『13ゴースト』(2001) - Thir13en Ghosts –

13ghosts_26s
登場する12人のゴースト達の造形がツボにはまるこの作品大好きなんですよね。それぞれに理由があって現世に生きる人間達を憎悪し、恨み、攻撃してくる凶暴なゴースト達。2001年の作品なんだけど、どこか懐かしい「ヘルレイザー」とか「ゴーストバスターズ」とか、何故か「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とかの空気感がある。ロバート・ゼメキスが製作しているからかな。コミカルで怖いファミリー・ホラーです。
 

13ghosts_02
■13ゴースト – Thir13en Ghosts -■
2001年/アメリカ/100分

監督:スティーヴ・ベック
原案:ロブ・ホワイト
脚本:ニール・マーシャル・スティーヴンス 他
製作:ジョエル・シルヴァー、ロバート・ゼメキス 他
制作総指揮:ダン・クラッチオロ 他
撮影:ゲイル・タッターサル
音楽:ジョン・フリッゼル
出演:
トニー・シャルーブ(アーサー・クリティコス)
シャノン・エリザベス(キャシー・クリティコス)
アレック・ロバーツ(ボビー・クリティコス)
ラー・ディッガ(マギー)
マシュー・リラード(ラフキン)
エンベス・デイヴィッツ(カリーナ)
F・マーレイ・エイブラハム(サイラス・クリティコス)

 

解説:
前作「TATARI タタリ」が大ヒットしたダークキャッスル・エンタテインメント製作のホラー第2弾。この製作会社は、ジョエル・シルヴァーとロバート・ゼメキスが共同で設立したホラー映画専門プロダクション。“ギミックの帝王”ウィリアム・キャッスル監督が60年に手掛けた同名映画(日本未公開、03年にDVD化される)を、最新技術で完全リメイク。 (allcinema)
 
あらすじ:
アーサーは火事で妻を亡くし、失意の中、娘キャサリンと息子ボビー、家政婦マギーの4人で暮らしていた。そこにほとんど面識の無い大富豪の叔父サイラスの遺産が入る連絡を受ける。大喜びで郊外の屋敷へと赴いた4人だったが-

 


愛し合っている夫婦と仲のいい姉弟。そんな幸せな家族を火事が襲い、妻が助からなかった。愛する妻と資産を失った大学教授アーサーは失意のどん底で、それでも子供達を育てていた。
13ghosts_14この冒頭のシーンの移り変わりがすごくよく出来ている。庭で遊ぶ子供達を見ながら、窓辺で語らう愛し合っている夫婦。夫アーサーの横顔はそのままに、火事で叫ぶ声、お葬式の様子がバックに流れ、現在住んでいる狭いアパートの隣の建物の壁しか見えない窓辺に呆然と座っているアーサーの横顔へ。事故から半年経っても立ち直れないでいる父親アーサー。そしてしっかり者の姉キャシーとお茶目な弟ボビーは悲しみを抱えながらも毎日を懸命に生きている。
そこへ、弁護士が。
ほとんど面識の無いアーサーの叔父サイラスの遺言により、全ての遺産がアーサーへ引き継がれた。中でも郊外に建つ屋敷はとても大きくて豪華であるという。狭いアパートでうんざりしていた家族はお手伝いのマギーと一緒に早速、家の見学へ。それはガラス張りのとても変わった建物だった。
 
13ghosts_12さぁて、登場しましたゴースト・ハウス。見た目は近代的な建物だけど、ドアから窓から部屋の扉まで全て強化ガラス。この全てのガラスにラテン語で何か文字が書かれている。中の作りは機械仕掛けで動くようになっており、調度品も豪華なモノがたくさん。喜び走り回る子供達だったが、点検だからと一緒に入ってきた電気屋さんが、ここにはゴーストが囚われていると言う。何をバカなと最初は相手にしなかったアーサーだったが、どうやらこの電気屋の正体が霊能力者だと分かった時に、皆は家に閉じ込められ、弟ボビーが行方不明に。
 
霊能力者ラフキンの説明で、ここには自分とサイラスで捕まえた凶暴なゴースト12体が囚われている。目的はオキュラリス(地獄の目)を手に入れ、未来を見通せる力を持つことだったと。そんな中、屋敷の機械仕掛けが動きだし、各キューブに閉じ込められていたゴースト達が順に出てき始める―
このゴースト達はとても凶暴で人間を見れば襲ってくる。作品内では名前が紹介されていたが、分かる範囲でもう少し説明を付けて12人のゴーストを紹介しよう。
 

