『正体不明 THEM (ゼム)』(2006) - Ils –

entry-image_296
森の中に建つ一軒の大きな古い屋敷。正体の分からない人影が家の外に、そして中へ。彼らは明確な殺意をもって夫婦にじわじわと襲いかかってくる。田舎の大きな家に住みたいなー、と常々思っていたけれど、無意味に広いのは駄目ですねー。掃除も大変そうだし..
 
Ils_05
■正体不明 THEM (ゼム) - Ils -■

2006年/フランス・ルーマニア/77分
監督:ダヴィド・モロー、ザヴィエ・パリュ
脚本:ダヴィド・モロー、ザヴィエ・パリュ
製作:リシャール・グランピエール
製作総指揮:フレッド・ドニギュアン
撮影:アクセル・コスネフロワ
音楽:ルネ=マルク・ビニ
出演:
オリヴィア・ボナミー(クレモンティーヌ)
ミカエル・コーエン(リュカ)
 
解説:
実際にルーマニアで起こった実話を基に描くフランス製戦慄ホラー。ルーマニアで林の中の静かな屋敷に暮らし始めたフランス人夫婦が、ある夜突然正体不明の集団に襲われ、暗闇の中で決死のサバイバルを繰り広げるさまを描く。
(allcinema)

あらすじ:
ルーマニア、ブカレスト郊外。森の中の屋敷で暮らし始めたフランス人である教師クレモンティーヌと夫で作家のリュカ。充実した幸せな毎日を過ごしていたが、ある夜、屋敷の周りに不審な気配を感じ ―


Ils_15森の中の古いお屋敷に住む夫婦。この屋敷が鬼ごっこが出来るほど広い。フランス人学校の教師である妻と作家の夫はフランス人で、この屋敷を借りているのかな。夫婦2人だから使っているのはリビング、キッチン、寝室くらい。
で、週末になりまったりと古い映画などを観た後、就寝したが、何かの気配に目を覚ました妻クレム。時間はAM3:45。屋敷の周りの人の気配に夫リュカを起こし外を確認すると、玄関前に停めたはずの車が離れた場所に移動している。
ここで警察に連絡すればよかったのに、リュカは単身、確認するため屋外に。この時点で夫婦の運命は決まってしまった。
 
Ils_22車には誰かが乗っており、家の周りにも複数の人の気配。慌てて玄関の鍵を閉めたが、この屋敷は広い。侵入できる箇所はいくらもあった。やがて電気のブレーカーを落とされ、屋敷に侵入してくる何者か達。2人は寝室に逃げ込み扉の鍵を閉めたが、電話線まで切られてしまった。ガンガン音を鳴らし扉を開けようと攻撃してくる侵入者。クラムは屋根裏部屋に上がり、なんとか脱出への道を探すが―

 
 
Ils_14襲撃者は影が映るばかりで、その正体が分からないまま夫婦が逃げ惑う。作りものの映画なら夫婦は反撃しハッピーエンドもあるだろう。が、これは実話ベースの物語。日頃、暴力に無縁の人間は、危険を避けてなんとか逃げ延びようとするだろう。
怪我をしたリュカは妻を敷地の塀の外の森に逃がし、助けを求めるように頼むが、襲撃者達はこのあたりの土地に詳しい。森は彼らの庭と一緒で、なんなく妻を追い詰める。
 
襲撃者の正体は何者なのか。このあたりを熟知する地元のギャングか、それとも浮浪者なのか。まさか、正体不明なまま終わらないよねー、と観ていたら、ラストに衝撃の事実が
2人が追い回されていたシーンよりもゾッとした、このラスト。実際の警察発表も明かされますよ。