『ゴーン・ガール』(2014) - Gone Girl –

もっとすごくドロドロしたミステリーなホラー仕立てかと思いきや、案外ふつう?なサイコ・ミステリーで前半から後半にかけて大きく話は展開する。ということで、今回の感想文後半はネタバレ全開になる恐れあり。

gone-girl_movie2014_03-2
■ ゴーン・ガール - Gone Girl – ■
2014年/アメリカ/149分
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:ギリアン・フリン
原作:ギリアン・フリン「ゴーン・ガール」
製作:アーノン・ミルチャン 他
製作総指揮:レスリー・ディクソン 他
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:トレント・レズナー 他
 
出演:
ベン・アフレック(ニック・ダン)
ロザムンド・パイク(エイミー・ダン)
ニール・パトリック・ハリス(デジー)
タイラー・ペリー(ボルト)
キム・ディケンズ(ボニー刑事)
キャリー・クーン(マーゴット・ダン)
パトリック・フュジット
デヴィッド・クレノン
リサ・ベインズ
ミッシー・パイル
エミリー・ラタコウスキー

解説:
ギリアン・フリンの同名ベストセラー・ミステリーを「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」のデヴィッド・フィンチャー監督、「アルゴ」 のベン・アフレック主演で映画化。妻の突然の失踪をきっかけに、妻殺害の嫌疑で渦中の人となってしまう主人公の秘密と衝撃の顛末を描く。共演にロザムン ド・パイク、ニール・パトリック・ハリス。

 
あらすじ:
ミズーリ州の田舎町。結婚して5年目になるニックとエイミーは、誰もが羨む理想のカップルだった。ところが結婚記念日に、エイミーは突然姿を消してしま う。部屋には争った形跡があり、大量の血液が拭き取られていることも判明する。警察は他殺と失踪の両面から捜査を開始する。美しい人妻の謎めいた失踪事件 は茶の間の注目を集め、小さな町に全米中からマスコミが殺到する。すると、次第にニックの不可解な言動が明るみとなり、いつしか疑惑と批判の矢面に立たさ れていくニックだったが ―
(allcinema)


 平凡な男が才色兼備を誇るお嬢様と結婚したことから辿ることになってしまった大きな罠への道―
これがこのミステリー映画の一行あらすじ。

綺麗な奥さんが失踪する事件が起きて、怪しまれているのは夫。奥さんはきっと殺されている。でもそこには何やら謎がひしめいている―・・みたいな先入観を持って観ることになるこの作品。オープニングの奥さんエイミーの頭がごろんとこちらを向いてアップになる表情は、どうみても感情の無い死人。そこに夫ニックの独り言が被る。
“この頭は、いったい何を考えているんだ・・・”
先入観と妻エイミーの死人顔で、かなりゾッとするオープニングだ。
gone-girl_movie2014_11-2
しかーし!フィンチャー監督によるミスリードは既にここから始まっているのです。
この感情の無い妻の顔とニックの独り言の意味は最後まで見ると、“・・ぁあー、こういう意味だったのね・・”と分かることになる。

どう見てもうまくいってないらしいこの夫婦。
gone-girl_movie2014_23-2-c2人は夫婦揃ってニューヨークでお洒落でナウ(旧語)なお仕事、ライターをやっていた。夫ニックはミズーリ出身の平凡な男だが、妻エイミーは絵本作家の親を持ち、その絵本の主人公が娘である自分自身“エイミー”であった事からアメリカでは皆の娘、妹、孫として有名人であったのだ。が、彼女自身は作られた絵本の中のエイミーと実際の自分との違いや押しつけに苦しんではいたのだが。

そんな2人であったがかつてはとても愛し合っていた。だが結婚から数年経ち、不況のあおりで夫婦揃って失職。その対処法などで夫婦の絆に少しずつヒビが入っていく。そんな中、ニックの母親が大病を患い、心機一転、田舎のミズーリに居を移すことを決める。移転先ではニックの双子の妹マーゴとバーを経営して生活することになった。
だがこれらはニックが全て勝手に決めたとエイミーは思っている(真実は不明)。ニューヨークっ子のエイミーは田舎に引っ込むことも、自分の信託預金でバーの店を買うことも気に入らなかったのだ。

