『進撃の巨人 ATTACK on TITAN』(2015)

ずっと気になっていたものの原作もアニメも見る機会が無いままにきていたら、、な~んと実写化が公開。後悔の無いようさっさと観に行ってきた。
 なにこれ、けっこうグロくてコワオモシロイ・・・
そこのあなた。迷っているのなら是非今すぐ映画館へ。進撃速度が速くてすぐに前編は終わっちゃうよ

Attack-on-Titan_movie2015_00-2c
■ 進撃の巨人 ATTACK on TITAN ■
2015年/日本/98分
監督:樋口真嗣
脚本:渡辺雄介、町山智浩
原作:諫山創
製作:市川南 他
撮影:江原祥二
音楽:鷺巣詩郎
主題歌: SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO」
 
出演:
三浦春馬(エレン)
長谷川博己(シキシマ)
水原希子(ミカサ)
本郷奏多(アルミン)
三浦貴大(ジャン)
桜庭ななみ(サシャ)
松尾諭(サンナギ)
渡部秀(フクシ)
水崎綾女(ヒアナ)
武田梨奈(リル)
石原さとみ(ハンジ)
ピエール瀧(ソウダ)
國村隼(クバル)

解説:
既刊16巻が全世界累計5000万部という諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した2部作「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の前編。「のぼうの城」「巨神兵東京に現わる」「日本沈没」の樋口真嗣監督がメガホンをとり、脚本には原作者の諫山とも交流のある映画評論家の町山智浩が参加。三浦春馬を主演に、長谷川博己、水原希子、石原さとみら豪華キャストが出演。

あらすじ:
突如現れた巨人たちに人類の大半が捕食され、文明は崩壊。かろうじて生き延びた人々は巨大な壁を三重に築き、その中で暮らしていたが ―
(映画.com)


 原作やアニメとは設定やら何やらが違うらしいけど、そちらをきちんと見たことが無い私はノープロブレム。ということで気軽に映画館へ観に行ってきた。何しろずっと気になっていたのだ、コレ。
でもアニメの雰囲気は今時のアニメキャラ風だし、とは言え、あのデカい化け物は妙に気色悪いしで、どういうモノ(作品、作風)として捕らえていいのかが判断出来ずに困っていた。
でも今回ようやく分かった気がした。アレですよね、アレ icon-arrow-right エヴァンゲリオン。え?違います?

Attack-on-Titan_movie2015_11-2c
お話は100年前に巨人に捕食され絶滅寸前になった人類が建てた壁の中に住む人々が、また巨人に襲われ逃げ惑い、戦い、どうなるか?というもの。
もうちょっと詳しく書くと、前回の襲撃から100年経っているために、今生きる若者にはホントに巨人なんかいるのか?なんてのもいたりして、決して豊かとは言えない世界で雑然と生きている。けれども巨大な壁は歴然とそこにあり、それを守る組織もある。
だが、人類は甘かったのだ。
超巨大型巨人にとってはそんな壁など無いに等しかったのだ。
※巨人の中にも大きさ的に大中小といるみたい。
Attack-on-Titan_movie2015_17
この100年巨人たちが何してたのかは不明だが、とにかく又、腹が減ったらしい。餌である人類が暮らす壁の中へゾクゾクと入って来た。そして捕食。
それはまるで、しばらくの間、適度な数に増えるまで養殖されていた家畜や魚を釣るなり狩るなりしているかのようだった。もちろん人間が…

はい、ここ。グロいですよ。
それまでの(つまらない)青春アニメ展開が一挙に180度回転。恐怖のグロ映像のどん底に突き落とされます(-.-) 三浦春馬君かっこいいだの、水原希子ちゃん可愛いだの思っていたら大間違い。コワイのが無理な人にはそうとうキツイ展開が延々と続くのです。
Attack-on-Titan_movie2015_19そして、グロもの好きは目が覚める・・と

軍隊みたいな組織は100年何やってたんだよ、という程、歯が立たず。最後にはゲリラ戦に打って出ることに。けれども精鋭部隊はほとんどが打ち砕かれ、今や、ほとんど素人の若者団が人類の未来を背負って壁の外へ。ホントにそれでいいのか!?

ちょっと見たことのあるアニメではもっと訓練されていたみたいに思えたけど、実写版ではほとんどが食べるために集まってきた素人団。それでも主人公に位置するエレンのように、恋人を、家族を巨人に食べられたなどの過去を持ち、傷付きながらも立ち上がった者達。彼らは巨人を駆逐することが出来るのか?何かよくない大人に利用されていなければいいのだが・・・
Attack-on-Titan_movie2015_21
グロ映像にもほどよく慣れ、若者の(つまらない、例えるなら実写版「宇宙戦艦ヤマト」風の)いざこざにイライラしてきた頃、ようやく巨人への反撃が大きく描写。主人公エレンもその立場を大きく使って活躍することに。(けれどあの立体機動戦闘がいまいち把握できん。ロープをどこかに引っかけて飛んでるの?じゃあ飛び続けるには最初のロープを捨てて新しいロープを出している?スパイダーマンみたいに?)

が、終盤近くになって主人公がエライ目に… 
だがしかし!そこに人類にとっての大きな明るい未来が見え隠れするのだった ― つづく

ということで前編。
巨人と捕食を大いに堪能し、途中からは色々と気になることも忘れられるほどのアクションに目を見張り大いに楽しめました。筋張った巨人はアレだったから、最初に壁を破る巨大巨人もアレ系なのか?クバルは何か腹黒そう。ミカサちゃんは何怒ってんの・・などなど、後編が非常に待ち遠しいであります。
Attack-on-Titan_movie2015_13-2
劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~初回限定版 [Blu-ray] 進撃の巨人 コンプリート DVD-BOX import