『ワールド・ウォーZ』(2013) - World War Z –

World War Z_08s
ブラッド・ピット主演、ゾンビパニック・アクション作品。久しぶりに映画館に行ったよー。数ヶ月前に初めてこの作品の予告編を見て楽しみにしてたんですよねー。ゾンビとの真っ向勝負系かと思ってたけど、どちらかというと、この先、どうやって人類が生き残るか、という冷静な目を通した希望に繋ぐ物語だった。暑い夏、ゾクッと怖がれるホラーと思って観に行くと肩すかしをくわされる。とは言え例のあのシーンは見応えがあったわー。です。
 
World War Z_2013
■ワールド・ウォーZ – World War Z -■
2013年/アメリカ/116分
監督:マーク・フォースター
脚本・原案:マシュー・マイケル・カーナハン 他
原作:マックス・ブルックス「WORLD WAR Z」
製作:ブラッド・ピット 他
制作総指揮:デヴィッド・エリソン 他
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:マルコ・ベルトラミ
出演
ブラッド・ピット(ジェリー・レイン)
ミレイユ・イーノス(カリン・レイン)
アビゲイル・ハーグローヴ(レイチェル・レイン)
スターリング・ジェリンズ(コニー・レイン)
ファナ・モコエナ(国連事務次長ティエリー)
ジョン・ゴードン・シンクレア(SEALのリーダー)
マシュー・フォックス(SEALの兵士)
ダニエラ・ケルテス(イスラエル国防軍兵士セガン)
 
解説:
謎の疫病の発生を契機とした人類とゾンビの全面戦争の顛末を綴ったマックス・ブルックスの世界的ベストセラーをブラッド・ピット主演で実写映画化したパニック・アクション超大作。感染者が爆発的に増大し、世界中に混乱が拡がる中、事態の究明を託された元国連捜査官の主人公が、ワクチン開発のために各地を飛び回る中で目の当たりにする惨劇の一部始終を圧倒的スケールで描き出す。監督は「ネバーランド」「007/慰めの報酬」のマーク・フォースター。
 (allcinema)
 
あらすじ:
フィラデルフィアに住む元国連職員ジェリーは家族と車で移動中、街の中心で交通渋滞にはまってしまう。様子を見るうち、街の奥から怒号、悲鳴と共にゾンビと化した人間が人々を襲う現場を目撃、家族とともにパニックに陥る街を逃げ惑う。そんな中、元上司の国連事務次長ティエリーから携帯に連絡が入り、ヘリコプターで救出されるが-

 


World War Z_2013速い速い!もうすごい運動能力の、8秒/100mくらいの勢いで追いかけてくるゾンビ。その目的は人間に食らいつき食べること。噛まれた人間はなんと12秒でゾンビ化、すぐに人の肉を求めて走り出す。たった1人のゾンビが2人に、10人に、100人に、1000人になるのは、あっという間だった。
政府、その他の疫病センターなどから、なんの発表も無いまま、この惨劇を目撃することになったジェリー一家。人々が次々にゾンビ化するパニックの中、フィラデルフィアの街を逃げ惑う。
 
ある家族の日常から、車で出た街でいきなり始まりました。
テレビでは他所の国で何か不明な伝染病が流行っている、というニュースが流れているも、取りあえず自分たちには関係ないかと感じる、あの人事感。しかしこの病は、各国政府が手をこまねいている間にあっという間にアメリカに上陸。一般市民が気がついた時には、目の前にがんがん増殖しながら迫ってくる事態に。ジェリーの住むフィラデルフィアに広がった時には、アメリカの各都市が壊滅状態になっていた。
 
World War Z_2013しかし発生源が分からない。とにかく伝染病が起こったときには発生源を突き止め、「最初の一人」がどうして最初になったのかを調査しないことには、手立てが取れない。ようするにワクチンを開発できない(らしい)。
そこで、かつて国連でそういった仕事に従事していたジェリーの携帯に元上司の国連事務次長ティエリーから連絡が入る。家族を含めて街から救出するから、また仕事を頼みたいと。
家族のそばにいて守らないといけないからと一旦は断ったジェリーだったが、発生源を突き止め対策を取ることこそが家族を守ることになると説得され、受けた彼。
ここから彼の発生源を求める長い旅が始まる。
 
World War Z_2013いきなり始まったゾンビパニック(ホラーでは無い)は、ここから人類の生き残りをかけての地道な調査物語になる。手がかりを求めてアジア、中東を駆け巡るジェリー。とは言えどこもゾンビがあふれ、生き残った少しの人間が戦いを続けており、移動もままならない。とにかく凶暴で、噛まれたら最後、たった12秒でゾンビ化するから、まず普通の人は助からない。音に反応し、歯をガチガチ鳴らせながら迫ってくるゾンビを倒すには、頭を銃で撃つ、つぶすなどするしかない。このあたりは、よくあるゾンビと同じ設定だが、本作はゾンビ一人一人の造形にはあまりこだわりが無く、一人一人というよりも大群になった時の恐ろしさを描いている。それがあの予告編で目を引きつけられたシーンですね。
ドゥーン、ドゥーンという地響きのようなBGMの中、高い高い壁にまるで高波か、土石流の逆流のようにすごいスピードで積み重なっていくゾンビ。それは遠目に見るとまるで悪い細胞が大きくうねり、身体の中で波打っているようだ。新しいゾンビの誕生ですねー。
 
胸が引き裂かれる思いで家族の元を出発したジェリー。頑張って人類の希望を手に入れてくれ!

 

 icon-film 監督マーク・フォースター
Marc Forsterドイツ出身の映画監督。
初めて映画館で観た映画は、フランシス・フォード・コッポラの『地獄の黙示録』であった。12歳であったが『地獄の黙示録』を観て熱中し、将来の夢として監督を挙げている。1990年に20歳で渡米。ニューヨーク大学で3年間映画制作を学んだ。
 
■主な監督作
 ・チョコレート(2001)
 ・ネバーランド(2004)
 ・スウェー★ニョ(2005)
 ・ステイ(2005)
 ・主人公は僕だった(2006)
 ・君のためなら千回でも(2007)
 ・007 慰めの報酬(2008)
 ・LX Forty (2009)
 ・マシンガン・プリーチャー(2011)
 ・ワールド・ウォーZ(2012)
 

 

World War Z_24奥さん役のミレイユ・イーノスはアメリカドラマ「THE KILLING ~闇に眠る美少女」で主役の刑事役の人。このドラマは殺された少女の両親、捜査する刑事の葛藤に、犯人は誰か?というサスペンスが伴ってとても面白い。オススメですよ。
  icon-arrow-right   THE KILLING ~闇に眠る美少女


 
 
そしてブラッド・ピットは髪が短い方がいいナ・・
ではまた