『FRANK -フランク-』(2014) - Frank –

(ホラーの合間に挟まる)癒しのほのぼの系ドラマ。主な登場人物は6人だけど、彼らは1人では体を為していない。でも大丈夫。皆で一緒にいればいいんだから。そんな彼らの1人はお面で顔を隠している。けれど大丈夫!他の皆は見せているからね!

Frank_movie2014_02
■ FRANK -フランク- - Frank – ■
2014年/イギリス・アイルランド/95分
監督:レニー・アブラハムソン
脚本:ジョン・ロンソン 他
原作:ジョン・ロンソン
製作:エド・ギニー 他
製作総指揮:テッサ・ロス 他
撮影:ジェームズ・マザー
音楽:スティーヴン・レニックス
 
出演:
ドーナル・グリーソン(ジョン)
マイケル・ファスベンダー(フランク)
マギー・ギレンホール(クララ)
スクート・マクネイリー(ドン)
フランソワ・シヴィル(バラク)
カーラ・アザール(ナナ)

解説:
マイケル・ファスベンダーが実在した英国のコメディアン、クリス・シーヴィーをモデルにした謎多きミュージシャンを演じるインディ・コメディ。本作で共同 脚本も務めた作家ジョン・ロンソンが実際にクリス・シーヴィー扮するキャラクター“フランク・サイドボトム”のバンドに参加した体験談をベースに、キャプ テン・ビーフハートなど実在のアウトサイダー・ミュージシャンのエピソードを織り交ぜフィクションとして映画化。常に風変わりな被り物をしている謎めいた 男フランクと、彼がリーダーを務めるバンドに新加入した青年ジョンが繰り広げる奇妙な交流を、とぼけた味わいとともにほろ苦くも心温まるタッチで綴る。共 演はドーナル・グリーソン、マギー・ギレンホール、スクート・マクネイリー。監督はアイルランドの俊英、レニー・アブラハムソン。

あらすじ:
ミュージシャンを夢見る青年ジョンは、ひょんなことからキーボードの代役としてインディ・バンド“ソロンフォルブス”のライヴに飛び入りで参加すること に。ところが、そのバンドでフロントマンを務める男フランクは、なんと巨大な張りぼてのマスクを被っていた。しかも、プライベートでも決してマスクを脱が ない筋金入りの変わり者だった。やがて人里離れた湖畔の小屋で始まったバンドのレコーディング合宿にも参加することになったジョンだったが ―
(allcinema)


イギリス映画らしい斜め下を見下ろすひねた感じのコメディ・人間ドラマ。
誰がどう見ても被り物の男が目立って怪しいに決まっているのに、そこを敢えて前面に出さずに、より風変わりな変人を、それも何人も登場させる。
そうなんですよねぇ。観終わって一番印象に残ったのがクララ(マギー・ギレンホール)だったり。

Frank_movie2014_22彼女はこの変人バンドの中でも自分はまだ“まとも”と感じているらしいけど、それは違うみたい。というか一番複雑で理解しがたいタイプだ。その上、ミュージシャン。独自の音にこだわりがある。
そんな自分だから、同じタイプ(なはずの)フランクを理解できるのは自分だけ。この私だけがフランクの世界で生きることが出来、生き延びることが可能だ。
だからフランクも私を必要としているに違いない。

そんなフランクはどんな人なのだろうか?
・被り物を決して外さない。←理由はある
・日頃は大人しい。
・説得力がある(口八丁)。
・独自の世界観を持っていて歌い出すと人が変わる。
Frank_movie2014_20-2-c
元からいる2人のメンバーもバンドに居続けているところを見るに、居心地が良いのだろう。ほとんど意思表示は無いが…

だが、これだけではこのバンド“ソロンフォルブス”とメンバーを説明したことにならない。それは、たまたまバンドに参加したジョンにとっても同じだった。彼も充分に変わったヤツだったが、このバンドには全くかなわなかったのだ。
結果を求めずにただ演奏し、歌で表現する彼ら。だがジョンは結果を求めた。何でもいいけど、何かの見返りが欲しかったのだ。ジョンは“ソロンフォルブス”を表舞台に引っ張り出そうとするが、あえなく失敗。それどころか“ソロンフォルブス”自体が空中分解し、微妙なバランスが崩れた時にフランクは姿を消してしまう。

だが、どうだ?今までフランクはホントにそこに存在していたのか?被り物の中の実態は全然見えないというのに。でもそれは被り物を被ったフランクだけではない。メンバーは皆、互いを必要としており、互いの目に互いが映っていてこそ存在に意味が持てた。
誰のための音楽か?
誰のためのメンバーか?
誰のための人生か?

Frank_movie2014_15-2-c
ラスト、フランクが即興で歌い出す「みんな愛してる」
これが、聴けば聴くほど良い歌で心に染みてくる。どんなにヘンな事でも、どんなに奇妙なヤツでも、“みんな愛してる”と歌うフランク。それはフランクが皆に語りかけているのと同時に、自分へ贈る言葉でもある。
だって、フランクは愛されているもんね。メンバーや両親から。彼の歌を愛する人々から。