『バスケット・ケース』(1982) - Basket Case –

entry-image_266
まだ観たことがなかった『バスケット・ケース』。クローゼットに潜む悪魔的な、サム・ライミ監督『ポゼッション』的なものだと長い間、勝手に思っていた。・・・全然違っていた..。絆の強いシャム双生児が、切り離されたことを恨んで巻き起こす大騒動。キモカワ系の兄がB級カルト・ホラー全開だけれど、どこか悲しい気分も味わえる。
 
BasketCase_00
■バスケット・ケース - Basket Case -■

1982年/アメリカ/93分
監督:フランク・ヘネンロッター
脚本:フランク・ヘネンロッター
製作:エドガー・レヴィンズ
撮影:ブルース・トーベット
音楽:ガス・ラッソウ
出演:
ケヴィン・ヴァン・ヘンテンリック
テリー・スーザン・スミス
ビヴァリー・ボナー
ロバート・ボーゲル

解説:
異様な兄弟の絆と悲劇を描くカルト・ホラーの傑作。アメリカではミッドナイト・ムービーとしてロング・ランを記録した。全編を通しての異様なムードにチープな作りがマッチしたインディペンデント作品で、未見のホラー・ファンは必見である。特に自らの性的欲望をはたせない兄の絶叫はゾッとするものがある。
 (allcinema)
 
あらすじ:
シャム双生児のドゥエインとベリアルは、自分たちを無理矢理切り離した医者達に復讐を果たすためニューヨークに出てきた。場末の安ホテルに泊まり宿敵の居所を探すドゥエイン。しかし兄ベリアルが暴走し始め-


BasketCase_15目に見えぬ何かに追い詰められ、その姿を見たときにはもう逃れることは許されず、残虐に殺される医師―。
おー、これはモンスターものか?とのんきに観始めた管理人momorex。次のシーンで巻き髪のお兄さんがなんでニューヨークを(サタデー・ナイト・フィーバーのトニーみたいに)闊歩しているのか しかし、よく見るとこのお兄さん、俯き加減でとぼとぼと歩いており、今にも倒れそう。そして妙なことにその手には大きなバスケットケースが大事に抱えられていた。結構、新しめの綺麗な籐で作られたバスケットケース..

いやいや、ホラーでバスケットケースなら、もうちょっと古くさい時代がかった物が出てくると予想していたが、ほんとこれはお兄さんがホテル支配人に説明していたように衣類入れにしか見えない。しかし!これがまさかまさかの「バスケットケース」だったのだ。
 
BasketCase_11いや、ビックリしました。シャム双生児ものだと知らなかったから、殺人モンスターに人間みたいな顔があって。その上、弟のドゥエイン(歩いていたお兄さん)とテレパシーで話すことも出来る兄ベリアル。
弟の身体に埋め込むように上半身のみを持っていた兄は、嫌っていた父親の考えで弟から切り離され、ゴミ袋に入れて捨てられた。まだ生きていた兄を弟は拾い上げ、この手術に関わった者達への復讐を誓う兄弟。
 
上半身だけで、切り離されたところを処置もされなかったのに、よく生き延びたな、とか、大食漢なのにどこから排泄するのか、などは、この際考えない。兄は見た目は小さくグロテスクだけど知性も感情も持ち合わせ、双子であるからなのか、弟の考えを読みテレパシーで語りかける(こう見えても結構おしゃべり)。

BasketCase_13こんな兄がニューヨークの安ホテルの小さな部屋で暴れ回るものだから、ホテルの住人達は大騒ぎになる。が、正体は分からない。せっかくうまく隠れているのに、兄をいさめる弟の声が大きくて、薄い壁の向こうに聞こえるんじゃないか、とビクビクしたわ、全く。兄弟のやっていることは酷いことなんだけど、事情が事情だから、同情的にはなる。殺される面々も嫌なヤツだったしね。
これまでうまく共生してきた二人だったが、お互い違った理由で自由がきかなくなり我の衝突が起こり出す。そして悲劇的な結末を迎える―
んだけど、なんかあっという間だったので、どうしてそうなった感が。
 
切り離された兄は醜く歪んだ身体と不揃いな指のある腕だけの身体だけど、その瞳には知性と悲しさが宿っており、奇妙なアンバランス感がある。いかにもゴム製に見えることもあるけど、人が演じているのかな、と思えるシーンもあって、いろいろな意味で見所が多かった。
悪魔的、オカルトものかと思っていたから面食らったが、「シャム双生児」ということも知らなかったので結構楽しめた。なのに、このレビューでさんざん書いちゃったね。テヘ
 
 バスケットケース [Blu-ray]