70年代

『ダラスの熱い日』(1973) - Executive Action –

以前から一度観てみたいと思っていたら、時節柄なのかCSで放送していたので視聴。ケネディ大統領の一日を追った作品なのかなー、と思っていたら、ずばり暗殺犯側の一日、というか準備から実行までの詳細な話だった。これを暗殺からたった10年で公開したと…

『悪魔の赤ちゃん』(1974) - It’s Alive! –

まだ観てなかったシリーズ続きますー。これは、ホラーというよりサスペンス・ドラマですね。可愛い息子が罪を犯してしまった。その時、両親はどう対峙するのか。親として、人間としてどうあるべきなのか。犯人が子供であるとき警察はどう対応するのか。周りの…

『ゴア・ゴア・ガールズ』(1971) - The Gore Gore Girls –

おーーーー、この世にこんな映画があったんだ・・・。監督はH・G・ルイス。ストリッパー、、じゃなくてスプラッターの帝王らしい。なるほど。確かに一部シーンがこれでもかと言うほどグログロしていて、後の『死霊のはらわた(1981)』に通ずるものがあ…

『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977) - Saturday Night Fever –

「フィーバー」という言葉を世界中に知らしめ、ディスコダンスのそのポーズを知らない人はいないだろう、というほど世界中をフィーバーさせたダンス映画。イタリア系の濃い顔のお兄ちゃんはトラボルタ23歳。まだ少年の面影が残っていて若い!この有名なダン…

『鮮血の美学』(1972) - The Last House on the Left –

目には目を、歯には歯を、不条理には不条理を。こんな世界をたっぷり91分に押し込めた本作。その2/3は悪魔のような犯人が愛らしい17歳の少女2人を精神的に肉体的に陵辱する様を描く。残りは愛娘を殺された両親による復讐劇が展開されるが、合間に挟ま…

『小さな悪の華』(1970) - Mais ne nous délivrez pas du mal –

少し前に記事にした『乙女の祈り』と同じ素材で作られたと知って借りてみた本作。少し幼くなってフランス製だからどんなのかなー、と楽しみにしていたけれど、、これは、、とてもじゃないけど「わかる、わかるわー」とは言えない衝撃的な内容だった.. こう…

『ファンタズム』(1979) - Phantasm –

墓地を歩き回る不気味な大男、飛び回る殺人銀球、凶悪な小人。想像力豊かな少年の頭の中にありそうな、こんなモノ達が現実にいたとしたら・・・ ホラーな内容で、頑張る兄弟の戦うアクションでありながら、最後にホロっとさせられるオチがよし。この映画、今…

『ラビッド』(1977) - Rabid –

“人間と異物の合体”を題材にすることが多いデヴィッド・クローネンバーグ監督の初期作品。人工皮膚移植を受け、その副作用で腋に吸血器官が出来てしまった女性の悲しい末路を描く。ストーリー自体は難しくないが、監督は何を言おうとしているのか?急速に発…

『地獄の逃避行』(1973) - Badlands –

全ての物事には終わりがある。あんなに長く感じた学生時代も、可愛がっていたペットの命も、死ぬまで続くと信じていた友情も、大事にしていたコップさえ割れた。そして砂漠に続くこの道も- 不毛の地を砂舞い上げ走るキャデラック。このアンバランスさは、そ…

謎は解けるか?『イレイザーヘッド』(1977) - Eraserhead –

この映画はずいぶん前に一度観て、もう観ることはないだろう、、と思っていた作品だ。一度で充分と思った理由はもちろん、あまりの意味不明さ加減、難解さに根を上げたからだが..。しかし昨日(1/7)から始まったWOWOWのリンチ特集で初っぱなに放送…

『悪魔のシスター』(1973) - Sisters –

かな~り前に一度観て、もう一度観たい観たいと思っていた本作。 “シャム双生児”と手術室、周りにいるシスター(尼僧)の場面が怖くて強烈な印象が残っていた。タイトルは覚えていなかったが、昨今の便利なインターネットさんのお力を借りて探し出したのが…

『赤い影』(1973) - Don’t Look Now –

2人は少し前に幼い娘を池で亡くしている。可愛い盛りの愛する娘を亡くし、心の迷宮に迷い込んだままのような2人がやってきたこのベニス。2人はさらに不可思議で恐ろしい迷宮に放り込まれる。

Top