『ミッドナイト・アフター』(2014) - The Midnight After

たまたま乗った客の運命を乗せてバスは出発した ―
トンネルを抜けた途端、人っ子一人いない世界に放り込まれた17人。彼らはなんとか元の世界に戻ろうと知恵を絞るが、本当に戻っていいんですか・・ね?

The-Midnight-After_02c
■ ミッドナイト・アフター - The Midnight After – ■
2014年/香港/121分
監督:フルーツ・チャン
脚本:チャン・ファイフン、フルーツ・チャン
撮影:ラム・ワーチュン 他
音楽:エレン・ジョイス 他
 
出演:
サイモン・ヤム
ウォン・ヤウナム
ジャニス・マン
クララ・ウェイ
チョイ・ティンヤウ
ラム・シュー

解説:
「メイド・イン・ホンコン」「ドリアン ドリアン」のフルーツ・チャン監督が、2002年の「トイレ、どこですか?」以来12年ぶりに香港で長編映画のメガホンをとったサスペンススリラー。「10人の泥棒たち」のサイモン・ヤム、「ドッグ・バイト・ドッグ」のサム・リー、「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」のラム・シューら実力派俳優たちが、一癖も二癖もある登場人物たちを個性豊かに演じた。2014年・第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品。

あらすじ:
17人の客を乗せて夜の香港を走行中の深夜バス。とあるトンネルを抜けたところで、乗客たちは自分たち以外のすべての人間が消えてしまったことに気づく。バスから降り、誰もいない街中をさまよう彼らだったが ―

(映画.com)

原題:那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅VAN


The-Midnight-After_21c
シフトを代わったバス運転手、デートが流れて自宅に帰る若者、仕事を終えて疲れ果て乗り込んだ人、金が払えなくて売人から逃げてきた薬中・・。深夜に走るこのバスに、いつものように又はたまたま乗り込んだ21名の人々。
いつものバス停をいつもの時間に大埔(タイポー)に向けて出発する。夜中だというのに賑やかな街を抜け、北上、トンネルに入る。いつものように車は多い。乗客は皆、スマホを手に彼や彼女に連絡を取ったりゲームをしたり、それぞれの世界に浸っている最中。

だが、獅子山(ライオン・ロック)トンネルを抜けた時、彼らを取り巻く世界は一変していた。まだ誰も気が付かない。まず4人の大学生が大学前のバス停で降りた。途端に1人が体調を崩す。その様子を後にしながらバスは大埔に向かう。もうすぐだ。
ここに来て、皆が街の様子がいつもと違うことに気が付いた。夜中といえどもいつもは車や人の行き来のある賑やかな一帯に、人っ子一人見当たらない。車も走っていない。何も動いていないのだ。
The-Midnight-After_16-2c

照明は点いている。携帯メールを送ることは出来て回線は生きているが返信は無い。世界中のサイトの更新は2:40で止まっている。バスの皆が同じ状況であることが分かり、ようやく異常に気が付く17名。
街の人々が消えてしまった。いや、もしかしたら消えたのは周囲ではなく自分たちではないのか?事故か何かで死んでしまったのでは?そう言えば喧嘩をしながら結局バスに乗らずに降りたカップルは、すぐに事故に巻き込まれ死んでいた。自分たちは死ぬ運命なのでは!?

バスから出るのは危険だという者もいる中、一度は参会、各自自宅に帰るなどしたが、耳をつんざくような大きな音がする電話がかかってきたことから、又集まった皆は今後について話し合うものの、いい案が出るはずもない。途方に暮れているところに又、電話がかかり、ガスマスク姿の男が目撃される。自分たちの他にも誰かがいる!それは敵なのか、味方なのか ―
The-Midnight-After_20

オカルトなのか、超常現象なのか、未来なのか過去なのか、死んでいるのか、生きているのか・・・。全く予想もつかない上に、17名の登場人物たちの個性がうまく描き分けられていて飽きずにいられるから、終始、画面に引きつけられっぱなし・・・の前半。
そろそろ、これはどうなるのか・・?となってきて動きが出始める後半辺りから、少し怪しくなってくる。特にガスマスク男はよくある政府の人なのか?彼らを捕まえに来たのか?と思わせておいての、意味あるのか無いのかの微妙な正体に少しがっかりする。

ラストもラストになっていないような感じで「あれ、こんな話だったっけ・・(-.-)」となるけれど、一応全てのことの説明は出来ており、夢オチとか意味不明なまま、とかのままでは終わらない。
ま、最後まで観ての感想は「香港の人って元気だよね」っていう事だったり。でも一つだけ、それは違うでしょ?いったいどこの爆発?と抗議したい場面があった。これがどこの場面なのかは観て頂ければお分かりになると思います(-ω-)


ミッドナイト・アフター [DVD]