『フローズン・グラウンド』(2013) - The Frozen Ground –

entry-image_333
今度のニコラス・ケイジは“タフな良き人”刑事バージョン。対するジョン・キューザックは一見地味な中年だけど、実は連続殺人鬼という役どころ。刑事のケイジが心のねじ曲がったキューザックを追い詰めていく様子が見どころだけど、ドンパチも無い、爆発も無い、刑事の地味な捜査で突破口を開く様は、観ていて案外感動する。ぁっ、これは実話です。
 

The_Frozen_Ground_00
■フローズン・グラウンド – The Frozen Ground -■
2013年/アメリカ/105分
監督:スコット・ウォーカー
脚本:スコット・ウォーカー
製作:マーク・オーデスキー 他
製作総指揮:ジョージ・ファーラ 他
撮影:パトリック・ムルギア
音楽:ローン・バルフェ

出演:
ニコラス・ケイジ(ジャック・ハルコム)

ジョン・キューザック(ロバート・ハンセン)
ヴァネッサ・ハジェンズ(シンディ)
ディーン・ノリス(ホーグスベン巡査部長)
ラダ・ミッチェル(アリー・ハルコム)
50セント(クレイト)

解説:
凍てつく冬のアラスカを舞台に、80年代に全米を震撼させた実在の連続猟奇殺人犯とその逮捕に執念を燃やす地元警察官の息詰まる攻防を描いたクライム・サスペンス。主演はニコラス・ケイジとジョン・キューザック、共演にヴァネッサ・アン・ハジェンズ。監督は本作が長編デビューのスコット・ウォーカー。(allcinema)
 
あらすじ:
1983年、冬のアラスカ。モーテルで拘束され半狂乱の娼婦シンディが警察に保護される。彼女は客に暴行を受けた上、殺されそうになったと訴えた。だが、その客ボブ・ハンセンはベーカリーを営む模範的な市民であったため、市警は簡単な捜査で終わらせて事件化を見送る。同じ頃、身元不明の女性の遺体が次々と発見され、州警察のハルコムはシンディの件と関わりがあるのではと疑いを持ち始めるが ―


The_Frozen_Ground_16実話ベースということもあって、派手でヘンな脚色はほとんど無い。刑事の地味ーな、足を使ったお仕事が紹介される。とは言え、ササッと見渡して「こりゃ、無いな」では狡猾な犯人は捕まえられない。特に今回のようにアイツが犯人だと分っているのに物的証拠が無いがために起訴出来ないとなれば、なおのこと。捜査は犯人が分らない場合と同様、困難を極める。それでも執念を持って食いつき、決して捜査を諦めないのは、可哀想な被害者のためなのだ。
 
執念の刑事はアラスカ州警察の部長刑事ジャック・ハルコム。2週間後に退職予定だったのに、連続殺人事件の捜査にあたり抜けられなくなる。
 
The_Frozen_Ground_26そして“アイツ”こと本作の連続殺人鬼はロバート・ハンセン。ベーカリーを経営する、妻子ある普通の中年男。この殺人鬼の元から逃げ出すことが出来たシンディが犯人だと断定したのに、地元の市警は、この男のあまりの普通さに立件しなかった。シンディが娼婦であることも理由だった。
 
娼婦と言えば、、
この映画を観て、アラスカに娼婦がたくさんいることに驚いた アラスカと言えば北極の隣かえ?ぐらいの間違った認識しか無く、、ホラー映画『30デイズ・ナイト』の冬が来たら移動するというイメージがあったもので..(『フォース・カインド』もそうらしいですね)。
というわけで、男達や娼婦がたむろする歓楽街の映像に驚いたわけです。
 
The_Frozen_Ground_22こんな場所があれば家出した少女や娼婦狙いの殺人鬼も出没する、と。
この映画の殺人鬼ロバート・ハンセンが一体、何名の女性をその毒牙にかけたかは正確には分らない。自宅に残されていた1枚の地図に付けられていた印は21。この21ヶ所に遺体が埋められていると考えられたが、全て見つけることは出来なかった。
ハンセンはターゲットを街で拾っては軽飛行機で人里離れた小屋に連れて行く。拘束した被害者を陵辱後、森に放って泣いて逃げる女性をライフルで射殺。そして埋めた。
連続殺人鬼にありがちな戦利品である被害者の宝石なども大事に持っていたハンセン。どうして彼らは同じような行動を取るのか。作品の中でチラッと出てくるが、FBIが出した犯人のプロファイルはハンセンにピッタリ合っていた。恐るべし
 
 
映画を観るまであまり気にならなかった「フローズン・グラウンド」というタイトル。観終わってから実はゾッとするタイトルだったことに気が付いた。