『GODZILLA ゴジラ』(2014) - Godzilla –

entry-image_500
チャー、チャチャチャチャッ・・・・・ゥガオォォーーー そんなに詳しいわけではないのですが、このツンデレ感、自分の目的を達成した後はさっさと海に帰っていく感じは元祖「ゴジラ」に近いのではないでしょうか!?

Godzilla-movie2014_05-2
■ GODZILLA ゴジラ - Godzilla – ■
2014年/アメリカ/123分
監督:ギャレス・エドワーズ
脚本:マックス・ボレンスタイン
原案:デヴィッド・キャラハム
製作:トーマス・タル 他
製作総指揮:パトリシア・ウィッチャー 他
撮影:シーマス・マッガーヴェイ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
 
出演:
アーロン・テイラー=ジョンソン(フォード・ブロディ)
エリザベス・オルセン(エル・ブロディ)
ブライアン・クランストン(ジョー・ブロディ)
ジュリエット・ビノシュ(サンドラ・ブロディ)
渡辺 謙(芹沢猪四郎博士)
サリー・ホーキンス(ヴィヴィアン・グレアム)
デヴィッド・ストラザーン(ステンツ司令長官)

解説:
日本が世界に誇る怪獣キャラクター“ゴジラ”を、ハリウッドがワールドワイドな実力派キャスト陣の豪華共演で映画化するアクション大作。出演は「キック・アス」のアーロン・テイラー=ジョンソン、「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のエリザベス・オルセン、「インセプション」の渡辺謙。監督は低予算SF「モンスターズ/地球外生命体」が世界的に評判を呼んだハリウッド期待の新鋭、ギャレス・エドワーズ。

 
あらすじ:
1999年、フィリピン。採掘現場の調査にやって来た芹沢博士とグレアム博士が謎の巨大生物の痕跡を発見する。同じ頃、科学者のジョーとその妻サンドラが働く日本の原子力発電所が謎の大振動に見舞われ、深刻な放射能事故が引き起こされてしまう。15年後。ジョーの息子フォードは米海軍に所属し、妻と息子とサンフランシスコで幸せに暮らしていた。そんなある日、ジョーが立入禁止区域に侵入して逮捕されたとの知らせを受け、急ぎ日本へと向かうフォード。ジョーは、いまも原発事故の謎に取り憑かれていたのだ。彼は真相解明のためにはかつての実家に残る15年前のデータがどうしても必要だとフォードを説得し、2人で再び立入禁止区域への侵入を図るが ―

(allcinema)


 
でも全体としてはコレではないでしょうか?――→「君も米軍に入らないか(白い歯キラっとポスター)」・・・ということは置いておいて、、、
 
Godzilla-movie2014_15-2日本の研究施設で長年調査されてきた巨大な繭が羽化して現れた巨大(コウモリ型)生物ムートー。一通り暴れたムートーは施設からハワイ方面に存在感を大々的に示しながら飛び去る。
だが地球には古代の昔よりそのムートーの天敵である怪獣王ゴジラが存在していた。最後に姿を見せたのは60年前の1954年だったが、施設の芹沢博士はムートー排除のためゴジラも再び現れる、と推測する ―。
 
ゴジラと人類の戦いかと思っていたので、ムートーなる巨大生物が現れてびっくりした。が、ちょいと調べてみると第1作1954年『ゴジラ』はゴジラだけが登場し、人間界に殴り込みをかけたが、2作目以降は他の大怪獣も登場。彼らの喧嘩に人間が巻き込まれる形に。
  1作目Wiki:ゴジラ(1954年)
  2作目Wiki:ゴジラの逆襲(1955年)
 
ということでリブートされた2014年『ゴジラ』は2作目以降の作品を踏襲されていると思われる。要するに怪獣たちの喧嘩に人類が巻き込まれる。
Godzilla-movie2014_19-2
舞台は日本からハワイに移り、さらに移動してムートー2匹とサンフランシスコで決戦に。
元々はムートーの繭を日本の研究施設が隠し持っていたのが原因とも。それもこの繭を原発施設に隠していたからさぁ大変なのだが、そもそもこの原発施設にアメリカ人がたくさん勤めていることに違和感が。さらに1999年、地震が起きてこの日本の原発施設が崩壊した途端、米軍の管理下に置かれたことに大きな疑問が・・・。
 
Godzilla-movie2014_09-2だが仕方ない。これはアメリカの映画なのだ。
芹沢博士の存在感は適当に、ここからは米軍が一切を監視、地球防衛に当たる。
カッコいいですよ。特にスカイダイビングするところ。主人公の男前フォード・ブロディ大尉がなんで別の部隊にくっついていけるのかはちょっと疑問だけど。それと!疑問と言えば怪獣をやっつける最後の手段、核ミサイルの扱いがあまりにも軽すぎる。列車での移動時に見張る人員は少ないし、数名でごろごろってねー。
 
でも仕方ない。これは怪獣映画だ。
こだわりのあまり無い自分にとっては、この作品の“ゴジラ”はとても基本に忠実なのではないか?と思える。見た目の造形もそうだが、咆哮もいい!あの大きいようで小さな口を思いっきり開いて“ゥガオォォーーー!”って(日本版ゴジラにある最後のひねり“ガオ”は無いけどね)。
Godzilla-movie2014_13-2
 
最近の怪獣映画では『パシフィック・リム』に異様に燃えたけれど、イェーガーとゴジラが戦ったらどうなるだろう…
リブート『ゴジラ』は続編が決まってますよ。
あ!それと!ブルーレイをレンタルしたんですが、怪獣たち登場場面では、うちの5.1のウーハーがびりびり震えるほどの音が入ってました。すーごく気持ちよかったー