そして、引っ越してから2年、5回目の結婚記念の日。エイミーは失踪した。
玄関の鍵は開いたまま、割れたガラステーブル、大量の血痕を拭き取った後。警察はすぐさま何かの事件に巻き込まれたとして捜査を開始。だが次々に出てくる証拠が全てニックを指差している。警察はもちろん、テレビや新聞などのメディアも大々的にニックを犯人として報道を始める。
エイミーの両親からさえ疑われ始めたニックの味方は、双子の妹マーゴだけだった ―

gone-girl_movie2014_13-2-c

前半は美人妻が失踪し悲しむ夫という構図から、どうやら殺されてどこかに遺棄されているらしい事が分かってきた上、犯人として疑われる事になってしまった夫という構図へ展開。
けれども夫ニックはあまりに平凡で普通すぎる男であり、警察や妻の両親、妹、近所の人々とのやり取りから、どうしても犯人に見えてこない。これで犯人だったら、この男はかなりな役者でサイコパスということになる。
・・・ということは、どういう事だ?
これが後半になっていく。
 
 
 
【ここからはネタバレが】
 
 
 
gone-girl_movie2014_15後半に入ると同時に、オチはすぐに分かるようになっている。
前半に度々出てくる幸せな2人やエイミーの日記の書き込み風景。以前は愛し合い結婚した2人。けれども時が経つうち表向きは幸せに装っているけれど、実は妻にしてみれば不満たらたらで子供を持つなんてとんでもない!な関係に。
頭が良く実家もある美女エイミー。それなら何故、離婚しない?
これがこの作品のキモとなってくる。

彼女は幼少の頃より絵本の主人公に仕立て上げられ、本当の自分と絵本の素敵な“エイミー”との区別がつかなくなってしまっている。やがてそれは“演技”となり、役者のように演じられるように。
素敵な大学生、仕事の出来るライター、優しく夫思いの妻、、、
全て中心は自分だ。絵本の“エイミー”なのだ。
だから子供を持つことなど考えられない。何故なら子供中心の毎日になるからだ。だから夫の浮気は絶えられなかった。この自分を差し置いて夫の愛情が他所の女に向かうことなど許せなかったのだ。

gone-girl_movie2014_16-2-c

でも別れない。
何故なら、罪を犯した夫をそんなに簡単に自分の呪縛から解き放つなど、もっての外だったからだ。ではどうすれば自分の気が済むか。それが今回起こした壮大な夫への罠であり罰だった。では何故、最後に夫の所に戻ったのか。それは夫がテレビカメラの前で世界に向けて「妻を愛している」と公言したからだ。
愛されている妻、愛されている“エイミー”。世界中の人々から愛されている“エイミー”。
これを自分が享受しなくては。他でもない“エイミー”が。

ということで、“エイミー”は最悪なサイコだということが分かったラスト。こんな女の考えていることが分かるわけが無い。人間性の欠如した彼女の真実の姿こそは冒頭の人形のような彼女だ。その姿を見せるのは全てを知っている夫ニックだけ。反対に言えば、ニックにだけは本当の自分を見せることが出来る。彼女にとってこれ以上の夫はいるだろうか? 

 icon-film 監督 デヴィッド・フィンチャー
David-Fincherアメリカ合衆国の映画監督。コロラド州デンバー市出身。
1986年、ビデオ製作会社「Propaganda Films」を設立。マドンナ、ジョージ・マイケル、エアロスミス、ローリング・ストーンズなどのミュージックビデオや、数多くのCMを手掛けた。
1992年、『エイリアン3』で映画監督デビュー。初監督作品としては史上最高の製作費で作られたが、ストーリーがあまりにも暗く、興行的にも内容的にも失敗作とされた。
1995年、『セブン』、『ファイト・クラブ』の成功により、フィンチャーは一躍ヒットメイカーとして注目されるようになる。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、『ソーシャル・ネットワーク』ではアカデミー監督賞にノミネートされた。

■主な作品
・エイリアン3 Alien3 (1992年)
・セブン Seven (1995年)
・ゲーム The Game (1997年)
ファイト・クラブ Fight Club (1999年)
・パニック・ルーム Panic Room (2002年)
・ゾディアック Zodiac (2007年)
・ベンジャミン・バトン 数奇な人生 The Curious Case of Benjamin Button (2008年)
・ソーシャル・ネットワーク The Social Network (2010年)
ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tattoo (2011年)
・ゴーン・ガール Gone Girl (2014年)
(Wiki:デヴィッド・フィンチャー)

やっぱり『セブン』が一番好きだなー。