『ヘンゼル & グレーテル』(2013) - Hansel and Gretel: Witch Hunters –

Hansel and Gretel_Witch Hunters_01s
最近、グリム童話の映画やドラマをよく見かけると思ったら、「グリム童話」初版第1巻が1812年に発行されたということで200周年記念関連なんですね。なるほど。ということで、この「ヘンゼルとグレーテル」は時代こそ中世だけど、完璧なモンスター退治・グロありアクション作品。残酷といえども童話原作だからとのほほんと観始めたのは大間違いだった。
 
Hansel and Gretel_Witch Hunters_00
■ ヘンゼル & グレーテル -Hansel and Gretel: Witch Hunters- ■

2013年/アメリカ/88分
監督:トミー・ウィルコラ
脚本:トミー・ウィルコラ、D・W・ハーパー
製作:ウィル・フェレル 他
制作総指揮:デニス・L・スチュワート
撮影:マイケル・ボンヴィレイン
音楽:アトリ・オーヴァーソン
音楽プロデューサー:ハンス・ジマー
出演:
ジェレミー・レナー(ヘンゼル)
ジェマ・アータートン(グレーテル)
ファムケ・ヤンセン(ミュリエル)
ピヒラ・ヴィータラ(ミーナ )
ピーター・ストーメア(ベリンジャー保安官)
トーマス・マン(ベンジャミン)
デレク・ミアーズ(エドワード)

解説:
全米初登場No.1!!話題騒然のダーク・アクション超大作。 誰も知らない、衝撃の「ヘンゼル&グレーテル」が誕生!
 (公式サイト:ヘンゼル & グレーテル)
 
あらすじ:
森に置き去りにされたヘンゼルとグレーテルがお菓子の家の魔女を退治してから15年。大人になった兄妹は魔女ハンターとして有名になっていた。そんなある日、子供の失踪が続く村から事件の解決を依頼された2人は、村へと出向き調査を開始する。しかし2人を待っていたのは、村にある深い森に巣くう黒の大魔女ミュリエルだった-

 


Hansel and Gretel_Witch Hunters_2013お菓子の家の魔女を退治してから15年。親に捨てられたという暗い過去を持ちながらも、ウィッチ・ハンターとして成長したヘンゼルとグレーテル。魔女に悩む国中の村や町から呼ばれて、兄妹ならではの絶妙なコンビネーションで既に数百人の魔女を血祭りにあげていた。
今回、お呼びがかかったのはアウクスブルクという小さな町。10人以上の子供の失踪が続き、どうやら魔女による誘拐ではないかと考える市長に雇われた。しかしそこには、とにかく自分の力を誇示したくて、罪もない女性を捕まえてきては火あぶりにしようとする保安官がいたりして2人の邪魔をする。
それでも2人は森の案内人ジャクソンの力を借りて森に入り、いかにも魔女が住んでいそうな怪しい小屋をしらみつぶしに捜索していった。なかには戦いを挑んでくる魔女が住んでいたりするも、今回の誘拐には関係していなかったり。
 
Hansel and Gretel_Witch Hunters_2013魔女にも牛系、蛇系、カエル系などがおり、どれも見た目がおどろおどろしい。それに強い。
この捜索中に見つけた魔女も、箒というより太い曲がった枝のような物で空を飛ぶわ、何か得体の知れない物を投げつけてくるわ、足も速いし、すばしこくジャンプ力もすごい上、腕力も強い。
ヘンゼルとグレーテルも武器を持ってはいるが魔女ではないので、この2人の仕事はあくまでも肉弾戦による体力仕事なのだ。だから高い報酬を得る。

そんな中、ようやくグレーテルは手がかりのような物を発見。それは「血の満月」と呼ばれる月食の夜に行われる魔女の儀式についてであった。それは12人の子供を生け贄としてある儀式を行えば、「火」に放り込まれても燃えない身体を手に入れられる、というものだった。
魔女と言えば火刑。この火刑でたくさんの仲間を失ってきた魔女達。そしてこの全てを企んでいたのは「黒の大魔女」ミュリエルだった。世界中の魔女が集まる「血の満月」の夜はすぐそこに近付いていた-
 
魔女が集会を行うサバトと言えば「ヴァルプルギスの夜」。
「血の満月」ってこのことか?、と思っていたら違いました..
Hansel and Gretel_Witch Hunters_2013ヴァルプルギスの夜は古代ケルトの時代から行われていた5月1日のお祭りの日の前夜のこと。伝承によれば魔女たちがブロッケン山で大規模な祭りを催して、春の到来を待つという。南ドイツの田舎では、ヴァルプルギスの夜に若者たちが悪ふざけをする文化が残っていると言う。

対して「血の満月」=月食は年に数回ある現象なので、年1回のヴァルプルギスの夜に比べて、魔女達にとっては儀式をするチャンスが多いな。
そして、この月食の夜、世界中の魔女達が箒に乗って集まってくる。
昔の貴婦人風、アバンギャルド風、SM風、片目を縫い付けられた魔女、のどに大きな腫瘍がある魔女、片腕が無い、シャム双生児、小人、顔が溶けてる?などなど、危ない表現ながらも結構、見応えあり。そして彼女らを取りまとめるのが大魔女ミュリエル。さて儀式は無事に執り行われるのだろうか?


 
2013年4月に公開予定とされながら結局公開中止となりDVDスルーになった本作。どうしてだ?と思っていたけれど観てみて納得。原作の残酷童話をよりいっそう残酷グロ描写に楽しく描かれ、クリーチャーかと思えるような魔女もいっぱい出てくる。子供向けのタイトルでありながら、大人向け。しかし大人が観るには少し物足りない感じもある。とはいえ、今をときめくジェレミー・レナーやジェマ・アータートンが出演し、音楽プロデューサーにはハンス・ジマーが名を連ねる(ハンス・ジマーと言えば『グラディエーター』ですねー)。
などなどでターゲット層を絞りにくかったのかな、と思われる。
最近、『ヘンゼルとグレーテル おそろし森の魔女(2013)』というのも観たけれど、こっちは現代が舞台だけど内容はほぼ原作に沿っており、比べものにならないほど大人しい内容だった。
 
本作は頭が飛んだり身体が爆発したりしますんで、間違ってもお子様と一緒に観ないようにお気をつけを。
ではまた