『ロンドンゾンビ紀行』(2012) - Cockneys vs Zombies –

Cockneys vs Zombies_04s
大好きな映画『スナッチ』のブリックトップ役アラン・フォードが出演しているということで、ちょっと楽しみにしていたこのイギリス産ゾンビホラー。内容は「ホラー」とくくっちゃいけないほど全く怖くない、「ハートフルどたばた・いけてるじいちゃん・ゾンビコメディ」だっ!『ショーン・オブ・ザ・デッド』にオマージュが捧げられているということで、あんな感じのノホホンとしたゾンビものが好きな人にはオススメ。反対に今後来たるであろう世紀末に合わせて勉強したいという人には向いてません(←映画の観過ぎ)。
 

Cockneys vs Zombies_08
■ロンドンゾンビ紀行 - Cockneys vs Zombies -■
2012年/イギリス/88分
監督:マサイアス・ヘイニー
脚本:ジェームズ・モラン、ルーカス・ローチ
製作:ジェームズ・ハリス
制作総指揮:アンドリュー・ボズウェル 他
撮影:ダニエル・ブロンクス
音楽:ジョディ・ジェンキンズ
出演:
ラスムス・ハーディカー(テリー)
ハリー・トレッダウェイ(アンディ)
アラン・フォード(おじいちゃん)
オナー・ブラックマン
ミシェル・ライアン
ジョージア・キング
トニー・ガードナー
リチャード・ブライアーズ

解説:
ロンドンの下町を舞台に、突如大量発生したゾンビと老人ホームの老人たちが戦うホラー・コメディ。出演は「スナッチ」のアラン・フォード、「コントロール」のハリー・トレッダウェイ、「007/ゴールドフィンガー」のオナー・ブラックマン、「ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣」のラスムス・ハーディカー。 (Movie Walker)
 
あらすじ:
祖父が入居する老人ホームが閉鎖されるというニュースを聞いたテリーとアンディ兄弟。ホーム存続のために仲間と銀行強盗を決行した2人。しかし銀行を出てきたところでゾンビたちに囲まれる。いつのまにかゾンビだらけになっていたロンドンで、祖父を心配した兄弟はホームまでなんとか辿り着こうとするが-

Cockneys:ロンドン子、ロンドンの East End地区に住みロンドン方言を話す労働者階級の人々


Cockneys vs Zombies_2012イーストロンドンの工事現場で17世紀の墓地が発見される。上司に報告する前に扉をぶっ壊し、ずかずか入っていった作業員の2人は、そこで骸骨お化けのようなモノに噛み付かれてしまう---
こうしてあっという間にロンドンはゾンビ地獄に。
そんなことが起きていると知らない兄弟テリーとアンディ。ちょっとふぬけた2人だが育ててくれた大好きなお爺ちゃんの入居する老人ホームが閉鎖されると聞いて大慌て。お爺ちゃんとその友人たちの行く末を心配した兄弟は、悪い仲間と銀行強盗を計画する。無事に大金を盗み人質を連れて銀行を飛び出したが、道にはゾンビがあふれていた。
 
Cockneys vs Zombies_2012一方、ゾンビの大群はお爺ちゃんの老人ホームにも迫っていた。
敷地に入ってくるゾンビに次々と襲われる老人とヘルパーたち。お爺ちゃんはゾンビと戦うべく銃を持ち出し建物に立てこもるが、ゾンビが突破してくるのは時間の問題だ。
そんな祖父を心配する兄弟は、なんとか老人ホームへと向かおうとするが街はゾンビであふれていた-
 

  



 
ストーリーはいいんですよ。コメディなゾンビものなんで大体お察しの通りです。
Cockneys vs Zombies_2012一番の見所はなんと言ってもアラン・フォード。『スナッチ』でも見せてくれた、あのいつも睨んでいる挑みかかるような目と食いしばったような話し方。健在です。
本作では老人ホームの入居者だけど、元はきっとギャングのボスだったに違いない。ホームに立てこもって銃を取り出しぶっ放すところなどは、まるで警察に囲まれた銀行強盗そのもの 慣れすぎている

そしてガス抜きにはイギリスらしいとぼけた兄弟テリーとアンディ。ピリリと脇を絞めるのは従兄弟の美女。どうしようもない根っからのワルとスーツを着た性格ワルも登場。ゾンビ地獄のロンドンだけど、ゾンビはほとんど添え物状態で、出演者たちのやり取りを楽しむ作品となっている。
ぎりぎりと歯を食いしばるお爺ちゃんをよそに、どこかプシュ~っと風船から空気が抜けているような感じはイギリス作品ならでは。
『スナッチ』ほどスタイリッシュでキリリっとはしていないけれど、あの独特の雰囲気が楽しめてオープニングもなかなか凝っている。イギリスコメディがお好きな人にはオススメです。
 

 icon-film アラン・フォード
Cockneys vs Zombies_201935年3月14日生まれ。イギリス出身。
ボブ・ホスキンス主演作『長く熱い週末(1980)』、ジョン・ランディス監督のコミカル・ホラー『狼男アメリカン(1981)』、クラウス・キンスキー主演のサスペンス『恐るべき訪問者(1981)』などに出演。長年、知る人ぞ知る名バイプレーヤーとして活躍していたが、00年には、ナレーションも務めていた『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998)』に引き続き、ガイ・リッチー監督作『スナッチ』に出演。養豚場を営むブリック・トップ役を好演し、世界の映画ファンから注目を浴びる。
そのほかの日本公開作には、チャーリー・チャップリンをロバート・ダウニーJr.が演じた『チャーリー(1992)』のほか、『エクソシスト ビギニング(2004)』、『パニック・ゾーン 制御不能(未)(2012)』などがある。 (『ロンドンゾンビ紀行』公式サイト)



一応ゾンビのみなさんも

Cockneys vs Zombies_12