12Ghosts Profile
13ghosts07跡取り息子
友達とカウボーイごっこをしていて、こんな羽目に。


13ghosts19怒りの王女
自分は醜いと思い込まされ、何度も整形手術を受け、最後には自分で手術をしようとしたが失敗し死亡。切り裂かれた身体でナイフを持ってうろついている。


13ghosts11呪縛の女
男遊びに興じていたが、そのあまりの酷い仕打ちに最後は殺されてしまった。


13ghosts13無念の王子
野球少年だった彼はティーンエイジャーになってドラッグレースに参加。事故死した。


13ghosts09巨大児と陰惨な母
小人症の母親に甘やかされて育った巨大児。ある日、母親は食べ物を喉に詰めて死んだ巨大児の下敷きになり死亡。


13ghosts12悲しむ妻
幸せな家庭を持っていたのに火事で焼死。
(アーサーの妻もゴーストとして囚われていた)


13ghosts10トルソ
賭に負けて身ぐるみ剥がされた上、殺されバラバラにされた。


13ghosts16ハンマー
鍛冶職人として暮らしていたが、盗みの罪を着せられ村から追い出された上に家族を殺される。ハンマーで村人に復讐したところ、寄ってたかって拷問された上に殺された。


13ghosts14巡礼の女
魔女の疑いをかけられ囚われていたが、食べ物を与えられずに飢え死にさせられた。


13ghosts06ジャッカル
精神病院に入院していたがあまりに凶暴なため、身体には拘束衣、頭にはオリを付けられていた。その後、病院が火事になり、その姿のまま焼死。


13ghosts18破壊者
巨大症で顔の醜い彼は嫌われ者だったが、父親と仲良く廃車置き場で自動車の解体などを生業としていた。しかし父親が亡くなると彼は悲しみのあまり凶暴化。結局人々に殺される。
 

 
あまりの悲惨さに涙が出そう・・。
こんな彼らが天国に行くのも許されず、自分の欲のためにサイラスにキューブに入れられ囚われている。そんな事ともつゆ知らず、こんな屋敷に囚われてしまったアーサー一家。無事に脱出出来るのだろうか?
ところで上で紹介したのは12人のゴースト達。タイトルは13ゴースト。この13人目が脱出の鍵となるのであります。
 
それでは最後にこの作品の制作会社ダーク・キャッスル・エンターテインメントについて

ダーク・キャッスル・エンターテインメント
 設立  1999年
 創業者 ジョエル・シルバー、ロバート・ゼメキス、ギルバート・アドラー
 
ダークキャッスル・エンタテインメント(Dark Castle Entertainment)は、ロバート・ゼメキスとジョエル・シルバーが共同で設立したホラー映画専門の製作会社。もともと1950年代から1960年代に仕掛け満載のB級映画で名声を博したマニア人気の高いホラー映画作家、ウィリアム・キャッスル(William Castle)の作品リメイクのために設立された(『13 Ghosts』、『The Tingler』、『Macabre』など)。現在ではオリジナル企画も手がけている。
 
■製作映画リスト
 ・『TATARI タタリ』 House on Haunted Hill (1999)
 ・『13ゴースト』 Thir13en Ghosts (2001)
 ・『ゴーストシップ』 Ghost Ship (2002)
 ・『ゴシカ』 Gothika (2003)
 ・『蝋人形の館』 House of Wax (2005)
 ・『リーピング』 The Reaping (2006)
 ・『TATARI 呪いの館』 Return to House on Haunted Hill (2007)
 ・『ロックンローラ』 RocknRolla (2008)
 ・『エスター』 Orphan (2009)
 ・『ヒルズ・ラン・レッド -殺人の記録-』 The Hills Run Red (2009)
 ・『ホワイトアウト』 Whiteout (2009)
 ・『ニンジャ・アサシン』 Ninja Assassin (2009)
 ・『ルーザーズ』 The Losers (2010)
 ・『スプライス』 Splice (2010)
 ・『アンノウン』 Unknown (2011)
 ・ The Factory (2011)

(Wiki:ダーク・キャッスル・エンターテインメント)

 
13ghosts_51おー、さすがに面白い作品が並んでますねー。
本作2001年の『13ゴースト』は1960年『13ゴースト』のリメイクです。どんなのかちょっと興味があって調べてみると、ありました、TSUTAYA Discasに。 一応、予約リストに入れましたです。
内容はほとんど一緒のようですが、「“ギミック・ホラーの帝王”ウィリアム・キャッスル監督」ってどんなのだろう。
 
ではまた