俳優‘ゲイリー・オールドマン’という人 -Gary Oldman-

気になる俳優について書いてみたいと思います。
栄えある1人目はこの人
 
Gary Oldman Gary Oldman
出典www.robbywells.com
 
 
今では「ハリー・ポッター」シリーズ、「バットマン」シリーズなんかで子供にも知られるようになった彼。自分が最初にスクリーン(自宅TVのことですが)で見たのは
 『蜘蛛女』(1993)
 
レナ・オリンの怪演が光るこの作品。彼の役所は女と金にめっぽう弱い汚職刑事。
こう書くとちょっぴりぐらい汚職はするけど女にもてて正義の心も持っているかっこいい刑事を想像するかもしれません。
が、違います。
もうだめだめのよれよれの、まっすぐ歩くことも出来ないふらふらの人。
 まるで『エンゼル・ハート』(1987)の私立探偵ハリー。
 
 
そして彼を一気に有名にした
 『レオン』(1994)
この作品はジャン・レノやナタリー・ポートマンをハリウッド界のスターにしたけど、それは敵役であるゲイリー・オールドマン演じるスタンスフィールドがいたこそと言っても過言ではない。
胸くそが悪くなるアイツに奥歯をぎりぎり言わせながら画面を睨んでいたのは自分だけではないはず。


この頃は屈折した役の多かったゲイリー・オールドマンとはどんな人?
Wikiからです。

アイルランド生まれの母親と、溶接工の父親の間に生まれた。父親はアルコール依存症で、ゲイリーが7歳の時に家族を捨ててしまう。ゲイリーは子供のころから歌やピアノの才能を発揮していたが、後に演技の道を進むようになる。
ロバート・デ・ニーロと同様に役作りには徹底した姿勢を貫き、オズワルドやベートーベンなどを演じるにあたり十分に役を研究して演技を行う。数々の作品で狂気を含んだ悪役を演じることが多いが、本人は役柄とは対照的に謙虚で子煩悩な性格で、オールドマン本人は「自分に悪役をオファーする連中は、想像力のかけらも無いのだろう」と述べている。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』出演以降から主人公を支えるサブキャラクターを演じることが多くなった。

 
その役を研究し役作りを徹底的に行う。
これは役者なら当たり前の仕事の一部といえる。
が、狂気の人を演じるということは狂人になりきるということであり、それは狂人になるということと同義だ。本来の性格が真面目であればあるほどその深い闇に転落することに注意しなくてはならない、というのはよく言われる。これには役者に限らず狂気の人を相手にしなくてはならない研究者や捜査官なども含まれる。
ゲイリー・オールドマン演じるゴードン警部補が出演する『ダークナイト』。
悪‘ジョーカー’を演じたヒース・レジャーは旧作『バットマン』シリーズの‘ジョーカー’を演じたジャック・ニコルソンに忠告されたそうだ。「狂気の世界に入り込みすぎるな」と。
 
おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。
 - ニーチェ
The Dark Knight 

 
 
ゲイリー・オールドマンその人は『ステート・オブ・グレース(1991)』『ドラキュラ(1992)』『蜘蛛女(1993)』『レオン(1994)』等の時代、アルコールに溺れていた時期であり飲酒運転による事故を起こし逮捕もされている。その後、アルコール中毒更正施設に入りアルコールと縁を切ることができた。
 
アルコール依存症を乗り越えて、ようやく自分を取り戻したジャック(蜘蛛女)というところか。
Gary Oldman
 
何十本もの映画に出演し、輝かしいキャリアを持つ彼が、今年『裏切りのサーカス』でアカデミー賞に初めてノミネート。結果はどうあれ、きちんと生活を正し努力してきた事を讃えたい。
ますますのご活躍を願っています。
 
 
 
 
でももう一度スタンスフィールドに会いたいなっと思っているのは自分だけじゃないよね。
leon
 

■主な出演作品
・シド・アンド・ナンシー Sid and Nancy (1986)
・トラック29 Track 29 (1987)
・プリック・アップ Prick Up Your Ears (1987)
・クリミナル・ロウ Criminal Law (1989)
・ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ Rosencrantz & Guildenstern Are Dead (1990)
・理由なき発砲 Chattahoochee (1990)
・ステート・オブ・グレース State of Grace (1991)
・JFK JFK (1991)
・ドラキュラ Bram Stoker’s Dracula (1992)
トゥルー・ロマンス True Romance (1993)
・蜘蛛女 Romeo Is Bleeding (1993)
・レオン Léon (1994)
・不滅の恋/ベートーヴェン Immortal Beloved(1994)
・告発 Murder in the First(1995)
・スカーレット・レター The Scarlet Letter (1995)
・バスキア Basquiat (1996)
・ニル・バイ・マウス Nil by Mouth (1997) – 監督・脚本
・フィフス・エレメント The Fifth Element (1997)
・エアフォース・ワン Air Force One (1997)
・ロスト・イン・スペース Lost In Space (1998)
・ザ・コンテンダー The Contender (2000)
・ハンニバル Hannibal (2001)
・アメージング・ハイウェイ60 Interstate 60 (2002)
・タイニー・ラブ Tiptoes (2003)
・ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (2004)
・バットマン ビギンズ Batman Begins (2005)
・デッド・フィッシュ DEAD FISH (2005)
・ハリー・ポッターと炎のゴブレット Harry Potter and the Goblet of Fire (2005)
・スパイラル・バイオレンス The Backwoods (2006)
・スパイロの伝説:新しい始まり The Legend of Spyro: A New Beginning (2006) – ゲーム・声の出演
・ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 Harry Potter and the Order of the Phoenix (2007)
・スパイロの伝説:永遠の夜 The Legend of Spyro: The Eternal Night (2007) – ゲーム・声の出演
・ダークナイト The Dark Knight (2008)
・スパイロの伝説:ドーンオブザドラゴン The Legend of Spyro: Dawn of the Dragon (2008) – ゲーム・声の出演
・コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー Call of Duty: World at War (2008) – ゲーム・声の出演
・アンボーン The Unborn (2009)
・レイン・フォール/雨の牙 (2009)
・Disney’s クリスマス・キャロル A Christmas Carol (2009)
・カウントダウンZERO Countdown to Zero (2010) – ナレーション
・ザ・ウォーカー The Book of Eli (2010)
・コール オブ デューティ ブラックオプス Call of Duty: Black Ops (2010) – ゲーム・声の出演
・赤ずきん Red Riding Hood (2011)
・ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 2 (2011)
・カンフー・パンダ2 Kung Fu Panda 2 (2011) – 声の出演
裏切りのサーカス Tinker, Tailor, Soldier, Spy (2011)
ダークナイト ライジング The Dark Knight Rises (2012)