『赤い影』(1973) - Don’t Look Now –

赤いレインコートの小さな娘。
父親は追っているのか、追われているのか-

Don't Look Now_000
■赤い影 - Don’t Look Now -■
1973年/イギリス・イタリア/110分
監督:ニコラス・ローグ
脚本:アラン・スコット、クリス・ブライアント
原作:ダフネ・デュ・モーリア「いまは見てはだめ」
製作:ピーター・カーツ
製作総指揮:アンソニー・B・アンガー
撮影:アンソニー・B・リッチモンド
音楽:ピノ・ドナジオ
 
出演:
ドナルド・サザーランド(ジョン・バクスター)
ジュリー・クリスティ(ローラ・バクスター)
ヒラリー・メイソン(ヘザー)
クレリア・マタニア(ウェンディ)
マッシモ・セラート(バーバリゴ司教)
ニコラス・スレーター(ジョニー・バクスター)
シャロン・ウィリアムズ(クリスティン・バクスター)

解説:
「レベッカ」「鳥」等ヒッチコック作品の原作でも知られるデュ・モーリア女史の小説をもとに、映像の魔術師ローグがオカルティックに描く、水の都ベニスを背景にした愛憎のミステリー。
 (allcinema)
 
あらすじ:
Don't Look Now_09考古学者ジョンと妻のローラは滞在していたイギリス郊外の別荘で、愛する幼い娘を水難事故で亡くしていた。
その事件から数ヶ月後、ジョンの教会修復の仕事でイタリアのベニスへと赴いた夫婦は、ある日レストランで年老いた姉妹と出会う。そして霊感があるという盲目の妹ヘザーに赤いレインコートを着た少女が見えると言われ、ふさぎこんでいた妻ローラに少し元気が戻るが-


伊題:A Venezia… un dicembre rosso shocking


Don't Look Now_21水の都ベニスを舞台にした映画と言えば、最近では『007 カジノ・ロワイヤル(2006)』が思い出される(『007スカイフォール』公開にあわせてテレビでやっていた)。
今まではあまり知らなかったが、運河が縦横に走るこの街は、車の代わりに船が使われ、細長い煉瓦造りの建物が密集していて路地のような道は曲がりくねり、すぐ向こうに行くのにも橋を探さなくてはならなかったりで、まるで迷路のような趣だ。
そんな街に仕事で滞在しているイギリスの夫婦ジョンとローラ。
2人は少し前に幼い娘を池で亡くしている。可愛い盛りの愛する娘を亡くし、心の迷宮に迷い込んだままのような2人がやってきたこのベニス。2人はさらに不可思議で恐ろしい迷宮に放り込まれる。
 
 
Don't Look Now_10郊外にある別荘でワイン片手にソファでまどろむ妻ローラ。同じ部屋でこちらもワインを飲みながら教会修復の準備を進めている夫ジョン。2人の子供達は庭で遊ぶ。兄のジョニーは危なっかしく自転車を乗り回し、妹クリスティンは小さなボールを投げては追っかける。そのボールが時々池に落ち、何度か拾うのだが、もうここでよくない事が起こりそうで不安で仕方なくなる。
そうしているうちに、教会で撮ったスライドにジョンがワインをこぼし赤い液体がにじみ出る。ジョニーは乗り回していた自転車がガラスを踏んで転倒。そしてクリスティンのボールがまた池へ。
叫ぶジョニーの声に気づいたジョンが池へと走り飛び込んで娘を抱き上げたが、遅かった..。
 
Don't Look Now_04時折雨が降る庭。緑とグレーの画面に際だつ娘の赤いレインコート。それはまるでエナメルのようにしっとりと赤く光り、目にまぶしい。
時々はさまれる絵画のようなシーンは、まるで『吸血鬼(1931)』や『世にも怪奇な物語(1967)』を思い起こさせる。
監督のニコラス・ローグは撮影監督出身で、映像の魔術師とも呼ばれているらしい。

 
Don't Look Now_14まだ傷の癒えぬ夫婦が滞在するベニス。その迷路のような街並みと不吉にゆらぐ運河の水面は、そのまま夫婦の心の中を表しているようだ。悲しみにどっぷりと浸ったまま浮き上がってこれない妻と、悲しみを心の奥深くに封じ込め、仕事に没頭する夫。2人はお互いすぐ近くにいるのに、伸ばした手が届かない、そんな危うい状態だ。苦しみを吐き出したいのに、どうすればいいのか分からない、どう言えばいいのか、、愛し合っているが故、相手をこれ以上傷つけたくない、最後の一言が出てこない。まるで水の上に立っているような夫婦-。
本作には酒を飲むシーンはあるが、食事のシーンが無い。一緒に食事をするというのは、人間関係において結構大事ではないかと思うのだが、家族や夫婦が出てくる本作にそれが無い。食事に行こうとするシーンはあるのに食事中の場面が無いのは何か意図があってのことか。
 
Don't Look Now_16それでもレストランでメニューを見てオーダー、料理が運ばれてくるところまでのシーンが1回ある。しかし妻は料理をそのままに、盲目の妹の手をとり危ない足取りで洗面室に向かう老姉妹を助けに席を立つ。これがヘザーとウェンディとの出会いとなる。姉のウェンディによると妹ヘザーには霊感があるとのことで、さっきからジョンとローラの間にいる赤いレインコートの少女が見えると言う。少女は亡くなったのだろうが幸せそうにしているとの話にローラは久しぶりに幸福感を感じ、この姉妹に徐々に傾倒していく。ペテン師じゃないのかと訝るジョンに、ヘザーはこんな忠告をする。
「1日も早くベニスを去れとクリスティンが言っている。このままでは、ジョンの身に危険が降りかかる」と。
 
Don't Look Now_17この姉妹がまたくせ者だ。人のよさそうな2人だが、夫婦の場面に挟まって入る姉妹の大笑いのカット。デヴィッド・リンチ作品を思わせるその一見なんの関係もないと思われるカットは、不安をあおり、かつ人を食っている。
この姉妹は夫婦を助けてくれる救世主なのか、それともただのペテン師なのか。ヘザーのジョンに対する忠告も意味深で、ますますオカルト色強くホラー味を帯びてくる。またヘザーに「本人は気がついていないが、ジョンには霊感がある」と伝えられたローラ。そんなことを知らないジョンは昼日中目撃する。葬送の船に乗るローラの姿を-。
(作品最後に姉妹の役割はきちんと説明される。)
 
Don't Look Now_08これらの事と前後して、ジョンは度々目撃するようになる。赤いレインコートを着た少女の後ろ姿を。
そして平行してベニスで起こる連続殺人。ミステリー色まで帯びてきた中、ジョンは背中を向け走っていく少女の後を追う。「クリスティン!」と呼びながら。
封じ込めようとした悲しみが妻よりもひどいことに気がついていないジョン。そのジョンが追っているのは、一体何者なのか-。


 
この映画はCSでやっていたのを大分前に録画していたもの。
まだまだ掘り出し物がハードディスクに眠っている予感
 
ではまた