『デッドライジング ウォッチタワー』(2015) - Dead Rising: Watchtower

ゲームのトレーラーを見るだけでアドレナリンが沸いてくるサバイバル・ゾンビゲーム「デッドライジング」の実写化。あんなゾンビやこんなゾンビがいっぱい出てきて、ゾンビを堪能したい時にはぴったりな一品。

Dead-Rising-Watchtower_movie2015_02
■ デッドライジング ウォッチタワー - Dead Rising: Watchtower – ■
2015年/アメリカ/119分
監督:ザック・リポフスキー
脚本:ティム・カーター
製作:ティム・カーター
撮影:マーロン・トッド・ウィリアムズ
音楽:オレクサ・ロゾウチュク
 
出演:
ジェシー・メトカーフ(チェイス)
ミーガン・オリー(クリスタル)
ヴァージニア・マドセン(マギー)
デニス・ヘイスバート(リオンズ)
アレクス・ポーノヴィッチ(ローガン)
キーガン・コナー・トレイシー(ジョーダン)

解説:
「バイオハザード」シリーズと並ぶカプコンのもう一つの人気ゾンビゲーム「デッドライジング」の世界観をもとにしたサバイバルホラー。シリアスでSFタッチの「バイオ~」と対照的に、“デッドラ”の愛称で親しまれ、奇妙なユーモアとあふれんばかりのゾンビの大群が魅力の「デッドライジング」の特長がこの実写版にも詰め込まれた。ゲームのストーリーモードと同じく脱出までの時間制限が存在し、さまざまなアイテムを組み合わせて武器にするなど、ゲームを楽しんだファンも納得の映像化となっている。
Dead-Rising-Watchtower_movie2015_51c
あらすじ:
オレゴン州イーストミッション。ゾンビが発生したこの地方都市は、壁によって隔離されていた。ジャーナリストのチェイスと女性カメラマン、ジョーダンは、街の実態を取材するため内部へと潜入する。そこはゾンビウイルスの治療薬が逆効果となり、歩く死者の街と化していた。やがて政府はパンデミックを食い止めるため街への空爆を決定、チェイスたちわずかな生存者は、予定時刻までに脱出しようとゾンビとの死闘を繰り広げる ―
(WOWOW)


これ、2014年9月、Xbox Oneが出る時に“ぅわーーーー、おもしろそう!”って何度も見たトレーラー「Dead Rising 3」ベースの実写化映画じゃないですかっ。(・・・と言ってもゲームはやっちゃいないんですけどね(-.-)
Xbox One (Halo: The Master Chief Collection 同梱版) 5C6-00006 Dead Rising 3

Dead-Rising-Watchtower_movie2015_11

上の画像を見ていただいてお分かりになるとおり、そのまんまゾンビものです(キリッ
映画でもその通りで、ゾンビウィルスが定期的にアウトブレイクする時代。人類はゾンビ化抑制薬を開発して広がりを抑えていたものの、ある時、限られた地域で薬が効かなくなる。で、過去に感染した者が次々ゾンビ化。一帯はゾンビだらけになり、壁で緊急閉鎖が行われるが、その中に健康な人も取り残され、命をかけた脱出を計ることに ―
といったストーリー。

取り残された人に記者がいて、スマホを使った実況中継が行われたり、それがシェアされ一瞬にして全世界に配信されたりするあたりは、いかにも現代的。反対に「何か」の失敗によって収拾が付かなくなった場合の伝家の宝刀「空爆」が行われようとしたり、と懐かしい、というより最後はこれしかないのね、やっぱり・・・みたいな絶望感と軍や政府をこけにしたブラックユーモアも健在で、80年代の傑作ホラー『バタリアン』を彷彿とさせる設定も。
バタリアン [DVD]

バタリアンと同じく、登場するゾンビたちも非常に個性的で愛嬌がある。ゾンビものは凝りに凝ったゾンビ造形か、大量な無機質さがキモでして、前回書きました『マッド・スピード』のようにゾンビ世界を描きながら、愛らしいゾンビも無機質で恐怖なゾンビも出てこないなんてね、、、いくらB級でもね・・・(-ω-)

Dead-Rising-Watchtower_movie2015_32それになんと本作にはきちんとヒャッハー軍団も出てくるんです!だって世紀末ですからね。閉鎖された一帯に意気揚々と派手なバイクで乗り込んで、略奪、ゾンビ殺し、逃げ惑っている人々いじめ、もうなんでもあり。で、ありながら、気ままな優しさも見せてみたりと、ゾンビと違った無茶苦茶さが楽しい。これもね、前回の『マッド・スピード』とは、、もういいわ…

軍人たちも期待に応えてくれますよー。
特に将軍の初登場シーン。軍の車から降りてくる、その一歩目を見ただけで「絶対、あの人(「24」パーマー大統領)だー(・o・)」って分かったものね。期待を裏切らないわ。

もちろん、主人公たちも大活躍。ついさっきまでは普通の市民だったのに、いきなりサバイバル・ゾンビコーナーに放り込まれて、泣きそうになりながらも戦う、強いだけじゃ無い、どこか親しみがわくヒーローたちだ。
Dead-Rising-Watchtower_movie2015 Dead-Rising-Watchtower_movie2015

そして、お待たせしました。ゾンビの皆様です。
Dead-Rising-Watchtower_movie2015_27c
Dead-Rising-Watchtower_movie2015_14 Dead-Rising-Watchtower_movie2015_26
Dead-Rising-Watchtower_movie2015_30c

まぁ、ヒドイ・・・
でも中でも一番のお気に入りはこれ icon-arrow-down 
Dead-Rising-Watchtower_movie2015_28c
「ピエロ」さんて、なんでいつも、こんないい仕事するんでしょうね?

ゾンビウィルスは空気感染かっ!?なんて仮説も出てくるんたけど、血液感染じゃなくてよかったよねー、と言いたくなるシーンが満載。想像されてはおられるでしょうが、結構なスプラッタ加減です。
主人公が血液浴びて、ギャーッ!てなっている合間合間に入る、テレビニュースのシーンも面白く、多種多様な登場人物が次々と出てきながらもテンポ良くわかりやすい。ラストまでゾンビの気を抜かないあたりも好感が持てる。
観る前までは、どうだろね・・?と思っていたんだけど、気に入りましたよ、『デッドラ』。やっぱりゲームのトレーラーに感じたモノは間違いじゃなかったんだ・・・

デッドライジング ウォッチタワー [DVD]