『ヒューマン・レース』(2013) - The Human Race –

entry-image_345
今度は80人ですか と、斜に構えて観始めたけど、これが結構面白いんですよ。80人が一斉に目を覚ますシーンで始まらないのもいいし、人数の多さに関わらずサクサク進む感じもいい。主演の人の力強さもいい。そして肝心のラストは、ありがちでありながら新しい。この新しいの、ちょっと気に入ったわー
 

The_Human_Race_00
■ヒューマン・レース – The Human Race -■
2013年/アメリカ/87分
監督:ポール・ハフ
脚本:ポール・ハフ
製作:ポール・ハフ 他
製作総指揮:ジョン・ハフ 他
出演:
ポール・マッカーシー=ボーイントン

エディ・マッギー
トリスタ・ロビンソン
・アーサー・コッタム
ドミツィアーノ・アルカンジェリ
 

解説:
設定の奇抜さが受け、世界各国(ファンタジア映画祭/ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭/ロンドンSci-Fi映画祭/モナコ チャリティ映画祭etc)で上映、監督や助演女優は受賞にも恵まれ、映画ファンの間で話題に(amazon)

あらすじ:
見たこともない場所で突然、意識が戻った80人の人々。追い討ちをかけるように頭の中でメッセージが響き渡る。「勝者はただ一人」「矢印に外れたら命は無い」「レースは拒めない」・・。訳が分からないまま走り出した彼らだったが、ルールに沿って次々に人が死んでいく。一体これは? ―


The_Human_Race_1480人とは、また欲張りましたね~、という一ヶ所集められシチュエーション・スリラー。でも狭い部屋とか一軒家じゃないですよ。建物が建っている広大な敷地の一角で目が覚める。なんでこんな場所に?と思う間もなく、頭の中で声がする。
・勝者はただ一人
・学校、家、刑務所は安全地帯
・矢印に離れたら命はない
・二周遅れたら命はない
・草に触れたら命はない
・レースを拒めば命はない

 
その声はそれぞれ自分の声で再生され、どこから聞こえてくるのかは分からない。すると「一体、これは何?」とふらついた女の子が草を踏んじゃった → 頭がバーンっとはじけ、ソレを目撃してしまった人々は一斉に走り始める。
 
The_Human_Race_11マラソン大会が始まった。と同時に「79」という不気味な声が響く。これは生き残っている人の数・・
「78、77・・」と数が更新され、次々頭を飛ばしていく人々。だが、人は考える生き物だから、このまま最後の一人になるまで理不尽なレースを続けるわけもない。いったん集まって話し合おうとするものの、一人が裏切れば、また走り出さなくてはならない。二周抜かされれば、頭が飛ぶからだ。じゃあ、最後の一人になるために倒れるまで走り続けるのか?いや、他にも方法はある。最後の一人になるまで弱い者から殺していくという手が― 

  

The_Human_Race_16一体ここはどこで、誰がこんな事を?という事を考える暇も与えず、走らされる人々。数がどんどん減る中、対策を皆で考えようとするも、体力のある者は抜け駆けを考える。素行の悪い者は殺人を考える。そんな状況が続くあまりに人間性が変わってくる人もいる。
友人と一緒に拉致された人もいる中、最後に残る一人は誰なのか?という事と同時に存在する「誰がなぜ」という疑問。
しかしご安心下さい。謎は(ある程度)解明されます。

 
 
 
 
 

【以下、ネタバレです】

 
 
 
 
 
 
酷いよねー、これ、神父さんが言っていたように神様が開催したゲームですよね。天使と人間でそれぞれ一人勝者を決めて戦わせ、最終の勝者を決める、っていうゲーム。
 
The_Human_Race_33 The_Human_Race_36 The_Human_Race_39
 
と、思いきや、あの地に浮かぶ二つの天体(日本版ジャケ写はネタバレしすぎ)。どう見てもあそこが地球じゃないことが分かる。白い光に包まれて空に浮かぶ物体に拉致されたことから、もしかしてラスボスは宇宙人?ぃや、神や天使は実は宇宙人だった?、と色々な解釈が。
そしてまた新たな地に飛ばされた最後の人間(元兵士。きっと特殊チームの一員だね)は、新たなルールの下、新たな戦いへ。この人はいつまでこのゲームに付き合わされるのだろうか?
頑張れ 杖の人
 
それにしても、あんな凶悪な風貌の天使を初めて見た。なんか惹かれる・・・