係がうまくいってない事からなのか、精神に異常をきたして同僚や妻を殺してしまったジェフリー。幼い娘2人を連れて泣きながら吹雪の山道をひた走る。上の娘が怖がるほどにスピードは出ており、タイヤがスリップして車が谷へと転落した。だがうまく木に引っ掛かり少しの怪我ですむ。
子供を殺して自分も死のうと考えていた彼は、森の中を歩き回り一軒の小屋を見つける。ドアには“ヘルベチア”の文字が。誰かがいるみたいだよ、と怖がる娘たちを無理矢理中に入れ、涙を流しながら娘の背中にそっと拳銃を突きつけた、丁度その時、黒い墨のような何者かに連れ去られたジェフリー。
街では事件が発覚し、父娘は行方知れずとなった―
 
MAMA_45これに続くオープニングクレジットのバックには、娘たちが描き続けた壁の絵が映る。2人が遊んでいる様子。何かを食べている様子。下の娘リリーが時折、四つん這いで歩く様子。そのうち上の娘ヴィクトリアも四つん這いに。そして一緒にいる誰かの姿。5年経ってようやく見つけられた時には2人はほぼ野生児に。
 
全財産をはたいてまでも探し続けていたのは父親の弟ルーカス(そっくりだから双子かな?)。児童心理学か何かのドレイファス博士の力を得て、ルーカスと恋人アナベルは彼女らを引き取ることに。姉妹は徐々に社会性を身につけていくが、問題はそこじゃない。あの小屋から何者かが姉妹に付いて来ていたのだった―
 
 
MAMA_23何者なのかはご想像通り、悪霊と化した“MAMA”。
この悪霊が5年の間姉妹の世話をしていたんですねー。どうして悪霊となってまで子供の世話をするのかというと、それには悲しい過去があって、このMAMAはそれを2度と繰り返さないぞ、とばかりにルーカスたちから姉妹を取り返そうとする。
最初は姉妹たちの前だけに現れていたけれど、その内、露骨にルーカスとアナベルを脅かすように。
アナベルだけど、ロックミュージシャンで子供なんか面倒くさくて大嫌い!というタイプ。でも性格はいいんだろう。恋人ルーカスの手助けをして一緒に住むことにしたし、面倒もみている。不気味な者から姉妹を守る内に、母性にも目覚めてくる。
どうして、こういうホラーでは男性は役に立たないんでしょうか。肝心な時に怪我したり、気を失ったりして 『エイリアン2』から、そう感じてる。
 
悪霊“MAMA”については、墨みたいだったり、蜘蛛みたいだったりで、造形的にはイマイチ。顔が長すぎるのかなー。生きていた頃の写真の方がよっぽど怖い。この作品にもサム・ライミ製作『ポゼッション』と同じように「蛾」が効果的に使われていて、普通なら気持ち悪いんだけど、この映画の「蛾」は優雅で綺麗。数も少ないし。けれど食べるのはどうかと思う
 
何枚か怖いの置いておきますねー。最後はあまりじっと見ない事をオススメ
MAMA_42 MAMA_37 MAMA_30 MAMA_36
 
話にひねりも無いし、全体的にもあまり怖くないホラー作品。
それでも最後に涙を誘うところはデル・トロさんらしいと思う。やだわ、最近涙もろくて
 

ニコライ・コスター=ワルドー
MAMA_25デンマークの俳優。HBOのテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のジェイミー・ラニスター役で知られる。
1989年から1993年までデンマークのナショナル・シアターにて演技の教育を受けた。ハムレットなどの舞台にたち、デンマークや北欧の映画界で活躍。のちに英語圏の作品にも参加するようになった。最初の大きなプロジェクトはリドリー・スコットの『ブラックホーク・ダウン』である。リドリー・スコットは、後にワルドーを『キングダム・オブ・ヘブン』でも起用している。

■主な出演作
・モルグ/屍体消失(1994)
・ベント/堕ちた饗宴(1997)
・エニグマ(2001)
・ブラックホーク・ダウン(2001)
・ウィンブルドン(2004)
・キングダム・オブ・ヘブン(2005)
・ファイヤーウォール(2006)
・ヘッドハンター(2011)
・ゲーム・オブ・スローンズ(2011~)
・MAMA(2013)
・オブリビオン(2013)
(Wiki:ニコライ・コスター=ワルドー)

ぁらー、『ブラックホーク・ダウン』のゴードンだって。全然、気が付かなかった。「ゲーム・オブ・スローンズ」もシーズン3になって面白くなってきたんですよねー。