『リトリート・アイランド』(2011) - Retreat –

孤島で休暇を過ごす夫婦の前に、あるとき軍人だという男が漂着し、外界では死の伝染病が蔓延していると語り出す。限定したシチュエーションで展開する心理スリラー

■リトリート・アイランド - Retreat -■

Retreat

2011年/イギリス/90分
監督:カール・ティベッツ
脚本:カール・ティベッツ、ジャニス・ハレット
製作:ゲイリー・シニョール
撮影:クリス・シーガー
音楽:イラン・エシュケリ

出演:
タンディ・ニュートン(ケイト)
キリアン・マーフィ(マーティン)
ジェイミー・ベル(ジャック)
ジミー・ユール(ダグ)

解説:
他に誰もいない孤島で、実質3人の登場人物が繰り広げる心理スリラー。島に漂着した軍人だという男は、世界中で恐るべき伝染病が蔓延していると語るが、果たしてそれは真実なのか、妄想なのか。無線も通じない中、バカンスを過ごしていた夫婦は彼を信じるかどうかを迫られる。主演は「28日後…」「インセプション」のK・マーフィ、「M:I-2」のT・ニュートン。軍人役で「リトル・ダンサー」の元子役、J・ベルが共演。

WOWOW

あらすじ:
都会の喧噪を離れ、夫婦の絆を再確認するため、太平洋に浮かぶ孤島へ休暇にやって来たマーティンとケイト夫妻。本土との連絡手段は無線だけという環境の中、ある日、怪我をした若い兵士が倒れていることに気がつく。
その男をコテージに入れ介抱するが、目を覚ました男はとんでも無いことを夫婦に告げる。島の外の世界は致死性の伝染病が広がり、大パニックが起きている。最後の砦はこの島だけだと-


Retreat

数年ぶりに孤島のコテージにやって来た建築家マーティンとジャーナリストのケイト夫妻。少し前に流産を経験した夫婦は、うまく乗り越えることが出来ず、2人でじっくり向き合うためにこのコテージへと休暇に来た。この孤島には他に住む者はなく、連絡手段は無線があるのみ。孤島への往復はコテージオーナーの親切なダグの船だ。

夫婦は、絆を修復するために2人だけの世界で努力を始めるが、なかなか噛み合わない。

そんなある日、若い男が倒れ込むのをコテージの窓から目撃したケイト。あわてて夫のマーティンに声をかけ、走り寄る。男は兵士の格好で頭から血を流し、気を失っていた。しかしここはダグの持つ孤島のコテージ。誰かが急に来ることなどありえない場所だった。

Retreat

訝しいながらも、血を流す男をコテージに運び入れ介抱する。ダグに無線で連絡しようとするが、無線の調子が悪く繋がらない。男は何で島へ来たのか調べたが、船も見あたらない。ふと見ると男のズボンには銃がさしてある。その銃をなんとか摘み上げ、夫婦の寝室に隠す。
-そして、男の目が覚めた。

血を流す若い兵士が口にしたことは、にわかには信じられないような事だった。
致死性の感染症が世界に広まり、世界中がパニックに陥っている。自分は軍の任務の途中で事故にあい、命からがらここに辿り着いた。この島に他の人がいないのであれば、この島はまだ汚染されていない。ここが人類の最後の砦だと-。

    

流産をきっかけに夫への信頼感を失った妻と、なんとか関係を修復しようと努力する夫。いつ爆発してもおかしくない状態の危機的な夫婦のやり取りにはらはらしているところへ、いきなり現れた怪我をしている若い兵士。初対面の彼の衝撃的な話はとても信じられるものではない。
兵士の態度は次第に傲慢になり、夫婦にとっては世界の感染症よりも、この危険人物からどう命を守るかが大事になってくる。いずれ感染症にかかった人々が押し寄せてくるからと、窓や戸を釘で打ち付けコテージを要塞のように変えていく兵士だったが、それを見る夫婦にとっては、狭い空間にこの危険な人物と一緒に閉じ込められることを意味した。
力を合わせ、なんとかこの危機的状況から脱しようとする2人だったが-。

キリアン・マーフィ(マーティン)

Retreat

過去に観た作品に比べ、いつになく普通の男の役だった。妻を守りながらも脱出への道を探し果敢に挑戦する。

アイルランド出身の俳優。独特な青い瞳の持ち主として知られている。1996年からコークを拠点とした劇団に参加。舞台『Disco Pigs』で主役を演じ注目を集める。2001年に映画『DiscoPigs』で舞台版と同じ役で出演。これを観たダニー・ボイル監督が『28日後…』の主演にマーフィーを抜擢、この作品がサプライズヒットとなり国際的に名前が知られるようになった。

演技イメージが定着されるタイプキャストを望んでおらず、こと2005年には悪役で出演した『バッドマン ビギンズ』『パニックフライト』の2作品が大ヒットしたことなどから、今後悪役を演じるのは遠慮したいと語っている。(WIki)
■主な出演作
 ・28日後… -28 Days Later…(2002)
 ・ダブリン上等! -Intermission(2003)
 ・真珠の耳飾りの少女 -Girl with a Pearl Earring(2003)
 ・バットマン ビギンズ -Batman Begins(2005)
 ・プルートで朝食を -Breakfast on Pluto(2005)
 ・麦の穂をゆらす風 -The Wind That Shakes the Barley(2006)
 ・ダークナイト -The Dark Knight(2008)
 ・インセプション -Inception(2010)
 ・トロン: レガシー -Tron: Legacy(2010)
 ・リトリート・アイランド -Retreat(2011)
 ・TIME/タイム -In Time(2011)
 ・ダークナイト ライジング -The Dark Knight Rises(2012)


夫への信頼を無くし、半ば自暴自棄にも見える妻。どうすればいいのか、どうしていけばいいのか悩んでいるところへ起きたトラブル。ぎりぎりの状態に置かれた彼女が最後に選んだこととは?選んだ人とは?
そして、そもそも兵士の話は真実なのだろうか…?
最後の最後まで、じわじわと息をも継がせぬスリルが観る者を待っている。

ケイト・ベッキンセイルの『モーテル(2007)』に似ていると考えていたら最後に騙される

ではまた


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる