歴史もの

『コナン・ザ・バーバリアン』(2011) - Conan the Barbarian –

アーノルド・シュワルツェネッガーの『コナン・ザ・グレート』が結構好きで何度も観ていた管理人momorex。これもリメイクかー、、と思いつつも鑑賞することに。話がなんか違うな、と思いながらもジェイソン・モモアのカッコよさと妖術使いマリークの妖しさにぐいぐい引き込まれ。これ、リメイクじゃなくて再度の映画化だったんですねー。無理、無駄の無い身体を張ったアクション映画に、2時間単純に楽しめたぞ。

『気狂いピエロの決闘』(2010) - Balada triste de trompeta –

『アルゴ』や『推理作家ポー 最期の5日間』を押しのけ、ある意味2013年3月レンタル開始作品で一番楽しみにしていた本作!ピエロによって、もうどんな狂気の世界が繰り広げられるのか、ホラーにいくのか?グロテスクにいくのか? ・・・いえ、どちらも…

『マンク ~破戒僧~』(2011) - Le moine –

厳しい戒律の下、自己をこれでもかと抑え込み、神の僕として暮らす修道士。そんな中でも彼は生まれてすぐから修道院で育ち一般の世界を経験したことが無い清廉な神の僕。その彼が悪魔のような女に魅入られたことから、彼の世界のすべてが変わっていく。 本作…

「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-/TV) - Game of Thrones –

この冬、一番楽しみにしていた海外ドラマがスター・チャンネルでとうとう始まった。 米作家ジョージ・R・R・マーティン原作「ファンタジー小説シリーズ 氷と炎の歌」のHBOによるドラマ化「ゲーム・オブ・スローンズ」。アメリカでは2013年3月にシーズン3が放送予定のこのドラマ。早速観てみた。  

「スパルタカスⅡ」(2012/TV) - Spartacus: Vengeance –

権力、金、欲望-。そんなものが渦巻いていた時代を背景に生きた、1人のトラキア人が主人公だ。 彼の名はスパルタカス。本名ではない。 闘技場での戦いぶりに、かつて存在した猛将であるトラキアの王にちなみ、こう呼ばれるようになった。

「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」(2011/TV) ~WOWOWで観る

アカデミー賞に輝く名優 J・アイアンズ主演。 史上最もスキャンダラスなローマ教皇アレクサンデル6世とその一族の愛と欲望を描いた歴史ドラマ。

『ワンス・アンド・フォーエバー』(2002) - We Were Soldiers –

物語は、この熾烈極まる戦いの兵士達、前線でその全てを目撃するフォトジャーナリスト、家を守り、兵士の帰りを待つ家族の毎日と平行して、アメリカにとっては敵側であるベトナム側の兵士、家族の視点にもたち、この戦争の表と裏を描写する。

Top