『サベイランス』(2008) - Surveillance –

entry-image_303
あーー、、これは、ヤラレタなー ボヤボヤしてたら、すっかり騙されたー。冒頭のいかにも父親リンチ的な不気味な殺害現場、下着のまま逃げる被害者、一癖も二癖もありそうな登場人物達、FBI対地元警察。リンチ一家の映画ならFBIを応援するに決まってる。頑張れー、捜査かーん!― 冒頭10分で罠にはまっているとも知らずに…
 

Surveillance_movie2008
■サベイランス - Surveillance -■
2008年/カナダ/98分
監督:ジェニファー・リンチ
脚本:ジェニファー・リンチ、ケント・ハーパー
製作:ケント・ハーパー 他
製作総指揮:デヴィッド・リンチ
撮影:ピーター・ウンストーフ
音楽:トッド・ブライアントン

出演:
ジュリア・オーモンド(ベス・アンダーソン)
ビル・プルマン(サム・ハラウェイ)
ペル・ジェームズ(ボビー)
ライアン・シンプキンス(ステファニー)
ケント・ハーパー(ベネット巡査)
マイケル・アイアンサイド(ビリングス署長)
フレンチ・スチュワート(ジム・コンラッド)
ギル・ゲイル

解説:
奇才デヴィッド・リンチの娘で「ボクシング・ヘレナ」以来の長編メガホンとなるジェニファー・リンチ監督が父の製作総指揮のもと手掛けたサスペンス・スリラー。不可解な連続殺人事件を追う2人のFBI捜査官が、3人の生存者たちの三者三様の証言によって真実と虚構の狭間を迷走しながら事件解明に挑むさまを描く。主演は「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」のジュリア・オーモンドと「インデペンデンス・デイ」のビル・プルマン。(allcinema)
 
あらすじ:
サンタ・フェの田舎町で起きている凶悪な無差別連続殺人事件。捜査に乗り出したFBI捜査官アンダーソンとハラウェイは3人の目撃者を保護している地元の警察署に赴く。早速、事情聴取を始めた2人だったが、三者三様のバラバラな証言に捜査は難航し ―


Surveillance_movie2008田舎町で起きている残忍な連続殺人事件。その事件現場にたまたま居合わせ、生き残った3人を保護したとの連絡を受けてFBI捜査官アンダーソンとハラウェイが地元警察に向かった。犯人の手がかりも得られないまま数ヶ月捜査していたところだったのだ。
 
冒頭にこの2人組殺人犯の犯行の様子が描かれる。夜中に家に忍び込み、寝入っている夫婦をいきなり襲う2人。不気味なマスクを被り、ナイフで何度も刺す時も、逃げた妻をライトで照らして車でゆっくり追いかける時も、じっくりその感覚を楽しむ根っからのサイコキラー。笑い声さえ聞こえてくるようだ。
 
早速、3人の目撃者を別々の部屋に入れ、地元の警察官の力を借りて証言を取り始めたFBI。
その3人とは

Surveillance_movie2008ベネット巡査(手前)
この時、相棒を殺され、自身も怪我を負った。
2人は長年の相棒だが、あまり事件の起きない田舎の巡回で暇を持てあまし、通りがかる車のタイヤを銃で撃ってはパンクさせ、取り締まりに見せかけて金を奪うという悪徳警官。この日も同じような事をやっていて、事件現場に居合わせることに。
それらの行いを隠して証言するものだから、話に辻褄が合わなくなってくる。

Surveillance_movie2008ボビー
恋人共々、コカイン中毒。
この日もいつもと同じように売人からクスリを買って、2人で楽しみながら車で移動していた。そこをベネット巡査達にパンクさせられ、職質を受けた上に嫌がらせを受ける。その後、犯人達に襲われた。
事情聴取では、その日の行動を全て聞かれたが、間にはさまるクスリ関係のことを省いて他のことに置き換えるものだから、ヤク中と分かっている捜査官側にはますます怪しく見える。

Surveillance_movie2008ステファニー
家族旅行中だった少女。母親は再婚したばかりで父親は継父。道中、血の付いた白いワゴンを見かけ両親に訴えるも相手にされていない。
同乗の兄と退屈してきたところで、タイヤがパンク。ベネット巡査達に嫌がらせを受ける。この時、後ろにはボビーの車も止められていた。この後、犯人の襲撃を受け、家族全員惨殺。ショックで何も話せなかったが、絵を描いて訴える。

 
日頃の罪を隠し、嘘で固めた証言をするため、いかにも怪しく思える大人2人。目撃者の少女はまだ幼くショックできちんと話せない。事情聴取も行き詰まってしまったところに、新たな死体が発見されたと報が入る。アンダーソンを現場に行かせたハラウェイは、3人を前にして大きな賭に出た―


 
ここからの展開に、心底ビックリした。
リンチっぽい描写で始まり、いかにも訳ありだったり怪しげだったりする登場人物達。それでも他に犯人はいるのではないか、と思っていた矢先だったから、やられました。キャスティングも完璧すぎる。もっと単純に、純粋な目で見なくてはいけなかった。これでは、とてもFBI捜査官にはなれないな、と深く反省したのでした。
 
BOXING HELENAジェニファー・リンチ監督は、ホントに色んなタイプの映画を撮られますね。前に観た『スピーシー・オブ・コブラ(2010)』はコミカルとも言うべきモンスターものだったけど、むかーし観た『ボクシング・ヘレナ(1993)』は噂通り衝撃的な内容と展開だった。もう一度、観たいと思うんだけどレンタルもしてないし、CSなんかでも放送しそうに無いよねー。あー、観たい・・・