『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014) - Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

劇中劇に、一生懸命な役者役ナオミ・ワッツということで思わず『マルホランド・ドライブ』を思い出した。現実と妄想がない交ぜになって進んでいくお話も、そういった意味では同じかも知れない。が、、こちらの方が“真実”がどれなのか分かりにくいかなー(-.-)

Birdman-or-The-Unexpected-Virtue-of-Ignorance_01-2c
■ バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) - Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) – ■
2014年/アメリカ/119分
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 他
製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 他
製作総指揮:クリストファー・ウッドロウ
撮影:エマニュエル・ルベツキ
音楽:アントニオ・サンチェズ
 
出演:
マイケル・キートン(リーガン・トムソン)
エドワード・ノートン(マイク・シャイナー)
エマ・ストーン(サム・トムソン)
ナオミ・ワッツ(レズリー)
ザック・ガリフィアナキス(ジェイク)
アンドレア・ライズボロー(ローラ)
エイミー・ライアン(シルヴィア)
リンゼイ・ダンカン(タビサ)
メリット・ウェヴァー(アニー)
ジェレミー・シャーモス(ラルフ)

解説:
「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、かつてバットマン役で一世を風靡したマイケル・キートンを主演に迎え、公私ともにどん底状態の中年俳優が繰り広げる切なくも滑稽な悪戦苦闘の日々を、全編1カットという驚異の撮影スタイルで描き出すシニカル・コメディ。共演はエドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ。アカデミー賞では、みごと作品賞をはじめ最多4部門を受賞。

あらすじ:
かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン。私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。そこで再起を期してレイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』を原作とする舞台を自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した実力派俳優マイクの横暴に振り回され、アシスタントに付けた娘サムとの溝も深まるばかり。本番を目前にいよいよ追い詰められていくリーガンだったが ―
(allcinema)


仕事にも私生活にも見放された男リーガン。
ハリウッドの世界で次々出てくる実力俳優達に“自分の方が上なのに・・・”と横目でいらつくものの、愛する一人娘がクスリに溺れ、親としての自分はどうだったんだ?と自分自身を見つめ直すぐらいの心の余裕は残している、もうすぐ初老の俳優。別れた妻にも今なら素直に話すことが出来る。
そんな彼が一念発起。
持っていた財産全てをつぎ込んで主演を兼ねた舞台劇をプロデュース。これまでの人生と今後の人生全てを賭けた。

こう書くと、もう必死で成功を祈っているガツガツした男の横顔が見えそうだが、リーガンは言うほどでもなく、案外落ち着いているとも言える。けれどもこの芝居に人生を賭けた事には間違いが無く、日々、自分の心の声が聞こえてくるのだ。それは、あの過去の栄光“バードマン”の姿となって彼に囁いてくる。

Birdman-or-The-Unexpected-Virtue-of-Ignorance_18-2cホントにいいのか?これで?
あんなヤツ、たいしたことないさ。一発がつんと言ってやれ
それは彼の暗黒面の声のようだ。

彼がライバル視している面々はウディ・ハレルソン、マイケル・ファスベンダー、ジェレミー・レナー、ロバート・ダウニーJr、ジョージ・クルーニー・・・・。いずれ劣らぬノリに乗った俳優達。何故そこに自分が入っていないのか?ジョージは何故、バットマンからうまく抜け出すことが出来たのか?
この辺りは、演じるマイケル・キートンに思いっきり被るようで、そこが又素晴らしい。

ここにいっちょがみのように絡んでくる代役の男マイク。
Birdman-or-The-Unexpected-Virtue-of-Ignorance_14
彼は自信満々で何でもはっきり言って、その場を全て自分の指揮下に置こうとする、傲慢でイヤなヤツ。だが売れている。仕事は出来る。リーガンはマイクに若い頃の自分を見た気がしただろう。全て自分中心に回っているかのような言動。だが、その実は、真面目で努力家でもあり、一人になると胃がきりきり痛んでくるような面も持ち合わせている。
演じるのは最近、こういうちょっとした役が多いエドワード・ノートン(実は隠れファン)

さて、この作品には不思議で現実とは思えない場面が時々出てくること。でもホントに時々か?
なんて考え出したら切りが無いのでサラッと思い出してみると、まずリーガンに囁きかける“バードマン”はリーガン自身の自分に対する問いかけの言葉。リーガンが悩み、どうしたものかと考えている時によく出てくる。
じゃあ、何故、空を飛ぶ必要が?
Birdman-or-The-Unexpected-Virtue-of-Ignorance_19c
コレは空想の世界ですね、リーガンの。彼は実際にバードマンを演じていたわけで、バードマンになって空を飛び、モンスターと戦うヒーローになりきっていた時があった(実際、管理人ことmomorexさんも(ここだけの話)空を飛ぶ夢はたまに見ることがある。それもすごく上手に)。だから目をつむり、空を悠然と駆ける自分を想像することはお手の物であり、とても爽快にもなれるのだ。
この後、彼は劇場に入っていくが、その後を「料金を払ってくれー!」と追いかけるタクシー運転手が。この事からリーガンはタクシーに乗って目をつむり、妄想していたにすぎない・・・

他にもこまごまあるものの、一番の問題はラスト。
彼はいったいどこへ?そして娘サラの微笑みは?
Birdman-or-The-Unexpected-Virtue-of-Ignorance_15

これねー。
このサラの瞳、とても人間のものとは思えない。まるでデフォルメされた漫画みたい ―って思ってしまった。だからこのシーンもリーガンの空想(もしくは妄想)なのかと。
だって人は飛べませんよ?
彼が窓から落ちてしまったのだとしたら、誰がコレを妄想しているのか?それは大きくうつろで漫画チックな瞳をしている娘そのものだったのか。思えばリーガンを理解していたのは、サラさんだけだったかもしれない。だから彼女は羽ばたく父親が空に見えたのかもしれない・・・

冒頭に書いた『マルホランド・ドライブ』のように、どの時点で“死んでいたのか?”なんて考え出したら切りが無いし、そんな重苦しい内容でも無い。あくまでハリウッドスターの光と影、裏事情的な軽いブラック・コメディなお話。1台のカメラが場面も登場人物も時さえも移しながら捕えていく様子は流れるようだ。
それにしてもマイケル・キートン、上手ですね。