『フォーリング スカイズ』 -Falling Skies-

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、ノア・ワイリー(『ER 緊急救命室』)主演のSF大作ドラマ『フォーリング スカイズ』1話目がスター・チャンネルで先行無料放送してたので期待を込めて視聴。

Falling Skies

 
楽しみにはしていたが、同じくスピルバーグ製作総指揮『Terra Nova』は自分にとっては残念だったので、視聴に際して油断をおこたらないよう注意した

簡単なあらすじ
エイリアンに侵略され軍隊もほぼ壊滅状態になったボストン郊外の町が舞台。わずかに残った軍人、市民達が力を合わせ戦い、生き残る道を模索する-

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
監督:
グレッグ・ビーマン
セルジオ・ミミカ=ゲッザン
フレッド・トーイ
出演:
ノア・ワイリー
ムーン・ブラッドグッド
ウィル・パットン
ドリュー・ロイ
コナー・ジェサップ
マクシム・ナイト
サラ・カーター
セイチェル・ガブリエル

本作のテーマは「危機的状況と家族愛、人間愛」と思われる。
このテーマはスピルバーグが繰り返し描いてきたもので、設定にSFを選ぶことも多い。


ターミネーター』を思い出させる暗闇の中の緊迫した戦闘シーンから始まる一話目。『プライベート・ライアン』好きには‘おっ!?’と思わせ掴みはOK。
でもごたごたした「家族愛」が苦手な自分は後半は少し退屈だった。
まだ一話目でなんとも言えないが、戦闘、戦闘また戦闘が好きなバイオレンス型人間には物足りなさがあるかも。

主演はノア・ワイリー(トム・メイソン役)
Falling Skies_10
ER緊急救命室』(1994~)ジョン・カーターで有名。その後はあまりぱっとせず、インディー・ジョーンズもどき(注)に出てたのを見たときはがっかり感が半端無く襲ったものだ。
今回は3人の息子の父親で文学とアメリカ史の教授でありながらレジスタンスで活躍するという骨太な男を熱演。ありがとうスピルバーグ。
 注)『ライブラリアン 伝説の秘宝』(2004)
   『ライブラリアン キング・ソロモンの呪文』(2006)

他にも『アルマゲドン』(1998)でダメな親父を演じたウィル・パットンが軍人役で出演。上官から市民達を安全な地へ移動させる大役を命じられるが、どこか不安が残る。  


現在「エイリアン」はすっかり市民権を得て普段の生活の中に馴染んでいる。
が、そもそも「エイリアン」という言葉は比較的最近使われるようになったもので昔は「宇宙人」と言っていた。

エイリアンとは!?
alien 001 -s_Polaroidエイリアンの元々の意味は‘外国人、異邦人’。それが宇宙人(=地球外生命)を指すようになったのは1979年のリドリー・スコット監督作『エイリアン』(Alien)の影響が大きいだろう。
それまでも『地球の静止する日』(ロバート・ワイズ監督 1951年アメリカ)、『火星人来襲』(ラジオ放送 1938年アメリカ)、『宇宙戦争』(バイロン・ハスキン監督 1953年アメリカ)等々で宇宙人=敵という構図は人々に刷り込まれていた。
特に1938年のハロウィン特別番組『火星人来襲』はまるで緊急ニュースのような形で生放送され、多くの聴取者が実際の火星人侵略が進行中であると信じパニックを引き起こした、と言われている。

以上のような「エイリアン=人類の敵→一つになって戦う」という構図は実は第二次世界大戦後起こった東西冷戦時のアメリカにおいて「ソ連=アメリカの敵→一つになって戦う」に置き換えられることが出来る(そうだ)。
今はまだ弾が飛び交っているわけではないが、いつ敵が攻めてくるか分からない状態なんで何か起こった時には国民のみなさん、よろしくお願いしますよというようなところかな。
なのでこういった一連の映画は実は‘政府’が映画会社に依頼して制作させたという話もあるほど。
あのアポロ11号の月面着陸シーンも実はハリウッドで撮影されたという噂もありますよね。
まあ、どちらにせよ全ては陰謀好きな人の想像の域を出てはいないんですが-

そんな中「エイリアン=人類の敵」で認識されていたところに「エイリアン=人類の友」として一石を投じた作品がこちら。
 未知との遭遇(Close Encounters of the Third Kind, 1977年)

 E.T.(E.T. the Extra-Terrestrial, 1982年)

どちらもスピルバーグ監督作。
今度は味方として描けと‘政府’から依頼があったんでしょうか

以後、フィクションの世界でエイリアンは敵、味方どちらでも自由に描かれるようになり多数の作品が生み出されている。この恩恵にあずかれる自分は幸せだなと思います。


この『フォーリング スカイズ』ではエイリアンは言うまでもなく完璧なる敵として描かれている。一つになって戦うまもなく、地球は彼らに乗っ取られ生き残った人類のほとんどは逃げ惑うばかり。
この一話目ではエイリアンの母船とたくさんのUFO、そしてエイリアン2体が拝める。この2体の造形は人類にはほど遠く、1体は生命体、レーザー銃をがんがん撃ってくるもう1体はロボットなのかな?このロボットの方が比較的ヒトの形に似ていることが面白く感じられた。

ではまた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる