『スペースバンパイア』(1985) - Lifeforce –

entry-image_418
久し振りに観たいなー、と思っていたら、最近何かと古めホラーを放送しているザ・シネマ がまたやってくれました。宇宙から持って帰ってしまった全裸の美女に翻弄される人類(特に男性)を描くSFパニック・ヴァンパイアホラー『スペースバンパイア』。思っていたより真面目に壮大に作られていた1本。
 

Lifeforce_02
■スペースバンパイア - Lifeforce -■
1985年/イギリス/116分
監督:トビー・フーパー
脚本:ダン・オバノン 他
原作:コリン・ウィルソン「宇宙バンパイア」
製作:メナヘム・ゴーラン 他
撮影:アラン・ヒューム
音楽:ヘンリー・マンシーニ

出演:
スティーヴ・レイルズバック(カールセン大佐)
ピーター・ファース(ケイン大佐)
フランク・フィンレー(ファラーダ教授)
マイケル・ゴザード(ブコフスキー所長)
オーブリー・モリス(パーシー卿)
マチルダ・メイ(バンパイア)

解説:
C・ウィルソンの原作を「ポルターガイスト」のT・フーパーが映画化したSFパニック大作。スペースバンパイアのエネルギーが空を覆う中、精を吸われゾンビと化した人々が街に溢れかえるクライマックスの迫力は凄く、炎に包まれたロンドン市街の映像などスペクタクル・シーンを始め、個々の出来は悪くないが、全体的に1本スジが通っておらず散漫な印象を受けるのが惜しい。東宝マーチを思わせるH・マンシーニらしからぬテーマ曲と、全編裸で押し通す美女バンパイア、M・メイの肢体が印象的。
(allcinema)
 
あらすじ:
ハレー彗星探査のために宇宙に出向き、そのまま連絡を絶ったスペースシャトル“チャーチル号”。救援に向かったコロンビア号は、船内が火災により黒焦げになっているチャーチル号を発見する。にもかかわらず奥の部屋で透明のケースに収められた無傷の人体3体を見つけた彼らは、解剖のため、ロンドンに持ち帰るが ―


Lifeforce_17エイリアン(1979)』でホラーの舞台が宇宙に飛び出した、と思っていたが、本作の原作は1976年に書かれたコリン・ウィルソン著「宇宙バンパイア」。
それもこちらの敵は普通のエイリアンじゃ無い。人間の精気を吸い取ることで数千年もの間、生き長らえ、吸い取られた人間を仲間に変えて増殖していく。
そう。地球上で昔からその存在が囁かれている“吸血鬼”の祖先だったのだ。
 
Lifeforce_21その上、この吸精エイリアンの実態は醜い巨大コウモリの姿をしているというのに、目の前の人間が恋い求める理想の姿形に変身することが出来る。その上、その上、人の身体を精神だけでこっちへあっちへと乗り移り、大事な本体は隠しておけるという隠し球まで。
 
彼らは太古の昔から存在していたらしいエイリアンだが、長く宇宙を放浪している間に仲間のほとんどは死んでしまい、3体だけが手厚く守られ眠りについていた。この彼らの宇宙船がハレー彗星に隠れるように飛んでいたため、チャーチル号の乗組員はこの未知の船を調査するため自ら乗り込んでしまったのだった。
 
Lifeforce_12さて、この美女型エイリアンは見る者を全て虜にし、人間を襲いながら目的に向かって街をうろつく。襲われた人間は精気を吸われて干からびたミイラ状態になるも、すぐに起き上がり自分のために新たな犠牲者を捜し求める。もうその状態は高貴で優雅な“ヴァンパイア”とは程遠く、アレです、アレ“ゾンビ”そのもの。
チャーチル号の生き残りと今回の件を調査している軍の大佐2人が右往左往している間にも街はゾンビで溢れかえり、阿鼻叫喚の図に。
そんな中を美女型エイリアンは目的に一直線に進んでいく。その目的とは、種族の存属。いったい、その相手とは ―
 


Lifeforce_20全裸だけが取りざたされている古いホラーだと思っていたが、ちょいとチープだとはいえ、宇宙空間やスペースシャトル、エイリアンの巨大な母艦は丁寧に描写されている。特にエイリアンの船内は『エイリアン』を彷彿とさせながらも、人の内臓のような造形で気味悪く、その中に浮いている異質な3体の透明ケースが『スーパーマン』のクリスタルを思い出させる。
お話自体はありがちではあるけれど、それを主演のマチルダ・メイの美しい姿態で最後まで押し切った勇気は讃えたい。