『ゴジラvsキングギドラ』(1991) - Godzilla vs. King Ghidora –

WOWOWで30作品一挙放送をやっておりまして観だしたら止まらなくなってしまいました(・∀・) 放送はまだ続くのですが、色んな意味で印象に残ったこの作品、平成ゴジラシリーズのVS編の1本をチョイス。1991年の作品だけど現在に通じる設定もあったりしてなかなか興味深い一作となっている(と言っても他はまだあまり知らない(-.-)

godzilla_vs_king_ghidorah_movie1991_01-2-c
■ ゴジラvsキングギドラ - Godzilla vs. King Ghidora – ■
1991年/日本/103分
監督・脚本:大森一樹
製作:田中友幸
撮影:関口芳則
音楽:伊福部昭
 
出演:
中川安奈
豊原功補
小高恵美
原田貴和子
佐々木勝彦
チャック・ウィルソン
小林昭二
佐原健二
山村聡
西岡徳馬
土屋嘉男

解説:
前作ゴジラVSビオランテより1年をおいて再び始まった平成ゴジラシリーズ。1990年代最初のゴジラ映画である。娯楽指向の強い大森一樹だけあって、ゴ ジラの設定にまで踏み込んだ大胆なシナリオが話題を呼び、今後のシリーズの基礎となった。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』よろしく過去・現在・未来を 縦横無尽に行き交い、二転三転するストーリー。なまじフォーマット化されやすい怪獣映画にこれほどまでの波乱万丈な物語を取り入れた功績は評価されていい だろう。主役の寺沢健一郎には前作でスーパーXのオペレータ役を演じていた豊原功輔、エミー・カノー役に中川安奈を起用。脇を佐々木勝彦、小林昭二、佐原 健二、そして土屋嘉男といったベテラン陣が固めていた。また、16年ぶりに伊福部昭がゴジラシリーズの音楽に復帰し、健在ぶりを見せてくれたのも大きな話 題であった。
 
 
あらすじ:
  1992年突然東京上空にUFOが飛来した。富士山麓に着地したUFOから姿をあらわしたのは、ウィルソン、グレンチコ、エミーという23世紀からやって きた3人の未来人だった。彼らは、23世紀がゴジラによって壊滅的な打撃を受けており、歴史上からゴジラを抹殺するためにやって来たのだ。太平洋戦争末 期、ラゴス島に存在した恐竜ゴジラザウルスが放射能の影響でゴジラと変身したのではないかと考えていたルポライターの寺沢は、エミーたちのオブザーバーと して選ばれ、共に過去へ旅立つ。推測した通り、日本軍の生き残りと共にゴジラザウルスは発見され、その体は遠くベーリング海の底へと転送された。だが作戦 を終え、現代に戻った寺沢たちはゴジラに代わってもっと強力な怪獣キングギドラが誕生している事を知る―
(allcinema)


godzilla_vs_king_ghidorah_movie1991_13平成シリーズ第1作『ゴジラVSビオランテ(1989)』が少々ぬるめだったのに比べて、こちらはゴジラそのものはもちろんのこと、宿敵であるキングギドラのひつこさ、強さ、現在と未来、過去を行ったり来たりの“バック・トゥ・ザ・フィーチャー”的SF手法、色んな映画作品にオマージュを捧げられたコメディ的設定、相変わらず忘れられていない政治や核への一家言などなど、楽しいモノから真面目なモノまで詰め込まれた作品。

今作はUFOに乗って現れる未来人(UFOは実はタイムマシーンだった)が登場してSF色が強い内容。どうして未来人がわざわざ23世紀から20世紀にやって来たかというと、23世紀のやっかいな暴れ者ゴジラが生まれた20世紀を訪れ、生まれることを阻止することでゴジラの存在を消すことが目的。
ゴジラはご存じの通り、第二次世界大戦中にマーシャル諸島・ラゴス島で核を浴びたことで生まれている。では一体、何が核を浴びてゴジラに変化したのか?という事も本作で説明されており、絶滅せずに生き残っていた恐竜ということらしい。
godzilla_vs_king_ghidorah_movie1991_14

過去の場面では大戦中の日本軍、米軍も登場してとても分かりやすく説明されている。そこに未来から来た未来人達がゴジラを仕留め、目的を達成。だが現代に戻るとまた別の大問題が起きていた。“キングギドラ”が大暴れしていたのだ ―
・・・あららー、、、
ゴジラは必要悪。ゴジラがいることで抑えていたものがあった、という事だったんですねー。じゃあ、どうすれば?と現在の人間は考えた。それを未来人に相談するも、未来人がとった行動は、、というかそもそも彼ら未来人は信用おける人々だったのか?と問題はより複雑に。

godzilla_vs_king_ghidorah_movie1991_16未来の設定がまた意外で面白い。島国日本がどんどん力をつけ領土を拡大。23世紀には世界一の偉そうな国になってしまった、ということで、根源治療しにやって来たのが未来人の目的だった。キングギドラを生み出したのも彼らでこの手法も面白い。未来人と一緒に訪れたロボットはターミネーター風、キングギドラの元は『グレムリン』風、ロボ・キングの中はアニメ風とゴジラだけに止まらない風呂敷の広げ方が、今までゴジラ映画に持っていたイメージを覆すものだった。

さーて、次は『ゴジラVSモスラ』やってるんです。平成シリーズというものがあった事も今回初めて知ったので、ちょっと楽しみにしてます:-O

■ゴジラ作品
ゴジラ(1954)    シリーズ第1作

怪獣王ゴジラ(1956)    シリーズ第1作改訂版
ゴジラの逆襲(1955)    シリーズ第2作
キングコング対ゴジラ(1962)    シリーズ第3作
モスラ対ゴジラ(1964)    シリーズ第4作
三大怪獣 地球最大の決戦(1964)    シリーズ第5作
怪獣大戦争(1965)    シリーズ第6作
ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘(1966)    シリーズ第7作
怪獣島の決戦 ゴジラの息子(1967)    シリーズ第8作
怪獣総進撃(1968)    シリーズ第9作
ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃(1969)    シリーズ第10作
ゴジラ対ヘドラ(1971)    シリーズ第11作
地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(1972)    シリーズ第12作
ゴジラ対メガロ(1973)    シリーズ第13作
ゴジラ対メカゴジラ(1974)    シリーズ第14作
メカゴジラの逆襲(1975)    シリーズ第15作
ゴジラ(1984)    シリーズ第16作

ゴジラVSビオランテ(1989)    平成シリーズ第1作
ゴジラVSキングギドラ(1991)    平成シリーズ第2作
ゴジラVSモスラ(1992)    平成シリーズ第3作
ゴジラVSメカゴジラ(1993)    平成シリーズ第4作
ゴジラVSスペースゴジラ(1994)    平成シリーズ第5作
ゴジラVSデストロイア(1995)    平成シリーズ第6作
ゴジラ2000 ミレニアム(1999)    平成シリーズ第7作
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000)    平成シリーズ第8作
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001)    平成シリーズ第9作
ゴジラ×メカゴジラ(2002)    平成シリーズ第10作
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003)    平成シリーズ第11作
ゴジラ FINAL WARS(2004)    平成シリーズ第12作

ハリウッド版
GODZILLA(1998)
GODZILLA ゴジラ(2014)