その親父 ‘ジェームズ・ガンドルフィーニ’ -James Joseph Gandolfini Jr.-

なかなか俳優について書くことはないのですが、まさかこのブログで2人目にこの人を書くことになろうとは・・・
 
James Gandolfini_08s James Gandolfini
 
このふてぶてしく、有無を言わさない風体から、マフィアのボスとか殺し屋とか。かと思えば同僚を思いやる気のいい刑事の相棒とか。この大きな身体を使って多彩な役柄を演じ分けたジェームズ・ガンドルフィーニ。
 
初めて観たのは確か『トゥルー・ロマンス(1993)』だったと思う。
何しろ主演の女優パトリシア・アークエットをぼこぼこにするというマフィアの殺し屋役。ぼこぼこになって血を流しながら笑っているパトリシア・アークエットもすごかったが、これでもかと女性を痛めつける非道な殺し屋を忘れることは出来なかった。まだ若いね。
James Gandolfini_09 

同じ殺し屋役でもう一つ『ザ・メキシカン(2001)』。
ブラッド・ピットとジュリア・ロバーツ主演のこの作品も実はお気に入り。お馬鹿なカップルを追ってきた殺し屋リロイは実はゲイで優しい心の持ち主という複雑な役どころ。上のトゥルー・ロマンスとは全然違う、つぶらな瞳のガンドルフィーニを見ることが出来る。
James Gandolfini_10 
ぱっと見、あんまり上と変わらないような..
 
 
そして忘れてはならない、というより彼の代表作ともいえる作品が「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア(TV/1999~2007)」。
James Gandolfini_07 
 
言わずと知れたHBO制作のアメリカドラマ。ニュージャージーを拠点にしたマフィアのボスでありながら、全然言うことをきかない子分達や、家族からのストレスにさらされて倒れて以来、カウンセリングに通っているという役どころ。全6シーズンあって、全てを楽しみに毎週欠かさず見ていたのは「ザ・シールド ルール無用の警察バッジ」とこれくらいか。(あ、「X-ファイル」もあった。あ、「GALACTICA/ギャラクティカ」も..。)

ずっと池田勝氏の吹き替えで観ていたんだけども、間の抜けたようでありながら、あの“人を食った”しゃべり方とうさんくさそうな上目遣いでぎろりと睨むところが最高に好きだった。
「くそ、本当にわかってんのか・・?」と言わんばかりの。
「人の物はとっちゃいけない」「友達は大事にしろ」と娘・息子に教えながら、マフィアの稼業で人から奪い、時には殺しも。そりゃ、胃も痛くなるだろーなー。何度言っても問題を起こす家族、やりたい放題の子分達。
しかし悩むボスだけを描いているのでは無く、マフィアの真実を過激に生々しく描写。それは、その筋の本物マフィアに「リアルで素晴らしい」と絶賛されたほどで、全米では子供の視聴を禁じる成人指定になったという。
最終回は賛否両論だったらしい。確かに初めて観た時は「・・ぇ、ぇええーー!?」となったけど、あれでよかったんだと今は思う。

 
 
 
次は頼りになる相棒役のガンドルフィーニ。『ロンリーハート(2006)』
Lonely Hearts_03 
こうしてみると後光が差してる。
この作品は実在の殺人カップルを追う刑事の役。主演はトラヴォルタ。問題を抱え、刑事仲間の間で孤立するトラヴォルタを、相棒として、友として支える時に厳しく頼もしい刑事役。こんな親友がいればなぁ、と誰もが思うはず。
あれほど長い間、マフィアのボスとして見てきたのに、本作では全くそれを感じさせない素晴らしさ。全く相反する役どころとはいえ、はまり役を引きずらない役者さんも珍しいのでは。
同じような刑事役で『悪魔を憐れむ歌(1998)』というのもあったな。
 icon-arrow-circle-right  『ロンリーハート』(2006) – Lonely Hearts – このブログのレビュー記事
 
 
他にも『かいじゅうたちのいるところ(2009)』ではかいじゅうキャロルの声を、最近では『ジャッキー・コーガン』『ゼロ・ダーク・サーティ』(共に2012)に出演。これからも色々な作品でその顔を見られると思っていたのに、思っていたのに・・。実は今朝、訃報を知ったのです。・・非常に残念です。
 

 icon-film ジェームズ・ガンドルフィーニ
James Gandolfini_01ニュージャージー州出身。身長185センチ、体重120キロと大柄。ラトガース大学を卒業後、ニューヨークの舞台でキャリアを積む。
ブロードウェイ・デビューは1992年のジェシカ・ラング主演『欲望という名の電車』。また同年、『刑事エデン/追跡者』で殺人の容疑者になるイタリア系のチンピラ役で映画デビュー(彼自身もイタリア系である)。
『トゥルー・ロマンス』で注目されて以降、多数の作品に主に悪役で出演する。『ザ・メキシカン』への出演は共演のジュリア・ロバーツからの推薦によるもの。
1999年から放送されたテレビドラマ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』の主人公トニー役が絶賛され、エミー賞(3回)、ゴールデングローブ賞、俳優組合賞などで主演男優賞を受賞。
2013年6月19日、イタリア・シチリアのタオルミーナで開催される第59回タオルミーナ映画祭に出席するため滞在していたローマで心臓発作のため急死した。51歳。

■主な出演作 *()内は公開年
・刑事エデン/追跡者(1992)
・ビッグ・マネー・ブルース(1993)
トゥルー・ロマンス(1993)
・ターミナル・ベロシティ(1994)
・クリムゾン・タイド(1995)
・ゲット・ショーティ(1996)
・陪審員(1996)
・NY検事局(1996)
・シーズ・ソー・ラヴリー(1997)
・悪魔を憐れむ歌(1998)
・シビル・アクション(1998)
8mm(1999)
・ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア(1999-2007)
・ザ・メキシカン(2001)
・バーバー(2001)
・ラスト・キャッスル(2002)
・オール・ザ・キングスメン(2006)
・ロスト・ストーリー(2006)
ロンリーハート(2007)
・サブウェイ123 激突(2009)
・かいじゅうたちのいるところ(2009)
・ロストガール(2009)
ジャッキー・コーガン(2012)
・ゼロ・ダーク・サーティ(2012)